50代女性が仕事を辞めたい理由・対処法!注意点などを解説

50代女性が仕事を辞めたい理由・対処法!注意点などを解説

「仕事辞めたいと感じた50代の女性は、どんな点に注意すべき?」
「もっと自分に合う仕事を見つけるため、50代女性におすすめの仕事を知りたい」

そんな仕事を辞めたいと考えている50代女性に役立つ情報をまとめました。仕事を辞めたいと感じる理由や退職を考えた際の対処法の他、50代女性におすすめの職種も解説します。より充実した日々を過ごせるよう、仕事を辞めたい50代女性に役立つ情報を、見ていきましょう。

目次

50代女性が仕事を辞めたい理由

50代の女性が仕事を辞めたいと感じる主な理由は、以下の5つです。

【50代女性が仕事を辞めたい理由】

  • 精神的につらい
  • 体力面で限界を感じている
  • 能力不足の状態になっている
  • 時間に余裕がなくなってきた
  • 金銭的に働かなくても良くなった

現状を改善するための適切な方法を見つけられるよう、まずは50代女性が仕事を辞めたい理由を確認していきましょう。

精神的につらい

「プレッシャーが大きい」「人間関係が煩わしい」「やりがいない」など、気持ちの面でつらいと感じ、仕事を辞めたいと考える50代女性は少なくありません。例えば50代になり、より大きな責任を伴う仕事を任されたり、様々な部下をまとめたりする必要が生じた女性は、精神的なつらさを感じやすいでしょう。

他にも同僚との人間関係で疲れたり、頑張りが出世に反映されなかったりといった点から、つらさを感じる50代女性もいます。精神的なつらさから仕事を辞めたいと感じている50代の女性には、誰かに相談をしたり、気分転換をしたりといった気持ちをリフレッシュするための対処法がおすすめです。

体力面で限界を感じている

残業が多い・立ち仕事がつらいなどの点から、仕事を辞めたいと考える50代女性もいます。「早朝勤務や深夜勤務をする必要があり、日によって働く時間帯がバラバラな仕事は体力的に難しい」と感じる50代女性もいるでしょう。

50代に差し掛かって体力の衰えを強く感じる女性ほど、日々の業務につらさを感じやすいです。そのため「もう少し体力的に余裕を持てる働き方がしたい」と考える50代女性は、今の仕事を辞めたいと感じやすいでしょう。

能力不足の状態になっている

「同僚・後輩などと比べて能力不足と感じる」「なかなか結果を出せない」など、スキル面が不十分と感じ、仕事を辞めたいと考える50代女性もいます。例えばIT業界など、新しいテクノロジーやサービスが次々と生まれる業界では、日々新しい知識を得る姿勢が求められるケースが多いです。

このような状況に直面し、「50代になって新しいことを覚えづらくなってきたから、今の仕事を続けるのは難しい…」と感じる女性もいます。他にも部署異動や会社の方針転換によって求められる働き方が変わり、「これまでのルーティンワークと違って、毎日新しい提案をしなきゃいけないからつらい」と感じる50代女性もいるでしょう。

時間に余裕がなくなってきた

「子どもが受験をするから、塾の送迎や答え合わせなどのサポートをするために時間が必要」など、働く時間を減らしたいなどの理由から、仕事を辞めたいと考える50代女性もいます。また、親の介護をしなければいけなくなったから、今の仕事は続けられないなどの状況に直面する50代女性もいるでしょう。

他にも50代になり家族や趣味など、もっと自分の好きなことにたくさんの時間を使いたいと考える女性もいます。このように50代になって生活環境や考え方に変化が生じたことをきっかけに、希望の勤務時間に変化が生じ、仕事を辞めたいと思う女性も少なくありません。

金銭的に働かなくても良くなった

子どもが一人立ちをしたり、パートナーの収入が増えたりすることで金銭的に余裕が生まれ、仕事を辞めたいと考える女性もいます。「今の仕事は生きがいを感じるほどではないし、老後の蓄えも十分だから、50代以降の人生は趣味に没頭したい」など、新たな生き方を選ぶ女性もいるでしょう。

また50代に差し掛かり、都会から地方に移って悠々自適な生活を実現したいと考える女性もいるかもしれません。価値観やライフスタイルの変化によって、今後の人生プランを変えた場合などには、「質素な生活でもいいから、好きなことをして暮らしたい」と考える50代女性もいるでしょう。

仕事を辞めたいと思う50代女性におすすめの対処法

仕事を辞めたいと思った50代の女性は、以下から自身に合う対処法を実践してみることをおすすめします。

【仕事を辞めたいと思う50代女性におすすめの対処法】

  • 誰かに相談する
  • 気分転換をする
  • 休養を取る
  • 働き方を変える
  • 副業をしてみる
  • 転職する

状況によってどの方法が効果的か異なるため、各対処法の詳細を見ながら、最適な方法を選んでいきましょう。

誰かに相談する

仕事を辞めたいと思った50代女性は、家族や知人などに相談してみると良いでしょう。特に今後、金銭面・生活面などで影響が生じやすい家族には、早めに相談することをおすすめします。

「子どもの教育費や老後の準備をしておかないといけないから、今仕事を辞められると困る」など、予想外の返答があるかもしれません。また知人に相談した場合には、「うちの会社、人手不足って言ってたから紹介できるかも」など、転職のチャンスを得られる可能性もあります。

誰かに相談してみることで、仕事を辞めるかどうかに対する考え方が変わる可能性もあるため、どうすればいいのかわからなくなった50代女性は、知人に考えを伝えてみましょう。

気分転換をする

趣味や旅行などに時間を使うことで気持ちをリフレッシュでき、仕事を辞めたいという気持ちが和らぐ50代女性もいます。

「毎日仕事でうんざりしていたけど、久しぶりにヨガ教室に行ったら、いい汗をかけてスッキリした」
「外国の風景を見ていると、自分の悩みが少し小さく感じられた」

このように気分転換をすることで、仕事辞めたいという気持ちが軽減される可能性があります。50代女性にとって、仕事を辞める決断は今後の人生に大きな影響を及ぼすことがあるので、大きな視点で今後を考えるためにも、一度気持ちをリフレッシュさせて、現状を見つめ直してみましょう。

休養を取る

働きすぎで疲れやストレスが溜まり、仕事を辞めたいと感じている50代女性は、しっかり休むことをおすすめします。毎日残業が続いていたり、休日に子どもの行事があったりと、ゆっくりする時間がない50代女性は気持ちが沈んでしまいがちです。

疲れていると仕事の生産性が落ち、普段はしないようなミスをすることもあるでしょう。こういった際、「もう仕事を辞めたい」と思うことは珍しくありません。心身の回復に努めることで、また働く意欲がわくことがあるので、「最近疲れているかも」と思った50代女性は積極的に休みを取りましょう。

働き方を変える

仕事辞めたいと思っている50代女性には、部署異動や勤務形態の変更など、働き方を変えてみる方法もおすすめです。違う部署で働くことで人間関係が良くなり、ストレスが軽減されるケースは少なくありません。

また通勤時間が不要となるテレワークで働くなど、勤務形態を変更することで、体力的・精神的な余裕が生まれ、仕事を続けたいと思える可能性もあります。他にも正社員として所定の時間働くことや、大きな責任が伴うことにストレスを感じている50代女性の場合、契約社員などの雇用形態に変更する方法もあります。

現在の職場環境に不満がある50代女性は部署異動など、働き方を変えられないかどうか検討してみましょう。

副業をしてみる

「仕事を辞めたいけど収入が減るのは不安…」と感じている50代女性は、副業を始めてみることをおすすめします。これまでの経験やスキルを活かして、少しずつでも副業収入を得られれば経済的な余裕が生まれるうえ、転職や独立する際の自信にもつながるでしょう。

また現在の仕事内容に近い副業に取り組むことで、さらなるスキルアップが期待できる点も魅力的です。副業を通してスキルを磨くことが現職での活躍につながり、仕事を辞めたいという気持ちが和らぐ可能性もあります。

クラウドソーシングなど、インターネット上で完結できる副業もあるので、収入面で不安を感じている50代女性は、仕事を辞める前に副業をしてみる方法もひとつの手です。

転職する

どうしても今の仕事を辞めたいと考えている50代女性は、転職先を探しましょう。その際にはまず、これまでの経験やスキルを活かして転職できる求人があるかどうかを確認することが重要です。

その理由は現職を辞めた後、次の仕事がすぐに見つかるとは限らないからです。50代女性が転職する際には年齢面や体力面などの点から、20代・30代よりも採用されづらい可能性があります。そのため仕事を辞めた後に転職できるかどうか、ある程度の見通しを立てておくことが大切です。

今の仕事を辞める前に、これまでの経験やスキルを活かして採用されそうな企業があるか、そもそも求人はどれくらいあるのかなどをチェックしましょう。なお転職事情の把握については、後ほど「転職事情を確認しておく」の項目で解説しています。

50代女性が仕事を辞めたいと思った時に注意すべきこと

仕事を辞めたいと思った50代の女性は、以下の3点にご注意ください。

【50代女性が仕事を辞めたいと思った時に注意すべきこと】

  • 気持ちを整理する
  • 生活していけるかどうかを考える
  • 転職事情を確認しておく

「しまった」と後悔しないよう、上記3つの注意点をそれぞれ確認しておきましょう。

気持ちを整理する

50代女性が仕事を辞めたいと思った際は、「なぜ辞めたいのか」「辞めてから何をしたいのか」を冷静に考えておけば、適切な選択をしやすいです。次の転職先を探す際、「前職を退職された理由は?」と聞かれるケースもあります。

そのため一旦自身の気持ちを整理して、退職理由や退職後にやりたいことなどを明確にしましょう。冷静に考えることで「やっぱり今の仕事を辞めない方が良いから、今は辛いけどもう少し耐えよう」など、より良い選択肢が見えてくるかもしれません。

生活していけるかどうかを考える

仕事辞めたいと思った50代女性は、貯金や退職金などをふまえ、退職後に生活していけるのかどうかを考えましょう。後先考えずに仕事を辞めたものの、次の仕事が全然見つからない場合、生活費がなくなってしまうかもしれません。

そのため次の仕事が見つかるまでの間に、生活費が枯渇しないかどうかをしっかり考えましょう。また老後の生活資金が心配な50代女性は、現職を辞めると年金の受給額に影響が出る可能性がある点もおさえておきましょう。

転職事情を確認しておく

仕事を辞めたいと感じた際には、現在の転職事情を把握しておくことが重要です。経済的なゆとりがなくなると、仕事を辞めたことを後悔しやすくなります。もし老後の備えがたっぷりある50代女性でも、事故や病気など、想定外の状況に直面して、貯金がなくなってしまう可能性があるため、退職前に最新の転職事情を確認しておきましょう。

50代女性が転職する場合、年齢面や体力面などで、なかなか採用されづらいケースがあります。そのため仕事を辞めたいと思った際には、万一の時に転職できるのかどうか、ある程度の見通しを立てておくことが重要です。

厚生労働省は「雇用動向調査結果の概況」で、女性の転職入職率※を以下のように発表しました。
※正社員などの常用労働者に対する転職入職者数の割合のこと。

年齢階級(女性のみ)一般※パート
55〜59歳5.2%8.4%
50〜54歳7.2%10.3%
45~49歳5.9%11.9%
40~44歳7.7%9.8%
※常用労働者のうち、パートタイム労働者以外の労働者のこと

50代女性の転職入職率は一般・パートの両方で、40代より低めとなっています。その一方でパートの場合、50代女性の転職入職率が10%を越える年齢階級もあるため、パートや短期バイトで少しでも収入を得るなど、想定外の状況に対応できる準備をしておくことも重要です。

現在のスキルを活かすことで転職しやすいのか、同業種への転職事情は需要が高いのかなどを確認しておくと、より仕事を辞めた後の見通しを立てやすいでしょう。

50代女性の仕事の辞め時

「仕事辞めたいと思っているんだけど、辞め時っていつ?」と気になった50代女性は、以下をご参考ください。

  • 心身に不調が生じている
  • 仕事を辞めても暮らしていける
  • より良い仕事が見つかったなど

上記に当てはまった50代女性は、仕事を辞めることで状況が好転しやすいと考えられます。他にもあなたの状況をふまえ、「今の仕事を辞めた方が、状況が良くなりそうだ」と思えるタイミングは、仕事の辞め時と言えるでしょう。

「仕事を辞めたい・責任のない仕事をしたい」という50代女性におすすめの職種

「責任が重いから今の仕事を辞めたい…」と考えている50代の女性には、以下の職種がおすすめです。

【仕事を辞めたい50代女性におすすめの職種】

  • 清掃員・ルームメイク
  • 軽作業・組立など
  • フロント・受付(サービス)
  • 警備員
  • 事務
  • 電話対応・コールセンター
  • タクシー・ハイヤー・バス運転手
  • 管理人

より前向きに働けるよう、「仕事を辞めたい50代女性におすすめの職種」を順に見ていきましょう。

清掃員・ルームメイク

「今の仕事は次々に新しい知識を詰め込まないといけないから辛い、辞めたい」と感じている50代女性には、清掃員・ルームメイクの仕事がおすすめです。清掃員・ルームメイクの仕事は、ある程度業務内容が固定化されており、一度覚えれば長く働きやすい職種と言えます。

また、一人もしくは少人数で仕事を進める点も、清掃員・ルームメイクの特徴です。人間関係で疲れた50代女性や、自身のペースで仕事を進めたい50代女性も、清掃員・ルームメイクの職種に魅力を感じやすいでしょう。

軽作業・組立など

勤務時間を柔軟に調整できる仕事をお探しの50代女性には、仕分けや梱包などの軽作業・組立関連の職種をおすすめします。その理由は、複数の勤務時間を設けている企業があるからです。

中には子育てや親の介護などで、日によって勤務時間を変えたいと考える50代女性もいます。そういった際、軽作業・組立などの職種はシフトの相談ができるケースがあり、気楽に働きやすいと感じられるかもしれません。

また軽作業・組立などの職種は未経験OKの求人があり、一度仕事を覚えれば淡々とこなしやすい点も、50代女性におすすめの理由です。

フロント・受付(サービス)

「社外の人との関わりが少なくて面白味を感じられないから仕事を辞めたい」と感じている50代女性には、フロント・受付(サービス)系の職種がおすすめです。フロント・受付(サービス)系の職種は社外の方への案内業務が中心であり、様々な人と接することができるからです。

エアコンが完備された快適な空間で働けるケースが多い点も、フロント・受付(サービス)系の魅力と言えます。コミュニケーション能力の高い50代女性や、おもてなしの心がある50代女性ほど活躍しやすいため、「受付関連の仕事なら強みを生かせるかも」と感じた場合には、以下のページで求人情報をチェックしてみましょう。

警備員

小さなことに気が付きやすい50代女性は、仕事を辞めたいと思った際、次の仕事候補として警備員をおすすめします。警備員の仕事内容は、オフィスや商業施設などで事故や火災などの防止・発見などに努めることであるため、些細な変化に気付ける50代女性は活躍しやすいと言えるからです。

女性警備員の従事者数が増えてきている点も、50代の女性に警備員をおすすめする理由のひとつです。

警備業法第4条に基づく認定業者は、全国に9,548社(このうち警備員数が100人未満の警備業者が約90%)ある。警備員総数(1~4号業務全体)は約55万人で、男性が9割以上を占めている。最近は女性警備員も増加傾向にあり、3万人強と全体の約5%を占めている。

引用:https://shigoto.mhlw.go.jp/User/Occupation/Detail/241

女性警備員が増えている理由としては、女性トイレや授乳室などの見回りや女性へのボディチェックなど、女性に適した業務があるからだと考えられます。利用者の安全確保に努められるなど、正義感の強い50代女性にも、警備員はおすすめです。

事務

今の仕事は体力的に辛くなってきたから辞めたいと考えている50代女性は、事務の求人を探してみましょう。事務職はエアコンが完備されたオフィスで、座って働けるケースが多いからです。

また事務は多くの企業で必要とされる職種であり、50代女性などの落ち着いた雰囲気の人を求める企業もあります。これまでに書類作成や電話応対のスキルを磨いてきた50代女性ほど事務職で活躍しやすいため、採用されやすいでしょう。

電話対応・コールセンター

「現在の仕事は黙々と働かないといけないから息が詰まってしまって辞めたい…」という50代女性には、電話対応・コールセンターがおすすめです。電話対応・コールセンター業務は様々な人の疑問や悩みを、会話を通して解消できるように努めるからです。

相手の顔が見えない中でやりとりする電話対応・コールセンターは、コミュニケーション能力が高い50代女性に向いている職種と言えます。未経験・資格なしでも応募できる求人がある点や、大量募集される求人がある点から、新しい仕事に挑戦したい50代女性や、たくさんの同期と一緒にスタートを切りたい50代女性にも、電話対応・コールセンターはおすすめです。

タクシー・ハイヤー・バス運転手

様々な人と接しながら、色んな場所に行ける仕事に魅力を感じる50代女性は、タクシー・ハイヤー・バス運転手の求人を探してみましょう。色んな場所に移動することでお客様の交通の利便性を高めるタクシー・ハイヤー・バス運転手は、気分転換がしやすい職種と言えます。

そのため「ずっと自分の机に座ったままで一日が終わるのが辛いから辞めたい」と感じている50代女性は、タクシー・ハイヤー・バス運転手の仕事にやりがいを感じられるかもしれません。「未経験OK」「普通自動車第一種運転免許のみでも歓迎」など、応募しやすい求人がある他、同僚との関わりが比較的少ない点も、タクシー・ハイヤー・バス運転手の特徴です。

管理人

「今の仕事はお客様とのつながりが薄くて、やりがいを感じづらいから辞めたい」と感じている50代女性は、管理人の仕事が向いているかもしれません。マンションなどの清掃・点検などに従事する管理人の仕事は、長期的に入居者と関わるケースが多いからです。

そのため、良い人間関係を構築しながら、人の役に立てる仕事をしたいと考えている50代女性には、管理人の仕事がおすすめです。毎朝、色んな人に「おはようございます」などとやりとりすることで、元気をもらい、前向きに働けるかもしれません。

「未経験・資格なしでも応募できる求人がある」「自身のペースで働きやすい」などの魅力もある管理人の仕事が気になった50代女性は、以下から求人の詳細を見てみましょう。

仕事を辞めたいと思う50代女性によくある質問

仕事を辞めたいと思っている50代の女性は、以下も気になっているケースがあります。

【仕事を辞めたいと思う50代女性によくある質問】

  • 50代女性が仕事を辞めてもなんとかなる?
  • 「仕事を辞めたら人生楽しすぎ」と感じる人の特徴は?

より充実した日々を過ごせるよう、上記2つの「仕事を辞めたいと思う50代女性によくある質問」をチェックしていきましょう。

50代女性が仕事を辞めてもなんとかなる?

仕事を辞めてもなんとかなる50代女性には、以下の特徴があります。

  • なぜ仕事を辞めるのかを明確にできている
  • 将来のプランがある
  • 金銭的に余裕がある
  • 健康である
  • 家族の理解がある

退職理由が明確な50代女性や、将来のプランを作れている50代女性は、仕事を辞めた後でも、何を最優先して毎日を過ごせば良いかを把握できている傾向があります。そのため上手く転職先が見つからなかったり、金銭的な余裕がなくなったりした場合でも、自身の目標に向かって適切な選択をしやすいです。

経済面に関しては、50代で仕事を辞める場合、事故や病気などのリスクもふまえ、半年程度収入がなくても暮らしていける状況だと、なんとかなると言えるでしょう。また仕事を辞める前に早期退職金や失業手当の計算などをしている50代女性も、今後を見通しやすい点からなんとかなるケースが多いと考えられます。

他にも退職前に副業を始めているなど、退職後の生活につながる努力をしている50代女性は、仕事を辞めてもなんとかなりやすいでしょう。

「仕事を辞めたら人生楽しすぎ」と感じる人の特徴は?

「仕事を辞めたら人生楽しすぎ」と感じやすい50代女性には、以下の特徴があります。

  • 家族との時間がとりづらい
  • 経験・スキルを十分に活かせていない
  • 仕事のストレスが多い
  • 50代以降の生きがいがない

上記の特徴に当てはまる50代女性ほど、「仕事を辞めたら人生楽しすぎ」と感じやすいです。

例えば今の仕事を続けていると、家族との時間が全くとれず、ワークライフバランスがとれないと感じている50代女性は、仕事を辞めることで充実した毎日を過ごしやすいです。

また、「営業として働いているけど、子育ての経験を通して得た知識も活かせると、もっと良い仕事ができるのに」と感じている50代女性の場合、お子様用のグッズ販売の営業職に転職するなど、より活躍できるステージを見つけられることもあるでしょう。

これまでの経験などをもとに50代で起業し、生きがいとなる事業を立ち上げられた場合などにも、「仕事を辞めたら人生楽しすぎ」と思えるかもしれません。

仕事を辞めたい50代女性は求人ジャーナルで良い求人があるか探してみよう!

心身の不調や能力面の他、価値観の変化などによって、仕事を辞めたいと考える50代女性は少なくありません。50代以降の人生をより充実させられる場合、今の仕事を辞めて、よりあなたに合う働き方を模索するのも良いでしょう。

「今の仕事を辞めて、無理なく、もっと前向きに働ける仕事を見つけたい」と思った50代女性は、求人ジャーナルでの仕事探しがおすすめです。求人ジャーナルなら「50代以上活躍中」「女性活躍中」など、充実した検索機能を活用して、効率良くあなたに合う求人を探せるので、ぜひご活用ください。

\ 仕事を辞めたい50代女性は求人ジャーナルで良い求人があるか探してみよう! /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次