大学生のバイト平均月収・労働時間!賢く稼ぐコツ・おすすめの職種などを解説

大学生のバイト平均月収・労働時間!賢く稼ぐコツ・おすすめの職種などを解説

大学生の平均月収を参考にすると、どのようなアルバイトを探し、どれくらいの時間働けば良いのかを把握しやすくなります。そこで今回は大学生のアルバイトに関する平均月収・平均労働時間などをまとめました。平均月収を超えるコツや、アルバイトを選ぶ際の注意点なども解説します。

また、平均月収以上を稼ぎたい大学生におすすめのアルバイトも紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

大学生バイトの平均月収

大学生バイトの平均月収は、約25,000円~33,000円と考えられます。その根拠として、以下の「令和2年度 学生生活調査結果」をご覧ください。

年度アルバイト年収額
※大学(昼間部)
令和2年度36万7,000円
平成30年度40万2,000円
平成28年度35万6,000円
平成26年度32万2,000円
平成24年度32万3,000円
平成22年度30万7,000円
平成20年度35万8,000円
参考:独立行政法人日本学生支援機構「令和2年度 学生生活調査結果」

上記の通り、大学生バイトの平均年収は約30万円~40万円とされている点から、平均月収にすると約25,000円~33,000円と言えるでしょう。

大学生バイトの平均労働時間

文部科学省 国立教育制作研究所大学生の学習実態に関する調査研究について(概要)」では、大学生のバイト平均労働時間は9.3時間/週とされています。

上記の平均労働時間を4週間で計算すると、一ヶ月あたりの大学生の平均労働時間は約36時間と言えるでしょう。

大学生の平均月収を超える方法

大学生の平均月収を超える方法は、以下の通りです。

  • 時給の高いアルバイトを探す
  • 楽しいアルバイトを探す
  • 長期休暇を活用して集中的にアルバイトをする
  • スキル・専門知識が必要なアルバイトをする
  • 複数の収入源を確保する

平均月収を超えられるよう、上記5点をチェックしていきましょう。

時給の高いアルバイトを探す

大学生の平均月収を超えるためには、時給の高いバイトを選ぶことをおすすめします。時給2,000円のアルバイトをすれば、時給1,000円のアルバイトをしている大学生より、1時間で2倍稼げます。このように効率良く大学生の平均月収を超えるためには、時給の高いアルバイトを探す方法がおすすめです。

時給の高いアルバイトを素早く探したい場合には、求人ジャーナルを活用しましょう。「大学生・短大生・専門学生歓迎」の求人が8,000件以上あり、時給順で並び替えられるので、効率良く時給の高いアルバイトを探せます。

楽しいアルバイトを探す

「また今日も働きたい」と思えるようなアルバイトを見つけられると、大学生の平均月収を超えやすくなります。なぜなら楽しいアルバイトほど、より多くの時間働きやすくなるからです。楽しいアルバイトを探すためには、あなたが興味を持っていることや、あなたの強みを活かせる求人を探すことが大切です。

反対にアルバイトがつまらなかったり、大変過ぎたりすると、毎回の勤務に対してやる気が出ず大学生の平均月収を超えづらくなる点もおさえておきましょう。

「また今日もアルバイトか…休みたいな」
「嫌になったから別のアルバイトをしよう」

このような状況になると大学生のアルバイト平均月収を越えづらくなり、また大学生活も十分に楽しめない可能性があるので、注意が必要です。

長期休暇を活用して集中的にアルバイトをする

集中的に働いて大学生のアルバイト平均月収を超えたい場合には、長期休暇の活用がおすすめです。リゾートバイトなどで働くと、まとまった金額を稼ぎやすく、大学生活の思い出にもなるでしょう。

他にもリゾートバイトのメリットとして、観光地を楽しみながら普段の大学生活では触れ合えない人と出会える点も挙げられます。これらの点から長期休暇などを活用して集中的に働き、大学生の平均月収を超える方法がおすすめです。

スキル・専門知識が必要なアルバイトをする

プログラミング・翻訳などのスキルがある大学生は、強みを活かせるアルバイトを探すことで、効率良く大学生の平均月収を超えられるでしょう。大学で学んでいる内容に近い分野のアルバイトを探すと、高時給の求人を見つけられるかもしれません。

アルバイトを通して専門知識に対する理解を深め、実務で使えるスキルを磨いておくと、就活にも役立つでしょう。

複数の収入源を確保する

アルバイトを掛け持ちをするなど、複数の収入源を確保すると、大学生の平均月収を超えやすくなります。その理由は、空き時間を上手く活用して効率良く稼げるからです。

例えばメインで働くシフト制のアルバイトに、単発バイトを組み合わせれば、「今週はメインのアルバイトでシフトを減らされたから、単発バイトで補おう」などといった稼ぎ方ができます。コンサートスタッフ・引っ越しなどの単発バイトは、勤務時間が長く1日で稼ぎやすい求人もあるため、大学生の平均月収を超えたい場合には、複数の収入源を確保すると良いでしょう。

平均月収を超えたい大学生が注意すべきこと

平均月収を超えたい大学生は、以下の5点に注意しましょう。

  • 扶養内で働くかどうか決めておく
  • 通いやすいアルバイトを選ぶ
  • シフトの相談がしやすいかどうか確認しておく
  • アルバイト先の雰囲気をチェックする
  • 怪しいアルバイトに注意する

次の項目からは、上記5つの注意点について、わかりやすく解説していきます。

扶養内で働くかどうか決めておく

平均月収以上を稼ぎたい大学生は、扶養内で働くかどうかを考えておきましょう。一般的に扶養とは、親族から経済面で助けてもらうことを意味します。税金面では「扶養控除」によって親など、扶養している人の税金が安くなることがあります。

つまりあなたの収入が所定の額を超えると、親などへの課税額が増える可能性があるため注意が必要です。また大学生であっても、年収103万円を超えると所得税が発生するなど、自身の税負担が増える可能性がある点をおさえて、アルバイトの目標収入を設定しましょう。

通いやすいアルバイトを選ぶ

自宅や大学から通いやすいアルバイトを選ぶと長期的に働きやすいため、平均月収を超えやすくなります。反対に「勤務地が遠い」「交通の便が悪い」など、通いづらいアルバイトを選ぶと、負担を感じやすいため注意が必要です。

「往復2時間以上かかるから、毎回大学の授業後に大急ぎで移動しないといけないのは辛い…」

このように通いづらいアルバイトを選ぶと長く働きづらく、退職する場合には、また新しいアルバイトを探さないといけないかもしれません。そのためアルバイトで大学生の平均月収を超えたい場合は、通いやすいアルバイトを選ぶようにしましょう。

シフトの相談がしやすいかどうか確認しておく

大学生がアルバイトを選ぶ際には、シフト調整がしやすいかどうかを確認しておくよう、注意しましょう。テスト・サークルなど、大学の予定と調整しやすいほど、長く快適に働きやすいため、大学生の平均月収を超えやすくなります。

シフト調整が難しいアルバイトを選ぶと、大学の授業を休んだり、サークルに参加できる日数が減ったりと、大学生活全体の充実度を十分に高められないかもしれないため注意が必要です。

アルバイト先の雰囲気をチェックする

平均月収を超えるためには働きやすいアルバイト先を選ぶことも重要なので、応募前に勤務先の雰囲気を調べるようにしましょう。例えば飲食店などのアルバイトに応募する際には、予め客として訪れ、清潔かどうか、人間関係はどうかなどを確認しておくことをおすすめします。

働きづらいアルバイトを選ぶと、楽しんで働きづらく、早い段階で辞めてしまうかもしれません。アルバイト先を頻繁に変えるほど、職場や仕事に慣れづらく、時給も上がりづらくなります。

このような点から、大学生の平均月収を超えたい場合には、予めアルバイト先の雰囲気を見て長く働ける勤務先を選びましょう。

怪しいアルバイトに注意する

大学生の平均月収以上を稼ぎたい場合、「簡単に高収入を得られる」など、怪しいアルバイト情報には注意しましょう。中には真っ当な稼ぎ方とは言えないアルバイトがあり、トラブルに巻き込まれてしまう可能性があるため、うまい話には引っかからないよう注意が必要です。

怪しいアルバイトについては、警視庁も注意喚起をしています。大学生活をしっかり楽しめるよう、怪しいアルバイトには関わらないよう注意しましょう。

平均月収以上を稼ぎたい大学生におすすめのアルバイト

ここでは、平均月収以上を稼ぎたい大学生におすすめのアルバイトとして、以下の3つをご紹介します。

  • 飲食・フード
  • 塾講師・家庭教師
  • 販売

上記3つのアルバイトが、なぜ平均月収以上を稼ぎたい大学生におすすめなのか、チェックしていきましょう。

飲食・フード

大学生の平均月収以上を稼ぎたい場合、飲食店のアルバイトがおすすめです。レストランや居酒屋、カフェなどのアルバイトは、マナーや接客能力などの基本的なビジネススキルを磨けるため、就活などにも役立つでしょう。

また飲食店のアルバイトはシフトの相談がしやすい店舗があり、大学の授業やサークルなどとの予定を調整しやすい可能性があります。大学生歓迎の飲食店バイトが気になった人は、以下からどのような求人があるのかチェックしてみましょう。

塾講師・家庭教師

塾や家庭教師として働けば、これまで勉強してきたことを活かして稼げるため、効率良く大学生のアルバイト平均月収を超えやすいです。求人によって小学生や中学生など、指導対象となる生徒の年代や学力は様々なので、学力に自信がない大学生でも、応募できる求人はあります。

塾講師・家庭教師のアルバイトを探したい大学生は、以下から求人ジャーナルで求人を探してみましょう。時給1,000円台後半を稼げる大学生歓迎の案件も出ることがあるため、高時給で効率良く稼ぎたい大学生は要チェックです。

販売

大学生のアルバイト平均月収を超えたい人に「販売」をおすすめする理由は、未経験でも始めやすく、興味のある仕事を選べるケースがあるからです。販売の仕事内容には接客やレジなどがあり、基本的なコミュニケーション能力があれば応募できる求人があります。

またアパレル店や書店など、販売のアルバイトは様々な業種で募集されることがあるため、あなたが好きな店を選べば、より意欲的に働けるでしょう。店舗やスキルなどによっては在庫管理などを任せられるケースもあるため、対人能力だけでなく管理能力を磨ける可能性もあり、就活などに役立つかもしれません。

大学生のアルバイト平均事情に関するよくある質問

大学生のアルバイト平均事情に関するよくある質問は、以下の2つです。

  • 一人暮らしの大学生の平均月収は?
  • 大学生アルバイトの最高月収は?

上記のよくある質問をチェックして、より良い働き方を模索していきましょう。

一人暮らしの大学生の平均月収は?

一人暮らしの大学生の平均月収は約3万円とされています。仕送りや奨学金などの金額とアルバイト収入を合わせて、毎月の生活費をやりくりする大学生が多く、バイトの平均月収が約3万円でやりくりできるのでしょう。なお一人暮らしの大学生の場合、仕送りや奨学金などを含めた収入合計は約12万円/月と言われています。

大学生アルバイトの最高月収は?

大学生アルバイトの最高月収は、約20万円です。時給1,500円のアルバイトをした場合、約130時間で20万円ほどの収入になります。中には月収30万円以上のアルバイト収入を得る大学生もいると考えられますが、休みが極端に少なくなるなど、大学生活に支障が出る可能性があるため、バランス良く働くことをおすすめします。

大学生のアルバイト平均月収を超えたい人には求人ジャーナルがおすすめ

大学生のアルバイト平均月収は約25,000円~33,000円となっており、一ヶ月あたりの平均労働時間は約36時間とされています。これからアルバイトを始める場合、大学生の平均月収や平均労働時間を参考にすると、授業やサークルなどとのバランスを取りやすくなるでしょう。

効率良く大学生の平均月収を超えたい場合には、求人ジャーナルでアルバイトを探すことをおすすめします。求人ジャーナルには「大学生・短大生・専門学生歓迎」の求人が8,000件以上あるうえ、勤務地や職種などで対象求人を絞れるため、効率良く希望に合うアルバイトを見つけられるでしょう。

\ 大学生のアルバイト平均月収を超えたい人には求人ジャーナルがおすすめ /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次