転職先が見つからない人の特徴7選!おすすめの対処法・探し方とは?

転職先が見つからない人の特徴7選!おすすめの対処法・探し方とは?

「いい転職先が見つからない時は、どうすればいい?」
「理想の転職先を見つけて、内定を勝ち取りたい」

そんな方のため、転職が見つからない原因や対処法をまとめました。なぜ、いいと思える転職先が見つからないのかを把握し、適切な方法で対処すれば、転職活動の質・スピードを高められます。

理想の転職先で働けるよう、いい転職先が見つからない場合に役立つ情報をチェックしていきましょう。

目次

転職先が見つからない人の特徴7選

「いい転職先が見つからない…」とお困りの方には、以下の特徴が見られるケースが多いです。

  • やりたい仕事がわからない
  • 優先順位が明確になっていない
  • マナーやスキルがない
  • 自己分析が不十分
  • 慎重になりすぎている
  • 焦っている
  • いい求人が見つからない

原因を突き止めて適切な対処法で状況を打開できるよう、まずは転職先が見つからない人の特徴を見ていきましょう。

やりたい仕事がわからない

自身でどのような仕事をしたいのかがわかっていない場合、どのような求人を探せば良いのかわからず、転職先が見つからないと感じることがあります。仕事内容や年収、休暇の取りやすさなど、転職先に何を希望するのかは人によって異なります。

「現職が嫌でとにかく辞めたい」という気持ちが先行して、闇雲に求人を探し、「良い転職先が見つからない」と感じることもあるでしょう。やりたい仕事がわからないまま転職活動を進めると、転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔するかもしれないため、注意が必要です。

優先順位が明確になっていない

優先順位が明確になっていないと、「どの求人も魅力的に見えて絞れない…」と感じるケースがあります。「大企業に転職したい」「年収を増やしたい」など、次の転職先に求めるものは人によって異なります。またそれぞれの求人には特徴がある点も、理解しておかなければいけません。

「この会社に転職すると、給料は上がるけど、休日は取りづらい…でも休みが多いこっちの会社に転職すると、年収が下がるうえ、やりたい仕事とも言えない…」

このように各求人には特徴があり、希望する項目を全て実現するのは難しいです。そのためあなたが重視する項目をリストアップし、優先順位を決めることをおすすめします。

マナーやスキルがない

選考で不採用になることが多く、「なかなか転職先が見つからない」と感じる場合、マナーやスキルが不十分なのかもしれません。例えば面接時に身だしなみを整えていなかったり、税務などの専門性の高いスキルが必要な求人に応募していたりする場合、不採用になりやすいと考えられます。

また、読みづらい履歴書を提出してしまっているなど、基本的なところでマイナスイメージを与えているケースもあります。そのため「不採用になることが多くて、良い転職先が見つからない」と感じている場合には、マナーに注意したり、自身のスキルで内定を勝ち取れる求人に応募したりするなどの改善を図りましょう。

自己分析が不十分

「良いと思える転職先がなかなか見つからない」「魅力的な求人に応募しても不採用になる…」という方は、十分に自己分析ができていない可能性があります。自己分析が不十分だと、自身の適性や得手不得手を把握できていないまま転職活動を進めることになりかねません。

そのため面接で自身の強みを上手くアピールできず、他の転職希望者に負けてしまう恐れがあります。「これまでの経験やスキルをより活かすために転職したい」「理想のキャリアを実現できる転職先を探したい」など、自己分析によって面接で効果的にアピールできるよう準備しておきましょう。

慎重になりすぎている

控えめな性格の方や転職活動に慣れていない方は、応募をためらってしまうなど、慎重になりすぎることで「なかなか転職先が見つからない」と感じることがあります。

「この求人はすごく魅力的だから、自分が応募しても内定をもらえないだろうな」
「この会社と、こっちの会社が気になるけど、どちらに応募すればいいか決められない…」

このように考えているうちに募集が打ち切られたり、現職が忙しくなるなどによって応募し損ねたりすることがあります。慎重になりすぎることで転職先が見つからないと感じている場合には、思い切って応募してみることも大切です。

焦っている

早い段階で現職を辞めた場合などには、焦りが生じて、良い転職先が見つからないと悩んでしまうことがあります。「転職活動に専念するために貯金をしておいたから大丈夫」と考えていても、なかなか上手く内定をもらえないと焦ってしまいがちです。

また「10社以上に応募したけど全然採用されない…」など、収入が途絶えた状況で転職活動がスムーズに進まないと、選考にも悪影響が生じてしまいかねません。焦って多くの求人に応募することで、各企業の情報を十分に調べられなかったり、不備が多い履歴書を提出してしまったりすると、さらに不採用のリスクが高まるため、余裕を持って転職活動をすすめることが重要です。

いい求人が見つからない

「全く希望に合う転職先が見つからない」と感じている場合、求人の探し方に問題があるのかもしれません。例えば特定の求人誌のみで転職先を探している場合、インターネットを活用することで希望に合う求人が見つかるケースがあります。基本的にインターネット環境があれば、いつでもどこでも求人情報を探せるため、いい転職先が見つからないとお悩みの方には、Webでの求人探しがおすすめです。

特に求人ジャーナルは多くの求人を扱っており、職種別・年代別・待遇別などの検索もしやすいため、転職先が見つからないと困っている場合には、活用してみましょう。

いい転職先が見つからない時の対処法

いい転職先が見つからない時の対処法は、以下をご覧ください。

  • 転職目的を明確にする
  • 自己分析をする
  • 希望の優先順位を明確にする
  • スキルアップに励む
  • 経済的にゆとりを持つ
  • 誰かに相談する
  • 転職先について調べる
  • 思い切って応募してみる
  • 幅広く求人情報を入手する

「正しい方法で転職活動をして良かった」と思えるよう、上記の「いい転職先が見つからない時の対処法」を順に確認していきましょう。

転職目的を明確にする

いい転職先が見つからない場合には、転職目的を明確にして効率良く希望に合う求人を探しましょう。なぜ転職したいのかを考えれば、次の仕事に何を求めるのかが見えやすくなります。

「今の仕事は残業が多すぎるから、転職をしてプライベートの時間を増やしたい」

このように考えた際には、休暇の多い求人や有給を取りやすい求人を探すなど、転職活動を進める際に重視する項目が見えてくるでしょう。転職目的を明確にすれば、面接などの選考でも具体的な回答をしやすくなるため、採用率アップも期待できます。

自己分析をする

いい転職先が見つからないとお困りの方に自己分析をおすすめする理由は、自身に合う求人を見極めやすくなるうえ、自己アピールをしやすくなるからです。自己分析をすれば「どのような職場だと快適に働きながら活躍できるか」「どんな仕事内容で強みを発揮しやすいか」などが見えやすくなります。

このような点から自己分析は、多くの求人から、あなたに合う転職先を見つけるために役立ちます。いい転職先が見つからないと思った際には、経験やスキルの棚卸しなどの自己分析に取り組み、あなたに合う転職先を見つけましょう。

希望の優先順位を明確にする

仕事内容や年収など、今回の転職活動で重視する項目に順番をつけると、いい転職先が見つからないという状況を乗り越えやすくなります。優先順位の高い項目を満たす企業をピックアップし、比較していけば、あなたに合ういい転職先を見つけやすくなるはずです。

まずはあなたが魅力的だと感じる求人の特徴を羅列して、今回転職したいと思った理由などをふまえ、優先する項目に並べ替えましょう。

スキルアップに励む

「不採用続きで内定をもらえない…なかなかいい転職先が見つからないな」という場合には、スキルを磨くことをおすすめします。少しでもスキルを磨けば面接などでアピールしやすくなるため、内定率を高めやすくなるからです。

現職で積極的に新しい仕事に挑戦したり、資格取得のために学習を始めたりなど、できることからで構いません。資格取得の学習を始めたことを面接で伝えるだけでも、採用担当者から「この人は勉強熱心な人だな」と思われる可能性もあるので、なかなか内定をもらえない場合には、スキルアップに励みましょう。

経済的にゆとりを持つ

既に現職を辞めて転職活動を進めている中、いい求人が見つからないと困っている場合、少しでも経済的なゆとりを持てるようにしましょう。例えば単発バイトを始めたり、失業手当を受け取れないか確認してみたりなど、金銭的なゆとりを持てる方法を実践することをおすすめします。

経済的に余裕ができれば、焦りによる転職活動の効率低下を抑えやすくなります。短期バイトなどを経験することで、よりあなたに合う転職先が見つかる可能性もあるため、経済的にゆとりのない中、いい転職先が見つからないと感じている場合には、金銭面の余裕を確保しましょう。

誰かに相談する

転職が見つからないと悩んでいる場合、家族や友人などに相談することで意外な解決策が見つかるケースがあります。例えば家族から、「あなたは几帳面なところがあって、ひとつのことに没頭しやすいから、決まった業務を繰り返す仕事がいいんじゃない?」などと言われることで、新たな視点で転職先を探せるかもしれません。

また「自分に合う転職先が、なかなか見つからない…」と一人で悩み、強いストレスを感じる人もいます。家族や友人に現状を伝えるだけでも、気持ちが軽くなるケースがあるため、いい転職先が見つからない場合には、誰かに相談してみると良いでしょう。

転職先について調べる

気になる企業について調べると、よりあなたに合う会社を把握しやすくなるため、いい転職先が見つからない状況を乗り越えられることがあります。例えば希望に合う企業の説明会に参加したり、ネットで評判を見てみたりなど調べてみると、求人情報には載っていない情報が見つかるかもしれません。

企業について調べることは選考に進んだ際にも役立つので、採用率アップにつなげられる点もメリットと言えます。いい転職が見つからないと思った際は、気になる企業のことを調べて、転職活動を効率良く進めましょう。

思い切って応募してみる

「魅力的な求人が見つかったものの、応募できないままチャンスを逃してしまう…」という人は、思い切って応募してみると、いい転職先が見つからない状況を打開できるかもしれません。あなたは自信がないと感じていても、採用担当者は「自社に合いそうだ」「活躍してくれそうだ」と思う可能性があるからです。

少しでもあなたの経験やスキルを上手くアピールできるほど採用率を高められるため、気になる求人があった際には思い切って応募し、自己分析などの選考対策に注力することをおすすめします。応募しようかと悩んでいるよりも有効に時間を使えるうえ、次回以降の選考に役立つケースがあるからです。

幅広く求人情報を入手する

希望に合う求人が見つからなくて、いい転職先が見つからないと悩んでいる場合には、別の方法で求人情報を集めましょう。いつもと違う方法で求人を探すことで、魅力的な転職先を見つけられる可能性があるからです。

求人サイトによって保有する求人情報は異なるので、上手く希望に当てはまる求人情報が得られていない場合、これまでとは違う方法で求人情報を探すことをおすすめします。いい転職先が見つからないとお困りの方は、求人情報が豊富・検索機能が充実していて希望の求人を見つけやすいなどのメリットがある求人ジャーナルを活用してみましょう。

転職先が見つからない人におすすめの探し方

転職先が見つからない人におすすめの探し方は、気になる企業をリストアップし、優先する項目をもとに点数をつける方法です。具体的には以下の例をご覧ください。

比較項目株式会社A株式会社B現在の会社
業務内容876
給与685
勤務時間777
休暇日数776
合計282924

上記の要領で点数をつけて合計点を比較すれば応募先企業に優先順位をつけられるので、どの企業から応募すれば良いかが見えてきます。現在の会社も表に加えて比較すれば、「現状、転職するほど魅力的な企業はないかも」といった判断にも役立つでしょう。

転職先が見つからない人によくある質問

転職先が見つからないとお困りの方は、以下の疑問を持つことがあります。

【転職先が見つからない人によくある質問】

  • なかなか決まらない転職活動に疲れた場合どうすればいい?
  • 不採用ばかりで転職できないからつらい時の対処法は?

今後の転職活動で役立つ可能性があるので、上記2つの「転職先が見つからない人によくある質問」をチェックしておきましょう。

なかなか決まらない転職活動に疲れた場合どうすればいい?

「なかなか転職先が決まらない状況に疲れた…」という方には、以下の対処法がおすすめです。

  • 休む
  • 規則正しい生活をする
  • 人に会う
  • 気分転換をする

身体的に疲れた場合には、しっかり休息を取ったり、規則正しい生活をしたりすることをおすすめします。体力が回復することで疲れが緩和されたり、規則正しい生活を送ることで疲れにくくなったりすることがあるからです。

また精神的に疲れたと感じた場合には、親しい友人に会ったり趣味に没頭したりする方法がおすすめです。上手くリフレッシュすることで精神的な疲れを解消できれば、また前向きに転職活動を進められるでしょう。

不採用ばかりで転職できないからつらい時の対処法は?

いい転職先が見つからない状況として「不採用が続いていてつらい」と感じている方には、適切な選考対策に取り組むことをおすすめします。不採用が続く際には、応募書類や面接などで上手くアピールできていない可能性が考えられます。

例えば、事務職に応募したのに不備の多い履歴書を提出していたり、面接で体力面のアピールばかりしていたりすると、十分に採用率を高めづらいと言えるでしょう。しっかりと準備したうえで選考に臨めば内定率を高められるので、この記事で紹介した企業情報の収集・自己分析などに取り組むことをおすすめします。

いい転職先が見つからない時は求人ジャーナルの活用がおすすめ

いい転職先が見つからない場合には、あなたの状況に合った適切な対策を講じることが大切です。なぜ、いいと思える転職先が見つからないのかを把握できれば、今後どのような点に注意して転職活動を進めれば良いか見えてくるでしょう。

あなたに合う転職先を見つけるためには、たくさんの求人情報の中から、希望に合う求人を効率良く見つけられる求人ジャーナルがおすすめです。求人ジャーナルには18万件以上の求人情報があり、検索条件の保存などの便利機能も豊富なので、効率良くいい転職先を見つけたい場合には、求人ジャーナルをご活用ください。

\ いい転職先が見つからない時は求人ジャーナルの活用がおすすめ/

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次