大学生におすすめの在宅バイト8選!賢く稼ぐコツ・探し方などをご紹介

大学生におすすめの在宅バイト8選!賢く稼ぐコツ・探し方などをご紹介

「大学生におすすめの在宅バイトの中から、魅力的な求人を見つけたい」

そんな人のため、大学生におすすめの在宅バイトや在宅バイトのメリット・デメリットなどをまとめました。在宅バイトと似ている在宅ワークとの違いや、賢く稼ぐコツなども解説します。

より充実した大学生活を送るために役立つバイト情報の探し方もご紹介するので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

大学生におすすめの在宅バイト

大学生におすすめの在宅バイトは、以下の8つです。

  • 勉強系
  • サポート系
  • タイピング系
  • 文章系
  • デザイン系
  • 特技系
  • ビジネス系
  • モニター系

より良い働き方を選べるよう、上記在宅バイトの良いところだけでなく、残念な部分もあわせて見ていきましょう。

勉強系

オンライン家庭教師やオンライン塾講師など、これまでに勉強を頑張ってきた大学生としての強みを活かせる在宅バイトがあります。パソコンやネット環境などがあれば、オンライン家庭教師・オンライン塾講師として働ける在宅バイトが多いです。対面で指導する家庭教師や塾講師のように、現地に行く必要がないので、移動時間が不要な点がオンライン家庭教師・オンライン塾講師のメリットです。

その一方で直接教えられないため、生徒が本当に理解できているのか、授業に集中してくれているのかなどがわかりづらい点がデメリットと言えます。またオンライン家庭教師・オンライン塾講師は直接会わないため、講師と生徒の信頼関係が構築しづらい点もデメリットです。

オンライン授業の場合、対面指導のように「ここからここまでを注意深く読んでみて」といった伝え方では、生徒がどの箇所を読めばいいのかわかりづらいなどの教えづらさもあります。生徒の成績が伸びないと講師の変更を希望されたり、保護者から厳しいことを言われる可能性があるため、家庭教師・塾講師のバイトをする場合、まずは対面で指導してみると良いでしょう。

サポート系

「テレアポ」「メールオペレーター」など、お客様サポート系の在宅バイトも、大学生が応募できるケースがあります。仕事内容はどちらも、お客様とやりとりをすることで、コミュニケーション能力やパソコンスキルが求められる求人が多いです。

例えばテレアポの仕事内容としては、電話で営業担当を派遣するためのアポイントをとることが挙げられます。またメールオペレーターの仕事内容は、特定のサービスに関するメールやチャットでのお問い合わせ対応などがあります。

どちらも相手の状況などを汲み取る力が重要となるため、対人能力の高い大学生におすすめの在宅バイトと言えます。「在宅バイトだと、不明点などを、すぐに同僚や上司に聞けないだろうから不安…」という場合は、オフィスに出社するタイプのサポート系バイトから始めてみることをおすすめします。

タイピング系

在宅バイトを探している大学生には、データ入力や文字起こしなど、タイピング系の仕事もおすすめです。データ入力や文字起こしの仕事内容は、手書きのデータやアンケート結果などをExcelやWordなどにまとめることです。

特別な資格や知識が求められないケースが多いため、未経験でも始めやすい点がデータ入力や文字起こしの在宅バイトのメリットと言えます。また多くの文字をタイピングするため、パソコンスキルを磨けるところも、データ入力や文字起こしの在宅バイトの特徴的です。

ただし中には、1日のノルマが設定されている在宅バイトがあるとされている点には注意が必要です。また膨大な情報をタイピングする在宅バイトがあるため、パソコンに向かう時間が長くなりやすく、モチベーションが下がりやすいなどのデメリットもあります。

文章系

「Webライター」「シナリオライター」など、文章系の在宅バイトも大学生におすすめです。どちらも文章を作る点が共通しており、Webライターはインターネット上の記事を書く仕事です。

またシナリオライターは、ゲームや動画などのシナリオ・ストーリーを書く仕事となります。Webライターやシナリオライターとしてのスキルを磨けば、大学卒業後にも文章を書く仕事で収入を得やすくなるでしょう。

その一方、Webライターやシナリオライターはデータ入力や文字起こしなどの在宅バイトよりも高いスキルが求められる傾向があるため、採用されづらい点がデメリットです。

デザイン系

在宅バイトが気になる大学生は、「Webデザイナー」「動画編集」など、デザイン系の稼ぎ方もチェックしてみましょう。Webサイトなどを作成するWebデザイナーや、YouTube動画などの編集をする動画編集は、クリエイティブな在宅バイトをしたい大学生におすすめです。

どちらも自身の手でWebサイトや動画などの作品を生み出せるため、仕事を終えた時の喜びも感じやすいでしょう。またWebデザインや動画編集のスキルを磨いておくと、就活などの際にアピールしやすく、将来役立つ可能性があります。

Webデザイナーや動画編集の在宅バイトをする場合、PhotoshopやIllustrator、Finai Cut Proなどのソフトが必要になるケースがあります。未経験でも応募できる求人がありますが、HTMLやテロップ入れなど、最低限のスキルを持っている人の方が採用されやすい点はおさえておきましょう。

特技系

特技を活かして稼ぎたい大学生には、ハンドメイド販売・デバッカーなどの在宅バイトをおすすめします。ハンドメイド販売の在宅バイトは手作りのフラワーアレンジメントなどを作る仕事で、ものづくりが好きな大学生や手先が器用な大学生におすすめです。

またデバッカーの在宅バイトでは、プログラムの不具合を見つけて、サービスの改善に貢献する仕事です。他にも17LIVE・TikTokLiveの配信に携わる在宅バイトがあり、歌やアナウンスなどの特技を活かして稼げる求人もあります。

特技を活かして在宅バイトをする場合、出来高制の求人があり、スキルがないと収入を増やしづらい点や、ノウハウを提供してもらえず、自力で稼ぐコツを見つけなければいけない可能性がある点には注意が必要です。「面白そうだから特技を活かした在宅バイトを始めてみたけど、何ヶ月経っても月収1万円を超えられない…」など、いつまで経っても収入が増えないケースもあるでしょう。

ビジネス系

卒業後の仕事をしっかり意識して働きたい大学生には、事務やネットショップでの販売など、ビジネス系の在宅バイトもおすすめです。事務仕事の例としてはスケジュール管理や広告などの資料作成があります。

ネットショップの販売に関する在宅バイトは、フリマサイトなどで商品の撮影・掲載・梱包などをして発送する仕事などがあります。ビジネス系の在宅バイトをしておくと、事務仕事や販売の流れなどを経験できるため、就活などで強みをアピールしやすくなるでしょう。

ただし大学生を対象とした事務系の在宅バイトは、求人数が少なめです。またネットショップ販売などの在宅バイトは、自宅に商品を置く場所が必要とされたり、荷物を受け取りに外出しなければならない求人があったりする点にも注意が必要です。

モニター系

色んなことを体験してみたい大学生は、モニター系の在宅バイトをチェックしてみましょう。モニター系の在宅バイトの仕事内容は、商品を実際に使ってみて、評価したり感想を伝えたりすることです。

スマホで簡単なアンケートに答える仕事や、模試や受験などに関するモニターバイトもあります。ただしモニター・アンケート系の在宅バイトは通常のバイトより稼ぎづらいとされており、月に1,000円未満の収入になるケースもあります。

これらの点からモニター系の在宅バイトが気になった大学生は、求人ジャーナルで在宅以外のバイトを探すことをおすすめします。求人ジャーナルのアンケート・サンプル関連のバイトなら、時給1,500円以上の求人もあり、月収5万円以上を狙うことも可能です。

大学生が在宅バイトをするメリット・デメリット

次は、大学生が在宅バイトをすることのメリットとデメリットを解説します。在宅バイトの良いところと残念なところを把握して、あなたに合ったバイトを選ぶためにお役立てください。

メリット

大学生が在宅バイトをする主なメリットは、自由度が高いところです。勤務先に行く必要がなく、好きな場所で働ける求人が多い点が在宅バイトの大きなメリットと言えます。

中にはいつでも好きな時に取り組んでも良い在宅バイトもあるため、空き時間を有効活用したい大学生にもおすすめです。データ入力など、未経験でも応募できる在宅バイトがある点にメリットを感じる大学生もいるでしょう。

デメリット

自由度が高い反面、出会いが少なかったり、サボれてしまったりするところが、大学生が在宅バイトをするデメリットと言えます。大学生時代に様々な人に会い、コミュニケーション能力を磨いたり、たくさんの価値観に触れられたりすると、将来役立つと期待できます。

しかし在宅バイトをすると自宅から出る機会が減りやすく、充実した大学生活が送りづらくなるかもしれません。また在宅バイトの中には出来高制の求人があるとされているため、最低賃金が保障されていない案件を始めると、月に1万円も稼げない可能性があります。

これらの点から在宅バイトが気になった大学生には、ひとまず通常のバイトをしてみることをおすすめします。家庭教師やコールセンターなど、現地に行ってバイト経験を積むことで、後々在宅バイトで稼ぎやすくなる土台を作れる効果も期待できるので、まずは通常のバイトを探してみましょう。

大学生が在宅バイトで稼ぐコツ

「大学生が在宅バイトで稼ぐのは難しそうだけど、一度やってみたい」という大学生のため、在宅バイトで稼ぐコツをご紹介します。

  • とにかく挑戦してみる
  • 継続する
  • 工夫をする
  • ビジネスマナーをわきまえる
  • 健康管理に注意する
  • 契約内容を確認する
  • 取引先の状況に注意する

「在宅バイトなんてしなきゃ良かった…」と後悔するリスクを避けて賢く稼ぐため、上記7つのコツを見ていきましょう。

とにかく挑戦してみる

大学生が在宅バイトで稼ぐ場合、とにかく挑戦してみて、自分に合う稼ぎ方を絞っていく方法がおすすめです。ある程度自身に合う在宅バイトを見つけたうえで思い切って始めてみると、早く始めた分、「稼ぎやすいかどうか」「向いているかどうか」が早くわかるでしょう。

反対に、「どの在宅バイトで稼ごうか…」と迷うほど、実際に働き始めるまでに時間がかかり、稼ぎづらくなります。迷っている間に数日・数週間という時間が過ぎると、その分様々な在宅バイトに挑戦する時間がなくなってしまうので、限られた大学生活の中でしっかり稼ぎたい場合には、とにかく挑戦してみることをおすすめします。

継続する

出来高制の在宅バイトなどは、取り組み方のコツをつかむまでに時間がかかることがあるため、すぐに諦めない大学生ほど稼ぎやすいでしょう。例えばデータ入力やWebライターなどの在宅バイトは、タイピングスキルや文章の書き方などのスキルを磨くために、時間がかかる可能性があります。

そういったスキル磨きの段階で辞めると、もう少しで在宅バイトで稼げるレベルになれて、しっかりと稼げるチャンスを逃してしまうかもしれません。このような点から大学生が在宅バイトで稼ぐ際には、すぐに諦めず、継続することをおすすめします。

工夫をする

大学生が在宅バイトで稼ぐためには、既に稼いでいる人の真似をしたり、目標を決めて集中的に取り組んだりすることが重要です。具体的には、Webデザイナーの在宅バイトで稼ごうと思った際には、既にWebデザインのバイトで稼いでいる人からコツを教えてもらうなどの方法があります。

在宅バイトであっても先輩からノウハウを教えてもらえる求人があるので、効率良く在宅バイトで稼いでいきたい大学生は、先輩から教えてもらうなどの成果を出すための工夫をしましょう。

ビジネスマナーをわきまえる

基本的なビジネスマナーをおさえたうえで取り組むことも、大学生が在宅バイトで稼ぐうえで重要です。「敬語を使う」「納期を守る」など、在宅バイトで稼ぐうえでの基本がなっていないと、なかなか採用されなかったり、仕事を依頼されなくなったりする可能性が高まります。

在宅バイトは自宅で取り組めるため、気が緩んでしまう大学生もいます。緊張感を持って取り組めないと、在宅バイトでうまく稼ぐことが難しくなる点には注意が必要です。

健康管理に注意する

大学生が在宅バイトをする場合、仕事をしすぎて体調を崩してしまわないよう注意が必要です。出来高制の在宅バイトを選ぶと、慣れるまで上手く業務を進められず、月に1万円も稼げない状況になることもあります。そういった際、深夜や朝方まで無理をして取り組み、体調を崩してしまうと大学生活に悪い影響が生じてしまいます。

「在宅バイトで頑張ったのに普通のバイトより稼げず、単位も落としてしまった…」といった失敗をしないよう、大学生が在宅バイトをする際には健康管理に注意しましょう。

契約内容を確認する

在宅バイトで稼ごうとしている大学生は、時給や仕事の進め方などを事前にしっかり確認しておきましょう。中には「簡単」「高収入」などの魅力的な求人情報を掲載し、教材費などの請求をしてくる業者があるとされています。このような場合、「業務提供誘引販売取引」にあたる可能性があり、状況に応じて特定商取引法など、消費者を守るルールがあることを把握しておくことも重要です。

他の求人と比べて魅力的すぎる場合などには、特に契約内容の確認をしっかりするようにしましょう。

取引先の状況に注意する

大学生が在宅バイトで稼ぐ際には、信頼できる企業が運営しているかどうかを確認するなど、取引先の状況にも注意が必要です。例えば仕事内容やバイト代を突然変更してくる企業のもとで働くと、稼ぎづらくなるでしょう。

在宅バイトはオフィスなどに行かないため、取引先の状況がわからず、経営が傾いていることなどを把握しづらい点もデメリットです。「気づかないうちに在宅バイト先が倒産して、急に収入がなくなった…」といった状況を避けるためにも、在宅バイトで稼ぎたい大学生は取引先の状況に十分注意しましょう。

大学生におすすめの「在宅バイトの探し方」

大学生が在宅バイトを探す主な方法は、以下の4つです。

  • 求人サイト
  • 仲介業者への登録
  • クラウドソーシング
  • 知人などからの紹介

どのような方法で在宅バイトを始められるのか、順に見ていきましょう。

求人サイト

大学生が在宅バイトを探す場合、求人サイトから見つける方法があります。様々な求人サイトがあるため、希望に近い求人を多く掲載している求人サイトを探してみると良いでしょう。

オンライン家庭教師などの勉強系在宅バイトが多い求人サイトや、データ入力などのタイピング系在宅バイトが多い求人サイトがあるので、まずは色んな求人サイトを見てみることをおすすめします。

仲介業者への登録

「在宅バイトを探しているけど、もしかしたら在宅ワークの方が魅力的かも」と感じた大学生は仲介業者からの受注で稼ぐ方法もあります。雇われて働く在宅バイトと違い、在宅ワークは個人事業主として働きます。

大学生の中には在宅バイトと在宅ワークを同じ働き方だと認識している人がいるため、「よく調べてみると、自分のやりたいことは在宅ワークだ」と感じることもあるでしょう。そんな時は在宅ワークの仕事を仲介してくれる業者に登録するなどして案件を紹介してもらうと、スムーズに稼ぎ始められる可能性があります。営業や報酬の受け取りなどを代行してくれる仲介業者があるため、うまく活用すると効率良く収入を増やせるはずです。

クラウドソーシング

「在宅バイトに加えて、在宅ワークの案件も探したい」という大学生は、クラウドソーシングを使ってみるのもひとつの手です。クラウドソーシングとは、クラウドソーシングサイトと呼ばれるWebサイトを使って案件を見つける方法です。

仕事を発注する人や企業がクラウドソーシングサイトに求人情報を掲載し、在宅ワーカーが応募して、採用されれば仕事に取り組み、報酬を得られます。クラウドソーシングサイトには様々なサイトがあり、扱う案件が異なるケースも珍しくないので、在宅バイトとあわせて在宅ワークの案件も探したい場合には、複数のクラウドソーシングサイトに登録すると良いでしょう。

知人などからの紹介

在宅バイトを始めたい大学生には、先輩や友人などからの紹介で働く方法もおすすめです。既に在宅バイトをしている知人がいる場合、どのような働き方をして、毎月どれくらい稼げるバイトなのかを教えてもらえるかもしれません。

また知人から紹介してもらった在宅バイトなら、信頼して働きやすい点もメリットと言えます。

大学生の在宅バイトに関するよくある質問

大学生の在宅バイトに関するよくある質問は、以下の通りです。

  • 在宅バイトと内職の違いは?
  • 大学生が在宅バイトをすると確定申告は必要?
  • 在宅バイトをする際、選考・研修はある?
  • 在宅バイトをしてトラブルになった際の相談先は?

あなたに合うバイトを見つけられるよう、上記4点を順にチェックしていきましょう。

在宅バイトと内職の違いは?

在宅バイトと内職は、同じ意味合いで使われるケースが多いです。どちらも雇われて自宅で働くことを意味することが多く、大きな違いはないとされています。

ただし在宅ワークと在宅バイトは、働き方が違います。在宅ワークは個人事業主を指すことが多く、在宅バイト(内職)は雇用されて働くことを意味するケースが多いです。

その一方で在宅ワークと在宅バイトを同じ意味で使う大学生もいるため、実際に求人を探す際には、雇われて働きたいのかどうかに注意することをおすすめします。

確定申告は必要?

在宅バイトをする場合、源泉徴収をしてもらう場合は、基本的に確定申告は不要です。ただし複数の在宅バイトをしている大学生や、バイト先が年末調整をする前に退職した大学生などは確定申告が必要になることがあります。

他にも年末調整済みの給与所得以外に所定額以上の所得がある場合などには、在宅バイトによる確定申告が必要になるケースもあります。あなたの状況で確定申告が必要かどうかが気になった場合には、以下のページをご参考ください。

選考・研修はある?

在宅バイトの応募後に選考や研修があるかどうかは、それぞれの求人によって異なります。そのため募集要項を詳しく見て、選考や研修に関する情報を得ておくと良いでしょう。

未経験で在宅バイトを始める際には、研修やマニュアルなどが充実している求人に応募することをおすすめします。

トラブルになった際の相談先は?

在宅バイトや在宅ワークをしてトラブルになった場合の相談先としては、以下があります。

あなたの状況に合わせて、適切な問い合わせ先を探すためにお役立てください。

魅力的な在宅バイトで大学生活を充実させるため求人ジャーナルを活用しよう

勉強系やサポート系など、大学生におすすめの在宅バイトはたくさんあります。本記事で紹介した在宅バイトの中から、あなたに合う求人を探せば、より希望に近い稼ぎ方ができるでしょう。

その一方で大学生が在宅バイトをする場合、出会いが少なくなったり、サボれたりするデメリットには要注意です。在宅バイトを探しているうちに、個人事業主として働く在宅ワークの求人に応募してしまったり、教材費などの思わぬ請求をされたりするケースもあるので、より安心して働きたい大学生には、通常のバイトがおすすめです。

在宅バイトのように自由度が高い、一般的なバイトを探したい大学生は求人ジャーナルをご活用ください。求人ジャーナルには大学生歓迎のバイトが8,000件以上あり、「未経験者・初心者歓迎」「オープニングスタッフ」などの検索条件を設定できます。より充実した大学生活を送るためのバイト探しに役立つ情報をたくさん紹介しているので、早速求人ジャーナルを使ってみましょう。

\ 魅力的な在宅バイトで大学生活を充実させるため求人ジャーナルを活用しよう/

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次