バイトの種類とは?職種・勤務期間・手当などをご紹介

バイトの種類とは?職種・勤務期間・手当などをご紹介

今回はバイトの種類別に、どのような特徴があるのかを解説します。職種別・勤務期間別に見るバイトの種類の他、手当や税金などの支払いに関する種類もまとめました。

この記事を最後まで読むと、様々なバイトの種類を把握したうえであなたに合う求人を探せるようになります。効率良く希望に合うバイトを見つけるため、ぜひ最後までご覧ください。

目次

職種別|バイトの種類

まずは職種別に見るバイトの種類として、以下の7つを解説します。

  • 飲食系
  • 販売系
  • サービス系
  • 教育系
  • オフィスワーク系
  • 工場系
  • イベント系

次の項目から、上記7種類の職種について詳しく見ていきましょう。

飲食系

ここでは飲食系のバイトとして、以下の3種類を解説します。

  • レストラン
  • カフェ
  • 宅配・デリバリー

上記3種類のバイトにどのような特徴があるのか、お伝えしていきます。

レストラン

レストラン系のバイトはファミレス・ファーストフード・居酒屋などの種類があります。主な仕事内容は、ホール・キッチンに大別できます。レストラン系バイトの魅力は調理方法を学べたり、まかないや従業員割引などの福利厚生があったりするところです。

学生・フリーター・主婦など、店によって様々な人が働いているので、気になるレストラン系バイトが見つかった際は、実際にお店に行って様子を見てみると良いでしょう。

カフェ

カフェ系バイトの業務内容は、ホール・キッチンの2種類に分けられます。お店の規模が小さい場合には、ホール・キッチンの両方を兼ねるケースもあるでしょう。

カフェ系のバイトには、ラテアートなどのやり方を学べるお店があったり、勤務をすると無料でドリンクを飲めたりするお店があります。早朝から営業している店があるため、朝早く働きたい人にもカフェバイトがおすすめです。

宅配・デリバリー

飲食系における宅配・デリバリーは、フードの配達やチラシ配布などの種類に分けられます。基本的にはピザやカレーなどのフードを配達し、配達がない場合にはチラシを配りに出るなどの仕事内容になるでしょう。

宅配・デリバリー系のバイトは、様々な場所に行くため気分転換になりやすく、色んな道を覚えられるなどのメリットもあります。

販売系

次は販売系バイトとして、以下の2種類をご紹介します。

  • スーパー・コンビニ・ドラッグストア
  • アパレル

上記2種類のバイト内容や特徴などを見ていきましょう。

スーパー・コンビニ・ドラッグストア

スーパー・コンビニ・ドラッグストアでのバイト内容は、商品の陳列・接客の2種類にわけられます。接客の内容はレジや商品の場所を案内するなどがあり、店舗によってはポイントカードの発行や軽食の調理などに携わるバイトもあるでしょう。

どの店舗でバイトするかによって、担当業務や勤務日時が異なるケースが多いですが、基本的に業務内容が似ているため、一度スーパーなどで働けば別の店舗でも活躍しやすいと言えます。

アパレル

アパレル系バイトの内容は、接客・品出し・整理の他、マネキンに着せる服のコーディネートなど様々な種類の業務に携わります。他にも勤務時間によっては店内清掃などの仕事をするケースもあるでしょう。

アパレル系のバイトをすると、社割で服を購入できることがあるので、お気に入りのショップでバイトするとお得に感じられる可能性があります。

サービス系

ここではサービス系のバイトとして、以下の2種類を解説します。

  • 引越し
  • 警備員

次の項目からは、サービス系バイトの特徴や魅力などを見ていきましょう。

引越し

引越しのバイト内容は「家具などの搬出・搬入」「日用品の梱包など」の2種類に大別できます。3月前後の繁忙期は求人が増えやすく、時給が高く設定される引越しバイトも少なくありません。

基本的には重たい荷物を持つなどの体力仕事となりますが、梱包業務などで活躍する女性もいます。このように体力に自信がなくても引越し系バイトに応募できるケースがある点もおさえておきましょう。

警備員

警備員の主なバイト内容は、商業施設の見回り・安全確認などです。担当した範囲で事故やトラブルなどがないかどうかをチェックする仕事となるため、注意力のある人や、状況に応じて適切な判断ができる人におすすめと言えます。

基本的に警備員の仕事は比較的簡単な種類が多いとされている点や、多くの人と関わるケースが少ない点などが特徴的です。

教育系

次は教育系のバイトとして、以下の2種類をご紹介します。

  • 塾講師・家庭教師
  • 試験監督

どちらのバイトも勉強系の仕事に携わるケースが多く、学生などにおすすめと言えます。次の項目から、上記2つの教育系バイトの特徴について確認していきましょう。

塾講師・家庭教師

塾講師・家庭教師のバイト内容は、大きく集団指導・個別指導の2種類に分けられます。小学生や中学生などに勉強を教える塾講師・家庭教師のバイトは、難関大学生でなくても応募可能なケースがあります。

勉強が苦手なお子さまを指導する場合、勉強が苦手だった先生が担当した方が上手くいくことがあるので、学歴に自信がなくても塾講師・家庭教師のバイトをチェックしてみると良いでしょう。

お子さまに勉強を教えているうちに、あなた自身の理解が深まったり、勉強に対する良いイメージが湧いてきたりする可能性がある点も、塾講師・家庭教師系バイトのメリットです。

試験監督

試験監督系のバイトでは、資格試験や受験の模試などで問題用紙を配布したり、試験中に不正がないかチェックしたりします。試験時間中は余裕を持って過ごしやすい点や、試験に挑む人を見て勇気づけられる点などが、試験監督系バイトの魅力です。

覚えることが少な目で単発バイトが多いため、空いた時間を活用して気楽に稼ぎたい人は試験監督系バイトをチェックしてみると良いでしょう。

オフィスワーク系

次はオフィスワーク系に分類できる、3種類のバイトを解説します。

  • 一般事務
  • 電話対応・コールセンター
  • データ入力

オフィス系バイトはパソコンを使うケースが多い一方、同僚やお客様との関わり方が異なるなどの違いがあります。あなたに合うオフィス系バイトがあるかどうか把握するため、上記3種類のバイトの特徴を見ていきましょう。

一般事務

一般事務のバイト内容は書類作成や電話応対の他、伝票整理などに携わることもあり、多くの種類・タスクをこなすことがあります。基本的にはパソコンを使うケースが多く、タイピングスキルや文書作成能力などを磨きやすい点が一般事務の特徴です。一度仕事を覚えるとルーティンワークになりやすいため、一般事務の仕事は簡単と感じられるかもしれません。

一般事務のバイトは平日・日中に働ける人が募集されやすいため、学生よりもフリーターの方が有利になりやすいでしょう。また同僚や取引先とのやりとりが多いバイトもあるため、コミュニケーションスキルがあると、より活躍しやすいと考えられます。

電話対応・コールセンター

電話対応・コールセンターのバイト内容は、アウトバウンドとインバウンドの2種類に分けられます。どちらも電話越しにやりとりをするため、コミュニケーション能力や説明能力を磨ける点がコールセンター系バイトの特徴です。

コールセンター系のバイトはお客様と直接会うことが少ないため、髪や服装の自由度が高い傾向があります。また勤務時間が複数ある求人があり、プライベートなどの兼ね合いを見ながらシフトの相談ができるケースも珍しくありません。

データ入力

会議やアンケートの音声・資料などをパソコンに入力する仕事がデータ入力系のバイト内容です。中には在宅勤務可能なデータ入力系バイトがあるので、通勤の負担を減らせる可能性があります。

またデータ入力系バイトは、黙々とタイピングする求人がある点から、多くの人と関わりたくない人にもおすすめのバイトと言えます。特別な資格や経験を必要としない求人もあるなどの応募のしやすさ・取り組みやすさも、データ入力系バイトの魅力です。

工場系

次は工場系のバイトとして、以下の2種類を解説します。

  • 軽作業・組立など
  • フォークリフト作業・玉掛け・クレーン作業

効率良く稼げたり正社員になれる求人があったりと、様々な魅力があるので、具体的な特徴などを見ていきましょう。

軽作業・組立など

軽作業・組立などの主なバイト内容は、商品の仕分けや不備のチェック、組立作業などです。深夜手当がつくバイトがあり、効率良く稼げる求人があるため、夜間に働ける人は軽作業・組立系のバイトを探してみると良いでしょう。

軽作業・組立などのバイトは黙々と働けるケースが多く、短期・単発で募集している求人もあります。梱包や発送業務に携わるバイトもあるため、少しずつ色んな種類のスキルを磨くと様々な求人に応募でき、勤務開始後にも評価されやすいでしょう。

フォークリフト作業・玉掛け・クレーン作業

資格を活かして働きたい場合には、フォークリフト作業・玉掛け・クレーン作業のバイトがおすすめです。フォークリフト作業・玉掛け・クレーン作業のバイト内容は入荷・出荷関連の業務などで、専用の機械を操作して重い荷物・材料などを移動させることが多いです。

中には資格を取るための支援やフォローを受けられるバイトがあり、そのような求人に応募することでフォークリフト作業・玉掛け・クレーン作業のバイトでより活躍できるでしょう。

イベント系

次はイベント系のバイトとして、以下の2種類を解説します。

  • イベントスタッフ
  • 季節限定バイト

上記2種類のイベントバイト系に、どのような特徴があるのかチェックしていきましょう。

イベントスタッフ

イベントスタッフのバイト内容には、音楽・スポーツなどでのお客様誘導やチケット販売などの種類があります。単発バイト・短期バイトが多く、日払い・週払いに対応している求人があるため、柔軟に働きたい方や少しでも早く給料を受け取りたい方には、イベントスタッフがおすすめです。

あなたの好きなイベントが開催される際にイベントスタッフバイトをすれば、似た趣味を持つ仲間を作りやすいなどの魅力もあります。

季節限定バイト

季節限定バイトには、スキー場での案内業務やクリスマス・正月関連の商品製造などがあります。他の種類のバイトより短期や単発バイトが募集されやすい季節限定バイトは、集中的に稼ぎたい人におすすめです。リゾートバイトを探したい場合には、以下のリンクで希望に合う求人があるかどうかチェックしてみましょう。

また季節限定などの短期バイト・単発バイトについては、以下のページでお探しいただけます。

勤務期間別|バイトの種類

勤務期間別に見るバイトの種類は、大きく以下の3つに分けられます。

勤務期間別に見るバイトの種類勤務期間主なバイト
単発バイト1日~数日試験監督イベントスタッフなど
短期バイト数日~数ヶ月軽作業・組立など引越し警備員リゾートバイト季節限定バイトなど
長期バイト半年以上レストランカフェスーパー・コンビニ・ドラッグストアアパレル一般事務など

単発バイトや短期バイトは比較的取り組みやすい業務が多く、応募時に専門的な知識・スキルなどを求められないことが多いです。また単発バイトや短期バイトの中には、日払いや週払いに対応している求人があります。短期バイトの中には繁忙期などに集中的に働ける人を求められる求人があり、短期間でしっかり稼ぎたい人は魅力を感じやすいでしょう。

なお長期バイトは基本的に半年以上働ける人を募集するケースが多く、長期的に安定した収入を得られる点が魅力的です。シフトの相談ができたり未経験から始められたりする求人がある他、バイトから始めて正社員になれることもあります。時間の経過と共に様々なスキルを磨け、時給がアップしやすい点も長期バイトのメリットです。

その他|バイトで支給されるものの種類

「バイトをした際に受け取れるものの種類が知りたい」という人は、以下をご覧ください。

残業手当1日の労働時間が8時間を超えた際に支給される割増賃金のこと
休日手当本来休日であるにも関わらず出勤した場合に支給される割増賃金のこと
深夜手当原則として22時~5時までに働いた際、支給される割増賃金のこと
その他通勤手当・皆勤手当など、法律で支給が義務付けられていないが各企業が任意で支給する手当のこと

上記のうち、「その他」以外の手当は法律で支給が義務付けられています。「少しでも多くの手当をもらって前向きに働きたい」という場合には、法律での支給が義務付けられていない「その他」の支給物をチェックすると良いでしょう。

バイトにかかる支払義務の種類

バイトをした際に生じる主な支払負担の種類は、以下をご覧ください。

所得税年間所得が所定額を超えた場合に発生する税金(国税)のこと。基本的には年収103万円未満の場合、所得税は発生しない。
住民税年間所得が所定額を超えた場合に発生する税金(地方税)のこと。住民税は所得割・均等割の2種類に大別され、両方に課税されない世帯は「住民税非課税世帯」などと呼ばれる。
社会保険料社会保険料とは勤務先の社会保険組合に加入した際に生じる保険料のこと。年間収入106万円を超えると社会保険への加入義務が生じるケースが多い。

しっかりと稼ぎたいと思っても、上記のような支払負担を把握しておかないと、手元に残る金額が少なくなってしまう可能性があるため注意が必要です。所得税や住民税、社会保険料の支払額については状況によって異なるため、あなたの状況の場合にいくら稼ぐと、いくらの支払いが生じるのかをある程度把握して、賢く働くことをおすすめします。

バイトの種類に関するよくある質問

バイトの種類が気になる人は、以下も疑問に思うことがあります。

  • 大学生にはどの種類のバイトがおすすめ?
  • 高校生にはどの種類のバイトがおすすめ?

よりあなたに合うバイトを選べるよう、上記2つのよくある質問を確認しておきましょう。

大学生にはどの種類のバイトがおすすめ?

大学生におすすめのバイトの種類は、飲食系・教育系・販売系です。なぜなら飲食系や教育系などのバイトは大学生が採用されやすく、働きやすいケースが多いからです。

例えばレストランやファーストフード、家庭教師などのバイトは大学生歓迎の求人があり、実際に大学生が働いている店舗もあるため、大学生のバイト仲間を増やせる可能性があります。塾講師・家庭教師系のバイトだと大学受験をした経験や、これまで勉強に励んできた経験などを活かして稼げるので、大学生におすすめです。

大学生のバイト事情が気になった方は、以下の記事で大学生バイトの平均月収や平均労働時間などもチェックしてみましょう。

あわせて読みたい
大学生のバイト平均月収・労働時間!賢く稼ぐコツ・おすすめの職種などを解説 大学生の平均月収を参考にすると、どのようなアルバイトを探し、どれくらいの時間働けば良いのかを把握しやすくなります。そこで今回は大学生のアルバイトに関する平均...
高校生にはどの種類のバイトがおすすめ?

高校生におすすめのバイトの種類は、飲食系・販売系・工場系などです。その理由として「高校生歓迎の求人がある」「シフトの融通がききやすい」などがあります。高校生歓迎の求人を選べば、研修やフォロー体制が充実しているバイト先で働きやすく、テストや部活などへの配慮をしてくれることも期待できます。

「高校生におすすめのバイトについて、さらに詳しく知りたい」と思った人は、以下の記事もあわせてご覧ください。

あわせて読みたい
高校生におすすめのバイト26選!初めてでも安心・学校と両立OK 高校生がバイトを探す場合、次のような点を重視する方が多いでしょう。 家や学校から近く、通いやすいか 学校や部活と両立できるか シフトの融通が利くか とくにシフト...

バイトの種類を把握した後は求人ジャーナルで希望の求人を探してみよう

職種や勤務期間など、様々な点からバイトの種類を把握しておくと、あなたの希望に合う求人を見つけやすくなります。あわせてバイトで支給される手当や、バイト収入を得ることによって生じる可能性がある税金などをチェックしておくと、より賢く働けるでしょう。

「バイトの種類がわかったから、自分に合うバイトを効率良く探したい」と思った人は、求人ジャーナルをご活用ください。求人ジャーナルでは7万件以上のバイト情報を掲載しており、勤務地や職種の他、各求人の特徴・スタイルなどでの絞り込みもできます。

効率良くあなたに合う求人を見つけられる他、魅力的な求人を見逃しづらくなるなどのメリットもあるので、バイトを探す際には以下から求人ジャーナルを使ってみましょう。

\ バイトの種類を把握した後は求人ジャーナルで希望の求人を探してみよう /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次