転職活動に疲れたと思う瞬間・対処法!転職の成功率を高めるコツもご紹介

転職活動に疲れたと思う瞬間・対処法!転職の成功率を高めるコツもご紹介

「転職活動に疲れた…こんな時どうすればいい?」

そんな方のため、転職活動に疲れたと感じやすい瞬間や、疲れを解消する方法をまとめました。どのような要因で転職活動に疲れたと感じているのかがわかれば、適切な対処法が見えてきます。

あわせて「転職活動に疲れた…」と感じないための、「効率良く転職を成功させるコツ」もおさえておきましょう。

目次

転職活動で疲れたと思う瞬間

転職活動で疲れたと思う主な瞬間は、以下の通りです。

  • なかなか採用されない
  • 書類作成などやることが多い
  • 転職活動の時間が取りづらい
  • 金銭的な余裕がなくなる
  • バレないように転職活動をすることが大変

状況に応じて適切に対処できるよう、「転職活動に疲れたと感じる瞬間」を見ていきましょう。

なかなか採用されない

転職活動を始めたものの、何十社も不採用になるなど、なかなか採用されない状況で疲れたと感じる人は少なくありません。中には、不採用になると自分を否定されているように感じてしまい、落ち込んでしまう人もいます。

「どの会社からも求められないなんて…」
「こんなに頑張っても内定をもらえないなら、この先もずっと転職できないかも…」

このように転職活動で不採用が続くと、精神的に疲れることもあるでしょう。精神的に疲れた場合、面接などでネガティブな発言をしたり、意欲がなさそうに見えたりといった状況になる恐れがあるので、上手くストレスを解消することが大切です。

書類作成などやることが多い

求人情報や企業情報の収集など、転職活動に際してやるべきことが多く、疲れたと感じる人もいます。例えば現職を続けながら転職活動をする場合、志望動機などを考える時間がなく「いつの間にか応募期限が過ぎていた…」という状況になることもあります。

志望動機や自己PRなどは、応募先の企業をしっかり調べたうえで考えないと、採用率を十分に高められません。また企業研究をおろそかにすると、先ほどお伝えした「何十社に応募しても採用してもらえない…」と、なかなか採用されない状況になるなど、悪循環に陥りがちです。そのため、やるべきことや優先順位をしっかり整理したうえで転職活動を進めることをおすすめします。

転職活動の時間が取りづらい

現職やプライベートが忙しく「なかなか面接にいけない…」などの場合にも、転職活動で疲れたと感じやすいです。イレギュラーな業務が発生しやすい仕事だったり、現職で頼りにされていたりする場合、急なタスクが生じることもあるでしょう。

「午後から休みを取って面接に行こうと思っていたのに、急なトラブル対応で行けなくなった…」

このような状況が続くと、転職活動におけるチャンスを逃してしまうかもしれません。また現職が忙しいと疲れがたまって休日に転職活動をするエネルギーがなかったり、溜め込んでしまった家事などを片付けるだけで休日が終わってしまったりする状況になることもあります。

こういった状況では心身ともに疲れたと感じやすく、前向きに転職活動を進めることは難しいでしょう。

金銭的な余裕がなくなる

退職後に転職活動をする場合、予想以上に生活費などがかさむなどの状況で、疲れたと感じる人もいます。辛いノルマや人間関係に耐え切れず、先のことをあまり考えないまま仕事を辞めてしまうと、転職活動が長期化した時に後悔しやすいです。

仕事をしていないと転職活動をする時間をたくさん確保できますが、その一方でネガティブなことを考える時間も増えがちです。内定をもらうまでに時間がかかるなど、転職活動が上手く進まない場合、収入がない状況で貯金が減り、疲れたと感じることがあります。

バレないように転職活動をすることが大変

転職活動を進めるため、これまでよりも休みや早退が多くなり、「職場の人にバレないだろうか」などと感じて疲れるケースもあります。現職で繁忙期に差し掛かったり、突発的なトラブルが発生したりした際、「普段なら残業するのに転職活動のために早退しなければいけないのは悪い気がする…」と後ろめたく感じる人もいます。

他にも休日に面接の予定を入れた場合、上司や先輩に見られることを恐れてしまう人もいるでしょう。「現職での服装はオフィスカジュアルだから、転職活動をしているとバレないよう、少しずつスーツを切る日を増やそう」など、現職の関係者にバレないよう転職活動をすることに疲れを感じる人もいます。

転職活動で疲れた際の対処法

転職活動で疲れた際の対処法は、以下をご覧ください。

  • 不採用になっても気にしない
  • 体調を整える
  • 気分転換をする
  • 相談する
  • イベントに参加する
  • 視野を広く持つ
  • 優先順位を明確にする
  • 余裕を持って挑む

上記8つの対処法について、次の項目から解説していきます。

不採用になっても気にしない

転職活動で不採用になって疲れたと感じた場合、「相性が合わなかった」「縁がなかった」など、気にしないことが大切です。企業が不採用を決める際、あなたを否定しているわけではありません。

「この候補者は、人間性の魅力はあるけど、今回当社が求める人物像とは異なる」
「やる気は素晴らしいけど、他の候補者と比べると職歴・スキルが見劣りする」

このような考えで候補者の採否を決めるケースが多いため、不採用はあなたの人間性や将来性を否定する通知ではありません。あなたに合う企業を見つけ、上手く強みをアピールすれば採用率を高められる点をおさえ、次の求人に前向きに応募しましょう。

体調を整える

現職を続けながら転職活動をしているなど、毎日やることが多い場合には、無理をせず休むことをおすすめします。具体的には、しっかりと睡眠時間を確保したり、普段より長めに入浴をしたりと、転職活動で感じた疲れを解消できるように努めましょう。

真面目な人ほど頑張りすぎて体調を崩しやすいため、提出書類に不備が生じたり、面接で意欲を伝えきれなかったりといったリスクが高まります。転職活動を成功させるためには、しっかりと企業研究をして、選考対策をすることが大切ですので、疲れたと感じた際にはしっかりと休んで体調を整えましょう。

気分転換をする

転職活動で精神的に疲れたと感じた際には、趣味に時間を費やしたり旅行したりと、気分転換することをおすすめします。現職での勤務だけでなく、転職活動でも緊張感を持っていると、普段より疲れやすくなるのは自然なことと考えられます。

そういった時こそ、自分の好きなことや日常生活ではできない体験をして、気持ちをリフレッシュしましょう。上手く気分転換できれば表情や声のトーンが明るくなり、面接で良い印象を与えやすくなるなど、転職活動においても良い効果が期待できます。

相談する

転職活動で不採用が続いたり、気持ちが落ち込んでしまったりした際は、知人などに相談してみる方法がおすすめです。家族や友人、恋人などに相談すると気分転換になるうえ、新たな気づきが得られる可能性があります。

「あなたにはこんな仕事が向いているのでは?」
「昔は、こんな仕事をしたいって言ってたけど、今はどう?」

このように家族や友人は、客観的にあなたを見れるので、強みや弱みを教えてもらえることがあります。自身では気付かなかったアピールポイントが見つかったり、希望していた求人とは違う職種に興味がわいたりすることで、より良い転職活動ができるかもしれません。そのため「転職活動がうまくいかない…」と疲れた場合には、家族や友人などに相談してみましょう。

イベントに参加する

企業研究で疲れた場合、転職活動関連のイベントに参加するのもひとつの手です。例えば転職者向けの合同企業説明会などに参加すると、たくさんの企業担当者と話せるため、どのような人材を求めているのか見えてくることがあります。

希望する企業が見つかった場合、転職フェアなどのイベントで担当者とつながりを持っておくと、面接の際に思い出してもらえるかもしれません。また、これまでには希望していなかった企業・業界に興味がわくこともあるでしょう。

このように、より良い転職活動をするために役立つことがあるため、企業研究で疲れた場合には転職関連のイベントに参加してみることをおすすめします。

視野を広く持つ

不採用が続くと闇雲に応募しがちになるため、疲れたと感じた時こそ視野を広く持つように注意し、転職活動を進めることが大切です。

「何度応募しても採用されないから疲れてきた…この求人なら内定をもらえるかも」

このような気持ちで応募すると、気づかないうちに希望外の仕事に就いてしまうかもしれません。冷静に仕事内容や勤務地などを見た際、今の仕事よりも条件が悪くなっていると、内定をもらえたとしても転職活動に成功したとは言えないでしょう。このように転職活動で疲れたと感じた際には視野を広く持ち、冷静に選考を進めることが大切です。

優先順位を明確にする

求人探しに時間がかかって疲れたと感じる場合には、今回の転職活動における優先順位を明確にすると良いでしょう。具体的には、仕事内容・給与・休日や残業の多さなど、あなたが転職先に求める条件を紙などに記すことをおすすめします。転職活動における優先順位を明確にしておくと、求人を探していて迷った際、「この仕事は魅力的だけど、希望条件に合うだろうか」と確認しやすくなります。

反対に希望条件が曖昧なまま求人を探すと、「この仕事もさっきの仕事も良さそうだから、どちらに応募しようか迷う…」と効率が悪くなりやすいです。短時間で希望に合う求人を見つけられるよう、仕事探しで疲れたと感じた際には、転職活動における優先順位を明確にしましょう。

余裕を持って挑む

転職活動に疲れたと感じる場合、体力面や金銭面で余裕がなくなっている可能性が考えられます。例えば、現職が忙しくて転職活動を進める余裕がない場合や、内定が出る前に仕事を辞めて転職活動が長引いてしまった場合が挙げられます。

このような状況では心身の不調を招きやすく、転職活動で失敗するリスクが高まってしまうため注意が必要です。そのため転職活動を進めるにあたっては、余裕を持ったスケジューリングを心がけましょう。

転職活動に必要な期間は約3ヶ月とされていますが、転職活動を始める時期や希望の職種、あなたの経験などによって異なります。こういった点をふまえ、ひとまず現職を続けながら転職活動を進めると良いでしょう。

もし転職活動が上手くいかなかった場合でも収入が途切れることがなく、良い求人が出るタイミングを待つことも可能です。既に仕事を辞めた状態で余裕がなくなっている場合には、短期バイトなどで金銭的な余裕を捻出すると良いでしょう。

転職活動で疲れた人が採用率を高めるコツ

疲れた状態を改善できたら、以下のコツを使って転職活動の成功率を高めましょう。

  • 自己分析をする
  • 企業研究をする
  • 前向きな転職理由を考えておく
  • 雇用形態にこだわりすぎない
  • 効率良く求人を探せるサイトを使う

上記5つのポイントを確認しておくと採用率を高められるため、今後の転職活動で疲れたと感じづらくなります。効率良く転職活動を成功させられるよう、採用率アップのコツをチェックしていきましょう。

自己分析をする

転職活動で疲れた状況が軽減できた際には、自己分析をして採用率を高めることをおすすめします。これまでを振り返り、「どんな状況で成果を出せたか」「自分にはどんな強みがあるか」などを明確にすると、選考時に上手くアピールでき、転職活動を成功させやすくなるでしょう。

例えば、「月間売上No.1になったことがある」「現職でプログラミングの実務を経験した」というようにスキルや経験の棚卸しをしておけば、選考通過率を高められます。他にも未経験職に挑戦したい場合、職種が変わっても応用できるコミュニケーション能力やスケジュール管理能力などをアピールする方法が有効です。

応募先企業に上手く魅力を伝えて採用率を高められれば、これからの転職活動で疲れを感じづらくなるでしょう。

企業研究をする

転職活動で疲れた状況を改善できたタイミングで企業研究をすると、採用率を高めて効率良く内定をもらえます。これから応募する企業がどんな事業を手掛けており、採用された際にどのような仕事をするのかなどを調べておけば、「企業がどのような人材を求めているのか」が見えてきます。

企業理念や今後の事業計画の他、競合他社の特徴なども把握しておくと、より魅力的な人材と思われやすくなるため、しっかりと企業研究をすることが大切です。企業研究をおろそかにするとなかなか採用されず、転職活動が長期化して「疲れた…」と感じやすいため、できる限り詳しく調べておきましょう。

前向きな転職理由を考えておく

面接などで「なぜ転職しようと思ったのですか?」と聞かれた際に備え、ポジティブな理由を考えておくと、転職の成功率を高められるため、疲れたと感じづらくなるでしょう。前向きな転職理由を伝えると採用率が上がりやすい理由は、採用担当者から「魅力的な人材だ」と思ってもらいやすくなるからです。

反対に転職理由がネガティブだと、不採用のリスクが高まるためご注意ください。例えば、「今の仕事が辛いから転職しようと思いました」と伝えると、「自社の仕事も、そう楽ではない」「この人はすぐ辞めそうだ」と思われ、不採用になりやすいです。

転職活動で疲れたと感じた際にはネガティブな気持ちになりやすいため、前向きな転職理由を考えて採用率を高めましょう。

雇用形態にこだわりすぎない

転職活動で疲れた状況を軽減できた際には、正社員以外の求人もチェックしてみましょう。契約社員や派遣社員などを含めて求人を探すと、希望に近い仕事を見つけられる可能性が高まります。

年齢や職務経歴などによっては、最初から正社員で採用されることが難しいケースもあるでしょう。そういった状況で、「どうしても正社員で採用されたい」と固執すると、転職活動が長期化し、「疲れた…」と感じやすくなります。

入職時には契約社員や派遣社員であっても、ゆくゆくは正社員に登用される求人があるため、広い視野で仕事を探すと良いでしょう。

効率良く求人を探せるサイトを使う

検索条件が豊富で探しやすい求人サイトを使えば、効率良く自分に合う転職先を見つけられるため、転職活動で疲れたと感じにくくなります。他にも希望の求人条件を保存できる求人サイトを使えば、毎回の求人探しをスムーズに進められるはずです。

効率良く求人を探せるサイトを使いたい人には、求人ジャーナルがおすすめです。求人ジャーナルなら様々な検索条件を設定できるうえ、検索条件の保存や年収順の並び替え機能もあるので、希望の転職先を探しやすくなるでしょう。

「早速、求人ジャーナルで転職先を見つけたい」と思った人は、以下から魅力的な求人を探してみましょう。

転職活動に疲れたと感じる人に関するよくある質問

転職活動に疲れたと感じる人は、以下の2点も気になることがあります。

  • 転職した方が良いタイミングは?
  • 異業種に転職するコツは?

少しでも良い転職活動にできるよう、上記のよくある質問をおさえていきましょう。

転職した方が良いタイミングは?

転職を考えた方が良い主なタイミングは、以下の通りです。

  • 理想のキャリアを実現できそうにないとわかった
  • 現職を通じて転職に役立つ経験を積めた
  • 実績ができた
  • 生活環境が変わった
  • 資格を取れた
  • ヘッドハンティングされた
  • 仕事の影響で心身に不調が出てきた

時間が経過すると、希望の働き方や生活環境などが変わるケースがあり、そういったタイミングは転職を考えるのにおすすめのタイミングと言えます。

特に心身の調子が悪くなってきた場合には、早めに転職を検討すると良いでしょう。部署異動や経営者の交代による運営方針の転換など、現職での働き方が変わり、過酷な状況に直面するケースは珍しくありません。そういった状況で無理をし過ぎると心身の不調がひどくなり、回復に時間がかかってしまう恐れがあります。

転職した方が良いのかどうかと迷った際は、長期的な観点で検討することをおすすめします。

異業種に転職するコツは?

異業種に転職するコツは、以下をご覧ください。

  • 活かせる経験・スキルを整理する
  • 転職する理由を明確にする
  • 説得力のある志望動機を考えておく
  • 入社後のキャリアプランをイメージする

上記4点をおさえたうえで転職活動を進めると、異業種での採用率を高められます。異業種への転職率を高めるためには、転職後にどのような活躍が期待できるのかをしっかりアピールすることが大切です。

「具体的には、どのような対策を講じれば異業種に転職しやすくなる?」「異業種に転職する人の割合や、異業種からの転職を受け入れている業界も知りたい」という場合は、以下の記事をご覧ください。

あわせて読みたい
異業種への転職は難しい?受け入れられやすい業種・職種を解説! 転職を考えている人の中には、「これまでのキャリアに一旦区切りをつけて、異業種へチャレンジしてみたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。異業種への転職...

転職活動に疲れた状況を打開するため求人ジャーナルをフル活用しよう

転職活動に疲れたと感じた際には、状況に応じた適切な対処法を実践することで、無理なく採用率を高めましょう。疲れた状態で頑張りすぎると、長期的に見て転職活動に失敗したと感じるリスクが高まります。

「一生懸命転職活動をしたのに、現職より状況が悪くなってしまった…」

このような後悔をしないよう、転職活動に疲れた際は適切に対処し、賢く仕事を探しましょう。希望に合う求人を素早く見つけたい場合、求人ジャーナルの活用をおすすめします。求人数が多く、検索機能が豊富な求人ジャーナルなら、疲れた状況でも希望の求人をサッと見つけやすいです。

「仕事探しの効率を高めて、転職活動に疲れたと感じる状況を避けたい」と思った際は、早速以下から希望の求人を探してみましょう。

\ 転職活動に疲れた状況を打開するため求人ジャーナルをフル活用しよう /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次