Step3『履歴書』

「履歴書」は[求人採用担当者]によくチェックされています。
ですから、「履歴書」が手抜きだったり、間違っていたりすると、[求人採用担当者]にやる気がないと思われてしまいます。
そこで、正しい「履歴書」の書き方をきちんと学びましょう。

Step3『履歴書』イメージイラスト


「履歴書」の書き方

「履歴書」の書き方

1

日付

・忘れずに記入すること。

・「郵送する日付」、または「持参する当日の日付」を記入すること。

・一般的には【西暦】ではなく【元号】を使う。

・「日付」を書き直して使い回したりするのはやめましょう。

2
ふりがな
「ふりがな」の場合はひらがなで、「フリガナ」の場合はカタカナで記入しましょう。
3
印鑑
“かすれ・一部欠損・にじみ”がないように丁寧に押しましょう。
4
写真
「履歴書」の中で一番印象が残るものなので、“髪型・服装・表情”なども意識してなるべく印象の良い「写真」を貼りましょう。
5
電話番号
確実に連絡がとれるように、電話番号 又は 携帯電話どちらか1つは記入しましょう。
6
メールアドレス
担当者からの連絡を「メール」で受けたい場合、「ドメイン指定の解除」をしましょう。
7
学歴・職歴

入学・卒業年月早見表はコチラ

「学歴」と記入し、“小学校卒業”から順に記入。

①『小・中学校』は「卒業年月」のみ、『高校以上』は「入学・卒業年月の両方」を記入。

②省略記号「”」や、省略名称は使わずに、「正式名称」で書きましょう。

例)×高校   ○高等学校

「学部」、「学科」、「専攻名」まで書きましょう。

現在「在学している」場合は下例のように記入しましょう。

例)現在、○○○大学経済学部第3学年、在籍中。

「職歴」は、「学歴」とは1行空けて区別して記入しましょう。
“長期間のアルバイト”も職歴に含まれます。
職歴がない場合は「なし」と記入しましょう。

8

免許・資格

その他、スキル追記など

・持っている「資格」をすべて取得年月順に記入しましょう。

・名称は正式名称を記入しましょう。

・取得を目指しているものがあれば、それも勉強中として記入しましょう。

9

趣味・スポーツ・サークルなど、

自己分析(性格・特徴・PRなど)

自分が応募している仕事に対してどのような“貢献”ができるかを
“アピール”しましょう。
できないことを主張するより、自分が持っている【技能】や【資格】、
【仕事に対する気持ち】を主張するほうが良い結果につながるでしょう。

10
志望の動機
最も重要な項目の1つですが、自分の経験を踏まえて、
この仕事を選んだ理由を書きましょう。
ただし、基本的に“仕事内容”に対する“応募理由”であって、
「時給が高い」など金銭面や「時間の都合がよい」などの理由は
アピールにならないので注意しましょう。
11

本人希望記入欄

その他

『「職種」・「勤務地」が複数ある“アルバイト求人情報”に応募する』場合は、
自分の希望の「職種」・「勤務地」を記入しましょう。
また、“勤務できない曜日・時間帯”がある場合や、連絡を“携帯電話”で受けたい場合はそのことを記入しておきましょう。
12
保護者欄
“18歳未満”の場合は『保護者の同意』が必要になります。
忘れずに記入してもらいましょう。

▲TOP


▲TOP

▲ このページの上へ