STEP1 派遣って何?

初めての派遣 総合マニュアルSTEP1

いろいろ雇用形態がありますが、まずは派遣の仕組みをまず知りましょう。

派遣の基本

派遣について

派遣とは、労働者派遣法によって定められた雇用形態で、派遣スタッフ、派遣会社、派遣先会社からなります。そして、以下のような関係になっています。

  1. 派遣スタッフは派遣会社に登録することで雇用契約を派遣会社と結びます。
  2. 派遣会社は登録した派遣スタッフに対して、お仕事を紹介し、派遣スタッフに対して給与を支給します。
  3. 派遣会社は派遣先企業に対して、派遣契約を結びます。
  4. 派遣先企業は派遣会社に派遣スタッフの派遣料金を支払います。
  5. 派遣先企業は派遣スタッフに対して、業務の指示を行います。
  6. 派遣スタッフは派遣先企業に対して、労働力を提供します。
派遣の流れ

つまり、派遣では派遣スタッフは派遣会社と契約して、勤務先は派遣先会社で働くという仕組みになっています。

紹介予定派遣について

紹介予定派遣とは、一定期間(最長6ヶ月)派遣スタッフとして働いた後、双方の合意があった場合、社員として働くことができる制度です。
将来的に、その会社で長期働きたい人にとっては自分にあった会社かどうかを確認することができるので、上手に利用しましょう。また、紹介予定派遣は有料職業紹介事業者にのみ許可されているので、きちんと確認しましょう。

派遣のメリット・デメリット

派遣のお仕事のメリット・デメリットをよく理解して、自分の労働スタイルに合っているか確認しましょう。

メリット
  • 自分のスケジュールに合せやすい
  • 職種・仕事内容を選べる
  • アルバイト・パートよりも時給が高いことが多い
  • いろいろな会社や職場を体験できる
  • 会社のイベントなどに参加しなくていい
デメリット
  • 雇用が不安定になりやすい
  • 長期・安定で働けない
  • 交通費やボーナスを得られることが少ない
  • 責任ある仕事を任されにくい

社会保険について

派遣スタッフだと社会保険を受けられないと思っている方もいるかもしれませんが、条件を満たせば可能です。詳細を派遣会社に確認しましょう。

健康保険

けがや病気になった際に医療費が支払われます。保険料は派遣会社と本人で負担します。

[条件]
  1. 雇用契約が2ヶ月以上
  2. 1ヶ月の労働日数が派遣元会社の一般労働者の4分の3以上
  3. 1日または1週間の労働時間が派遣元会社の一般労働者の4分の3以上

雇用保険

失業したときに保険料が給付されます。また、スキルアップのための教育訓練給付金などもあります。
保険料は派遣会社と本人で負担します。

[条件]
  1. 週の所定労働時間が20時間以上
  2. 31日以上の雇用見込みがあること

厚生年金

国民年金に相当する基礎年金と老齢、遺族、障害年金からなる保障制度です。

[条件]
  1. 雇用契約が2ヶ月以上
  2. 1ヶ月の労働日数が派遣元会社の一般労働者の4分の3以上
  3. 1日または1週間の労働時間が派遣元会社の一般労働者の4分の3以上

労災保険

労働者が就業中にけが・病気・死亡した場合に支払われます。派遣会社が全額を負担します。

[条件]
  • 特になし

有給休暇・福利厚生について

派遣スタッフでも有給休暇や福利厚生を受けることが可能です。

有給休暇について

派遣スタッフの有給休暇は労働基準法で定められています。
だたし、継続勤務が6ヶ月以上で、出勤率が8割以上の場合に限られているので注意しましょう。

フルタイム(週5日労働または年間217日以上)の場合

スクロールできます
継続勤務6ヶ月1年
6ヶ月
2年
6ヶ月
3年
6ヶ月
4年
6ヶ月
5年
6ヶ月
6年
6ヶ月~
年休日数10日11日12日14日16日18日20日
年次有給休暇付与日数(フルタイム)

フルタイム(週5日労働または年間217日以上)の場合

スクロールできます
週、または
年間の所定労働日数
6ヶ月1年
6ヶ月
2年
6ヶ月
3年
6ヶ月
4年
6ヶ月
5年
6ヶ月
6年
6ヶ月~
週4日、または
年間169~216日
7日8日9日10日12日13日15日
週3日、または
年間121~168日
5日6日6日8日9日10日11日
週2日、または
年間73~120日
3日4日4日5日6日6日7日
週1日、または
年間48~72日
1日2日2日2日3日3日3日
年次有給休暇付与日数(パートタイム)

福利厚生について

派遣スタッフの福利厚生を提供するのは派遣会社になります。
派遣会社によって、いろいろありますので確認しましょう。

初めての派遣 総合マニュアル