第二新卒はいつまで?転職するメリット・採用率を高めるコツとは

第二新卒はいつまで?転職するメリット・採用率を高めるコツとは

「第二新卒っていつまで?」
「今から転職をする場合、第二新卒枠で応募できる?」

そんな人のため、「第二新卒がいつまでなのか」や「第二新卒として転職を成功させるコツ」などをまとめました。第二新卒がいつまでかを把握したうえで、自身のアピールポイントを明確にしておけば、より賢く転職活動を進められます。

効率良く希望に合う求人を探して転職活動を成功させられるよう、「第二新卒はいつまで?」と気になる方に役立つ情報をチェックしていきましょう。

目次

第二新卒はいつまで?基礎知識を解説

第二新卒はいつまでか気になる方のため、基礎知識として以下の2点を解説します。

  • 第二新卒とは
  • 第二新卒とその他の募集区分との違い

第二新卒での転職活動を賢く進めるためにも、上記2つの基礎知識を順に確認していきましょう。

第二新卒とは

第二新卒とは一般的に、新卒入社から3年以内に退職し、転職活動をする人を指します。明確に定義されていないため、20代の転職希望者全般を第二新卒と呼ぶこともあります。

つまり4年生大学を卒業後、すぐに働き始めた人の場合、第二新卒となる時期は23歳~25歳あたりを意味するケースが多いでしょう。

第二新卒とその他の募集区分との違い

新卒や中途など、第二新卒とその他の募集区分との違いについては、以下の表をご覧ください。

第二新卒新卒入社から3年以内の転職希望者
※20代の転職者全般を指すケースあり
新卒学校の卒業直後に入社した人
既卒学校を卒業後、進学・就職をしていない人
中途職務経験がある転職者※第二新卒を含めるケースあり

第二新卒は新卒や既卒と違い、就業経験がある人を指します。また中途採用枠に応募できるケースがある点も、第二新卒の特徴です。

第二新卒が転職する理由は?

第二新卒として転職を希望する人の主な理由は、以下をご覧ください。

  • もっとやりがいのある仕事をしたい
  • 年収を上げたい
  • 休日・残業時間などの働き方に不満がある
  • 会社の将来が不安
  • 職場の人間関係が良くない

仕事内容や働き方の他、労働環境などに不満があり、第二新卒で転職を希望する人がいます。また入社後に会社の経営状況を知り、倒産のリスクを心配して第二新卒としての転職を決意する人もいます。

上記の「第二新卒として転職を希望する人の主な理由」に当てはまった場合、転職を検討するのもひとつの手です。そこで次の項目では、第二新卒として転職をするメリットについて解説します。

第二新卒として転職するメリット

第二新卒として転職をするメリットは、以下の通りです。

  • ポテンシャルを重視してもらいやすい
  • 新卒での就活経験を活かしやすい
  • より良い仕事を選びやすくなる
  • 社会人経験をしている
  • 転職を決意しやすい

次の項目からは、新卒生や30代以降の転職希望者より魅力的だと思われやすい、「第二新卒者の強み」をご紹介していきます。

ポテンシャルを重視してもらいやすい

30代以降の転職希望者より、今後に期待してもらいやすい点が、第二新卒として転職をするメリットです。ポテンシャル重視で採用されやすいため、第二新卒なら30代・40代より未経験職への転職を実現しやすいでしょう。

また熱意をアピールしやすい点も、第二新卒で転職をするメリットと言えます。まだまだ若手と認識されやすい第二新卒なら、熱意とポテンシャルを評価してもらい、未経験職など様々な仕事に挑戦できるという魅力があります。

新卒での就活経験を活かしやすい

「新卒で就活した際、こんな風にアピールすれば良かった」など、過去の経験を活かして転職活動を進められる点も、第二新卒のメリットです。

「入社後に採用担当者から、学生時代に力を入れたことが印象的で採用につながったと教えてもらえた」
「今思うと、もっと企業研究をしておけば、より上手くアピールできたかも」

このように第二新卒者は、求職活動の経験が浅い新卒生ではなかなか気付けないことを発見できる可能性があり、転職活動の成功率を高めやすい点が強みと言えます。

より良い仕事を選びやすくなる

第二新卒で転職する際には、自身の適性や興味のある仕事などを把握しやすいというメリットもあります。新卒生と違って就業経験がある第二新卒者は、実務を通して自身の適性や、やりたい仕事が見えてくることがあるからです。

そのため第二新卒者は新卒生より、面接などで上手く志望動機などをアピールしやすい他、転職後の仕事でやりがいを感じやすいなどの状況を実現しやすいでしょう。このように第二新卒者には、新卒生より良い仕事を選びやすいというメリットがあります。

社会人経験をしている

新卒生と違い、社会人経験をしている第二新卒者には、最低限のビジネススキルが身についているというメリットもあります。具体的には挨拶の仕方や報連相の実施などの点で、第二新卒者は新卒生より魅力をアピールしやすいでしょう。

また社会人経験を通して書類作成スキルを磨いてきた第二新卒者の場合、職務経歴書などの書類選考でも有利になりやすいと考えられます。「新卒生の候補者は書類に不備が見られることもあったけど、第二新卒者はしっかりと書類を仕上げている」というように好印象を持たれると、採用率アップにつなげられるでしょう。

転職を決意しやすい

第二新卒者には、まだ20代であるという点から、転職を決意しやすいというメリットもあります。30代になってくると経験が長くなってくる点や、年齢が高くなってくる点などから、転職しようかどうかと決断できないことは珍しくありません。

一方、第二新卒者を対象とする求人は30代・40代より多い傾向があり、ポテンシャルで採用されやすい点などから、未経験職にも応募しやすいです。このような点から第二新卒者には、30代・40代よりも転職を決意しやすいというメリットがあります。

第二新卒として転職するデメリット

第二新卒として転職をするデメリットは、以下の3つです。

  • 早期退職を懸念されることがある
  • 雇用条件が悪くなる場合がある
  • 出世が難しくなるケースがある

次の項目から、上記のデメリットに関する詳細をわかりやすく解説していきます。

早期退職を懸念されることがある

第二新卒者は選考時に、「忍耐力がないのでは」「入社して数ヶ月で退社されないだろうか」と懸念される可能性がある点がデメリットです。新卒として入社してから数年で退職し、転職活動をする人の中には、物事に長く取り組むことを苦手とする人もいるでしょう。

そういった第二新卒者を採用すると、企業としては採用に関する手間暇やコストが損失となってしまううえ、新しく次の候補者を探さなければいけません。このように第二新卒者には、数年で仕事を退職したことを懸念されやすいというデメリットがあります。

雇用条件が悪くなる場合がある

第二新卒者は経験やスキルで中途採用者より評価されづらいため、年収・福利厚生などの条件面が悪くなる可能性があります。経験やスキルをもとに、転職希望者の年収を決める企業は少なくありません。

そのため職務経験が30代・40代よりも少ない傾向がある第二新卒者は、新卒採用時より雇用条件が悪くなることがあります。ひとつめの仕事を1年未満で辞めた場合などには、ビジネススキルや職務経験などをふまえ、最低ラインの雇用条件からのスタートとなることもあるでしょう。

出世が難しくなるケースがある

新卒採用者のみが出世ルートにのれる企業に入ると、出世しづらい点が第二新卒のデメリットです。会社によっては新卒採用枠のみ、総合職などの「出世ルートを歩みやすい職種」で募集することがあるため、第二新卒では出世しづらくなる可能性があります。

例えば大企業などは新卒生が出世ルートにのりやすいとされており、第二新卒で入社すると後々不満に感じることがあるかもしれません。予め気になる企業の評価制度などを調べておくと、入社後にどのようなキャリアを実現できるのか確認できることがある点をおさえておくと良いでしょう。

第二新卒としての転職がおすすめな人の特徴

第二新卒としての転職がおすすめな人の特徴は、以下をご覧ください。

  • 転職の目的がはっきりしている
  • 現職では改善できない問題がある

「今転職をするべきか」「またどうすれば上手く転職できるのか」などを把握するため、上記2点を確認しておきましょう。

転職の目的がはっきりしている

「別の職種に挑戦をしたい」など、目的が明確な場合は第二新卒として転職をすると良いでしょう。第二新卒はポテンシャルを評価されやすいため、熱意や志望動機をしっかり伝えると転職の成功率を高めやすいです。

新卒として働いたからこそ、自身に合う仕事や、本当にやりたい仕事が見えてくることもあるでしょう。また同じ職種であっても、転職の目的がはっきりしている第二新卒者は、企業側から見ても魅力的に感じやすいです。「明確な目的を持って当社に入りたいと言ってくれているから、長く働いてくれそうだ」と感じてもらいやすい点を活かし、第二新卒として転職をする際には転職目的を明確にしておきましょう。

現職では改善できない問題がある

現職にとどまっても状況を改善できない場合、時間が経つほど転職しづらくなるため、第二新卒での転職をおすすめします。

「薄々気付いていたけど、今の職場にいても希望の働き方ができない…30代になって求人を探しづらくなったから失敗したかも…」

このように現職では改善できない問題があるとわかっていながら決断を先延ばしにすると、いざ転職活動を始めた際に難しさを感じやすくなります。そのため現職で状況を改善する方法がないかを模索し、できることがない場合には転職を検討すると良いでしょう。

なお、現状を改善する方法があるにも関わらず転職をすると、「年収が低くなったうえ、思ったような仕事を任せてもらえない…」など、後悔するリスクが高まるため、注意が必要です。

第二新卒として転職する際におすすめの時期

第二新卒として転職する場合におすすめの時期は、以下の通りです。

  • 4月入社
  • 10月入社

なぜ上記のタイミングが第二新卒の転職時期としておすすめなのか、順に見ていきましょう。

4月入社

第二新卒として転職する際に4月入社をおすすめする理由は、求人情報が増えやすく、新卒生と同じ研修を受けられる可能性があるからです。3月末で定年を迎えるなど、年度末は退職者が出やすい時期と考えられます。

そのため求人情報が増えやすく、第二新卒としての転職時期としておすすめです。また新卒生と同じ研修を受けられれば、転職先での働き方に馴染みやすく、新卒生との結束力も強めやすいため、実務開始後により働きやすくなるでしょう。

10月入社

10月は下半期が始まる時期であり、夏の賞与を受け取った人が退職し、人員不足になる企業があるため、第二新卒として転職する際におすすめのタイミングと言えます。下半期を迎えるにあたり、異動や転勤の辞令を出す企業は珍しくありません。

そのため10月の配置変更などに際し、「人材が不足しているから求人を出そう」と考える企業があります。また7月前後に支給されるケースが多い夏の賞与を受け取り、退職者が増えた企業は、8月~9月あたりに10月入社の求人を出すことがあります。

第二新卒が成功するコツ

第二新卒が成功するコツは、以下をご覧ください。

  • 最低限のビジネススキルがある点をアピールする
  • 長期勤務希望であることを伝える
  • 仕事内容に魅力を感じたことを伝える
  • 柔軟性の高さをアピールする
  • 社風・理念など相性の良い企業を探す
  • 転職理由を前向きに伝える
  • 自己分析をする
  • 希望条件の優先順位を明確にする
  • 先に現職を辞めない

より早く希望の転職先で働けるよう、上記の「第二新卒が成功するコツ」を順に見ていきましょう。

最低限のビジネススキルがある点をアピールする

第二新卒として転職活動を成功させたい場合、電話対応・名刺の渡し方など、最低限のビジネススキルを備えていることをアピールしましょう。職務経験がある第二新卒は、新卒生と比べて即戦力になりやすいと考える企業があります。

そのため最低限のビジネススキルがある点は、第二新卒として転職する際の強みとなるはずです。面接での立ち居振る舞いに注意したり、営業や電話対応の経験がある点などをアピールして基本的なビジネススキルがあることを伝え、第二新卒としての転職を成功させましょう。

長期勤務希望であることを伝える

「地道に実務経験を積み重ね、管理職になりたいです」など、キャリアアップしていきたいことを伝えると、第二新卒としての転職を成功させやすくなるでしょう。その理由は「数ヶ月で辞めるのでは…」などの懸念を払しょくし、採用率を高めやすくなるためです。

第二新卒は忍耐力がないと懸念されやすいため、長期的に働きたいとの姿勢をアピールしましょう。

仕事内容に魅力を感じたことを伝える

社会人経験がある第二新卒者は、自身の適性をふまえた転職活動をしやすい強みがあるため、仕事内容に魅力を感じたことを採用担当者に伝えると、採用率を高めやすいです。新卒生は就職活動の際、年収や会社の知名度などを重視しがちなため、仕事内容の面でマッチしていない求人に応募することがあります。

そのため実務を経験したうえで自身の適性などをふまえ、活躍できる企業を探している第二新卒者は、採用担当者にとって魅力的と思われることがあります。「実務を経験しただけあって、新卒生とは違う説得力がある」と思ってもらえると採用されやすくなるため、第二新卒として転職をする際には仕事内容に魅力を感じたことを伝えると良いでしょう。

柔軟性の高さをアピールする

第二新卒者は柔軟に働く姿勢があるとアピールすることで、評価を高めやすいです。

「30代や40代の求職者に比べて、第二新卒者は早く会社に馴染んでくれそうだ」
「社会人経験が長いと前の会社の社風に染まっていて、当社での仕事に慣れるまで時間がかかりそう…」

このように考えて第二新卒者に魅力を感じる採用担当者がいるため、第二新卒者の若さは大きな武器となります。そのため柔軟に働きたいという意欲や素直な性格であることをアピールすると、採用率が高まる可能性があります。

社風・理念など相性の良い企業を探す

社風や理念に注目して相性の良い企業を探すことをおすすめする理由は、入社後に活躍しやすくなると期待できるからです。例えば堅実に物事を進めるタイプの第二新卒者が、「失敗を恐れず積極的にチャレンジする」という理念を掲げている会社に応募すると、「このタイプは当社に合わない」と判断されやすいです。

反対に、「熟慮して誠実な対応でお客様に貢献する」という理念を掲げている会社なら、堅実なタイプの第二新卒者としては働きやすく、選考時だけでなく入職後も高く評価されやすいでしょう。このようにあなたの強みを発揮するためにも、社風・理念などの点から相性の良い企業を探すことをおすすめします。

転職理由を前向きに伝える

第二新卒者に転職理由を前向きに伝えることをおすすめする理由は、ポジティブに評価されやすく、採用率が高まると期待できるからです。具体的には、以下のような伝え方をすると、前向きな転職理由を伝えられ、良い印象を与えられるでしょう。

「現職で多くのお客様と接するうち、一人のお客様に深く関わってお役に立ちたいと思うようになり、上司や人事担当者に相談しました。しかしそのような業務に携わることが難しいとわかり、御社を志望しました」

反対に、「今の仕事ではやりたいことができないので退職します」など、後ろ向きな転職理由を伝えると、採用担当者から、「当社でも好きな仕事ばかりできるとは限らないから、すぐ退職するのでは…」と思われてしまいかねません。このような点から第二新卒として選考を進める際は、前向きな転職理由を伝えましょう。

自己分析をする

経験やスキルの棚卸しをして、自身の強みを把握することで、第二新卒としての強みとあわせてアピールしやすく、採用率アップが期待できます。書類や面接などの選考で、あなたの魅力をしっかりとアピールするため、職務経験や業務で磨いたスキルなどを整理することをおすすめします。

また希望する企業がどのような人物を求めているのか、競合他社との違いは何なのかなどを調べておくと、自己分析をした内容と上手く関連させて、賢くアピールできるでしょう。

希望条件の優先順位を明確にする

第二新卒者としての転職活動を成功させるためには、年収や休日などの希望に優先順位をつけることをおすすめします。その理由は、あなたの希望に近い求人を効率良く見つけられるからです。

転職先の企業に求める条件を明確にすると、最重要の項目に該当する企業から探し、その次に2番目に重要な項目も満たしている企業を探すというように効率良く希望の求人を絞れます。反対に希望条件が曖昧だと、「この求人も、こっちの求人も魅力的で、どれから応募すればいいか迷ってしまう…」と効率が悪くなるうえ、最も希望に合う求人を見逃してしまうリスクが高まります。

第二新卒として転職活動を進めるためには、自己分析や企業研究のために余力を作ることが重要になるので、希望条件の優先順位を明確にして、効率良く希望に合う求人を絞っていきましょう。

先に現職を辞めない

内定をもらう前に現職を辞めると、余裕がなくなってしまい、第二新卒の転職活動に失敗しやすくなります。具体的には、なかなか採用されなかった場合、先に現職を辞めると収入が途絶えた状況になるので、気持ちに余裕がなくなってくるでしょう。

「このままだと貯金がなくなってしまう…働いていない期間も長くなるし、急いで内定をもらわないと」と焦りが募るほど、転職をする目的や希望条件を忘れてしまいがちになります。そのため内定はもらえたものの、転職してから不満が募り、「こんなことなら現職にとどまっておけば良かった…」と後悔するかもしれません。

このような点から第二新卒として転職をする際には、先に現職を辞めないことをおすすめします。

「第二新卒はいつまで?」と気になる人によくある質問

「第二新卒はいつまで?」と気になる人によくある質問は、以下の通りです。

  • 第二新卒者が転職する場合、どれくらいで内定をもらえる?
  • どんな理由で転職する第二新卒者がいる?

より良い働き方を実現するため、上記2点を順に見ていきましょう。

第二新卒者が転職する場合、どれくらいで内定をもらえる?

第二新卒者の転職活動は、2ヶ月前後で内定をもらえるケースがあります。しかし、あなたの職務経験やスキル、希望条件などによっては、転職活動の期間が3ヶ月以上になる可能性があるため注意が必要です。

人気企業への転職を希望している場合や、新卒で入った会社を数ヶ月で辞めた場合などには、内定をもらうまでに3ヶ月以上かかる可能性が高まる点もおさえておきましょう。

どんな理由で転職する第二新卒者がいる?

第二新卒者が転職をする理由として、「仕事にやりがいを感じない」「残業が多い」「人間関係が良くない」などがあります。ただし上記の理由を選考時にそのまま伝えると、採用率を十分に高められない可能性があるため、以下のように言い換える第二新卒者がいると考えられます。

率直な転職理由選考で伝える転職理由
仕事にやりがいを感じない現職を通して新しい業務に挑戦したいと感じた
残業が多いメリハリをつけて効率良く働けるきたいと考えるようになった
人間関係が良くない各社員が競争する環境ではなく、ひとつのチームとして目標を達成したいと思った

上記のように第二新卒者の転職理由を上手く言い換え、採用率を高めましょう。

第二新卒の強みを活かしたい場合は求人ジャーナルで魅力的な求人を見つけよう

第二新卒の強みを活かして転職活動を成功させるためには、新卒生や30代以降の転職希望者との違いを意識しながら強みをアピールすることが大切です。また第二新卒としての強みに加え、「あなた自身の魅力」や「企業研究で得た情報」もあわせてアピールすれば、さらに採用率を高められるでしょう。

「自己分析や企業研究などにしっかりと時間を使えるよう、効率良く希望に合う求人を探したい」という人には求人ジャーナルがおすすめです。求人ジャーナルには第二新卒関連の求人情報が3万件以上あり、職種や給与、特徴など様々な検索条件を設定できるので、あなたに合う求人を素早く見つけられるでしょう。

\ 第二新卒の強みを活かしたい場合は求人ジャーナルで魅力的な求人を見つけよう /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次