コンビニバイトはきつい?楽?仕事内容やメリットがどんな感じか解説

コンビニバイトはきつい?楽?仕事内容やメリットがどんな感じか解説

「コンビニバイトはきつい?それとも楽?」

そんな方のため、コンビニバイトの仕事内容やメリット・デメリットなどをまとめました。コンビニバイトがきついと感じないためのチェックポイントや、コンビニバイトがきついと感じにくい人などもお伝えします。

平均時給や勤務時間の点から見るコンビニバイトについても解説するので、ぜひお役立てください。

目次

コンビニバイトはきつい?楽?仕事内容を解説

「コンビニバイトがきついのか、楽なのか知りたい」という方は、まずどのような業務内容があるのか確認してみましょう。

  • レジ
  • 商品陳列
  • 調理
  • 商品発注
  • 清掃
  • 機器管理

次の項目からは上記6つの「コンビニバイトにおける業務内容」について、解説していきます。

レジ

コンビニバイトの仕事内容には以下のようなレジ業務があり、慣れるまではきついと感じる可能性があります。

  • 商品の会計
  • 切手・タバコなどの販売
  • 郵便物の受付
  • 公共料金関連の支払受付など

上記の通りコンビニバイトのレジ業務は対応範囲が広く、その分必要な知識も少なくないため、働き始めてすぐの頃はきついと感じるかもしれません。その一方でコンビニバイトのレジ業務に慣れると、ほぼ同じ仕事を繰り返すことになるので、楽と感じる人もいるでしょう。

商品陳列

足りなくなった商品の補充などの陳列業務は、コンビニバイトの仕事の中でも、きついと感じづらいと言えるでしょう。その理由は一日に数回しか品出しがなく、重労働になるケースが少ないからです。

新しい商品を補充する際、先に置かれている商品を前に出したり、奥に隠れて見えづらくなっている商品の位置を変えたりといった仕事内容なので、きついと感じづらい業務と考えられます。ですがお店が忙しくなる前に品出しをするなどの段取りは重要になってくるので、効率良く業務を進める力が求められると言えるでしょう。

調理

全く料理をしたことがない場合、コンビニバイトの調理業務がきついと感じるかもしれません。レジの横に置かれているホットスナックや唐揚げ、肉まんなどの調理はマニュアルに沿って行えばそれほど難しくありません。

ただし全く料理をしたことがない人は、調理方法やフライヤーなどの機器を扱う方法に慣れるまではきついと感じる可能性があります。

商品発注

コンビニバイトの中でも比較的、責任感を持って取り組まなければいけない商品発注は、管理スキルに自信がない場合、きついと感じやすいでしょう。発注量を適切に調整しなければいけないため、過不足のないよう、各商品の数を管理しなければいけないからです。

ただし商品発注業務は店長や社員が担当するケースが多く、バイトが担当することは少ないでしょう。

清掃

綺麗好きの人はコンビニバイトの清掃業務について、きついと感じづらいと考えられます。コンビニ業務の清掃内容は、店内のモップがけやトイレ掃除などです。

その他にも陳列棚やフライヤーなどの掃除や、駐車場に落ちているゴミを拾うなどの清掃業務もあります。

機器管理

コンビニでバイトをする場合、機器管理の業務できついと感じる可能性があります。その理由はコピー機やチケット販売機、ATMなどの操作方法を把握しておかないといけないからです。

普段コピー機やチケット販売機などを使い慣れていない人は、お客様に機器の操作方法を案内する際、「難しい」「きつい」と感じるかもしれません。

時給をふまえてきついか確認!コンビニバイトの稼ぎはどんな感じ?

コンビニバイトの平均時給は1,100円ほどとされています。地域によってコンビニバイトの平均時給は異なり、基本的には地方よりも首都圏の平均時給の方が高くなりやすいです。

またコンビニバイトでは、深夜や早朝の時間帯の平均時給が高くなりやすいです。少しでも高い時給で働きたい場合には、地域や働く時間帯などに注目すると良いでしょう。

勤務時間から見るとコンビニバイトはきつい?楽?

コンビニバイトはシフト制を採用していることが多いため、プライベートとのバランスを取りたい人にとってはきついと感じづらいでしょう。時間帯別に見ると、「朝の通勤時」や「昼休み」が忙しい時間帯となり、コンビニバイトがきついと感じるかもしれません。

逆にそれ以外の時間は混みあうことが少なく、特に深夜はお客様がほとんど来店しないケースもあるため、楽だと感じやすいでしょう。

コンビニバイトのメリット|きついか楽かチェック

「コンビニバイトがきついか楽かをチェックするため、どんなメリットがあるのか知りたい」という人は、以下をご覧ください。

  • 業務内容を覚えると楽
  • フォローが充実している
  • 同世代の仲間を作りやすい
  • 様々なスキルを磨ける
  • 効率良く働ける

次の項目からは上記5つの「コンビニバイトのメリット」を解説していきます。

業務内容を覚えると楽

コンビニバイトはどの時間帯に勤務する場合でも、業務内容はほぼ同じになるケースが多いため、仕事を覚えるときついと感じづらいでしょう。レジや商品陳列など、最初は覚えることが多くてきついと感じるかもしれません。

ですが「慣れるまでの辛抱」と考えれば、より前向きに取り組めるはずです。

フォローが充実している

店舗によってはマニュアルや研修が充実しているコンビニバイトがあるため、「きついと聞いていたけど、むしろ楽かも」と感じられるかもしれません。店長や先輩に恵まれれば、より手厚くフォローしてもらいながら業務を覚えていけるでしょう。

またコンビニバイトの求人では、未経験者歓迎・高校生歓迎などと記載されていることは珍しくありません。このような歓迎条件にも注目すると、未経験だったりブランクがあったりする場合でも、より取り組みやすいでしょう。

同世代の仲間を作りやすい

コンビニでは店舗や時間帯によって、様々な人がバイトしているので仲間を作りやすい点から、それほどきついと感じない人がいます。大学生や高校生の他、主婦やフリーターなどがコンビニでバイトしていることがあるので、様々な人と関われる点が魅力的です。

「仲間と協力して働けるから、コンビニバイトをもっと続けたい」

このように思えればコンビニバイトがきついと感じづらく、むしろ楽しく充実した働き方を実現できると言えるでしょう。

様々なスキルを磨ける

コンビニバイトがきついと感じた場合、様々なスキルを磨けている状況であると考えられ、今後のバイトや就活などに活かせる点がメリットと言えます。接客や商品陳列の他、在庫管理や宅配便の受付、調理など様々なスキルを磨けるコンビニバイトは、慣れるまできついと感じるかもしれません。

しかしきつい状況を乗り越えた際には、様々なスキルを身に付けられていると考えられるため、「今後の仕事・人生で役立つことがある」「色んな人に対応する柔軟性が磨ける」などと前向きに取り組むと良いでしょう。

効率良く働ける

24時間営業のコンビニがあり、深夜や早朝などに割増賃金でバイトできるため、効率良く稼ぎたい場合、きついと感じづらいでしょう。特に深夜はお客様が少ない傾向があるため、「割増賃金をもらえるうえ、業務が楽」と思えるかもしれません。

ただしコンビニの中には24時間営業をしていない店舗もあるので、勤務できる時間帯を予め確認しておくことが重要です。

きついと感じる要因は?コンビニバイトのデメリット

「コンビニバイトはきつい?」と思った人は、以下のデメリットについてもおさえておきましょう。

  • 覚えることが多い
  • 混みあう時間帯がある
  • 接客で苦労することがある

実際に働いてみた後、「イメージと違ったから辞めよう」といった状況を避けるために役立つコンビニバイトのデメリットを、次の項目から解説していきます。

覚えることが多い

コンビニバイトはレジ・宅配便・公共料金の受付など、覚えることが多い点からきついと感じる人がいます。軽食の調理や清掃など、状況に応じて適切な業務を進めることが大切なので、段取りを考える力や状況を把握する力も求められるでしょう。また新しいドリンクやお菓子など、新商品が入荷されるケースもあり、商品を把握することが大変と感じる人もいるかもしれません。

ただし最初に覚えることが多いのは、他のバイトを始める際も同じと言えます。コンビニバイトは慣れればどの時間帯でも似た業務をするケースが多い点から働きやすく、シフトの相談ができる店舗も多いので「序盤を乗り切ることが大切」とおさえておきましょう。

混みあう時間帯がある

通勤時や昼休みなど、混みあう時間帯を把握しないままコンビニバイトを始めると、きついと感じるかもしれません。次から次にお客様が来店するため、手際よく働かないと多くのお客様を待たせることになってしまいます。この点をふまえて、コンビニバイトに慣れるまでは忙しい時間帯を避けて働く方法もひとつの手です。

「暇な時間帯に余裕を持って業務を覚えられたから、忙しい時間帯に働いても対応できた」

このように混みあう時間帯・暇な時間帯を把握しておくと、うまくコンビニでバイトできる可能性があります。

接客で苦労することがある

コンビニには色んなお客様が訪れるため、バイトをする中で「気難しい人への接客方法がわからなくて、きつい…」と感じる人もいるでしょう。機嫌が悪い人や急いでいる人など、状況に応じて適切な対応ができないと、厳しいことを言われるかもしれません。

その一方で優しい人や子どもが来店することもあるので、元気をもらえることもあるでしょう。中には外国人のお客様が多いコンビニもあるため、グローバルなコミュニケーションスキルを磨けることもあるかもしれません。

「コンビニバイトがきつい…」と感じないためのポイント

コンビニバイトがきついと感じないためには、以下の3点をチェックしておくことが大切です。

  • 店の雰囲気を見てみる
  • シフトを確認しておく
  • 通いやすいコンビニを選ぶ

次の項目から、上記3つの「コンビニバイトがきついと感じないために見ておくと良いポイント」をチェックしていきましょう。

店の雰囲気を見てみる

コンビニバイトをする前に店の雰囲気を見ておくと、自身に合うバイトなのかどうかを判断しやすくなります。「どんな人が働いているのか」「客層はどうなのか」などを把握しておけば、実際に働き始めた後にギャップを感じづらく、前向きに働けるでしょう。

反対にコンビニバイトを始めてから「店長や先輩が苦手なタイプだった…」ということが分かると、きついと感じやすいです。あなたが希望する勤務時間にコンビニを訪れると、どんな人と働くのかイメージしやすくなるでしょう。

シフトを確認しておく

求人情報を見て、どの時間帯のバイトを募集しているのかを確認しておくと、自身の希望に合うコンビニバイトを見つけやすく、希望の働き方ができます。学校や趣味などとのバランスをとりながらコンビニバイトをできれば、公私ともに充実するでしょう。もし希望の勤務時間・勤務日数と合わないコンビニバイトに応募すると、無理をして働かないといけなくなるなど、きついと感じやすくなるため注意が必要です。

「テスト勉強をしないといけないのに、コンビニバイトばかりで時間がとれなくてきつい…」

このように感じないよう、どの時間帯で、どの曜日に働くことを求められているのかを確認しておきましょう。

通いやすいコンビニを選ぶ

自宅や学校から近いコンビニを選ぶと、時間的にも体力的にも余裕を持ちやすいため、バイトがきついと感じづらいはずです。通いやすいコンビニを選べば、時間や労力など通勤の負担を軽減できます。

反対に自宅や学校、最寄り駅から遠いコンビニを選ぶと、毎回の通勤で疲れてしまい、きついと感じる恐れがあるため注意が必要です。

コンビニバイトがきついと感じにくい人

コンビニバイトがきついと感じにくい人は、以下の通りです。

  • 勤務日時を調整したい人
  • 人と関わるバイトをしたい人
  • 新しい情報に敏感な人

どのような人にコンビニバイトがおすすめなのか、次の項目から見ていきましょう。

勤務日時を調整したい人

高校生や大学生など授業や部活などがある人は、シフトの相談がしやすい点から、コンビニバイトがきついと感じづらいでしょう。24時間営業のコンビニがあるため、プライベートの予定に合わせてシフトの相談をすれば、暇な時間を有効活用して稼げます。

また深夜や早朝に働ける場合には割増賃金になるコンビニバイトが多いため、効率良く稼ぎたい人にもおすすめです。

人と関わるバイトをしたい人

人と関わるバイトをしたい人やコミュニケーション能力が高い人は、コンビニバイトがきついと感じづらいです。コンビニバイトでは色んなバイト仲間やお客様と関わるため、人付き合いが得意な人におすすめします。

「少しずつ接客スキルやコミュニケーションスキルを磨いていきたい」という人も、たくさんの人と触れ合うコンビニバイトなら、対人スキルを磨けるでしょう。

新しい情報に敏感な人

コンビニバイトでは新商品の入荷やキャンペーンなどが実施されることがあるため、流行に敏感な人におすすめです。流行りのアニメや映画などの情報をキャッチできるケースもあるので、楽しみながらコンビニバイトに取り組めるでしょう。

またコピー機やチケット端末などの機能が新しくなることがあるため、使い方を覚えて自身の活用にも役立てることもできます。最新機器の扱いに慣れておけば就職時などに役立つ可能性があるので、様々な新しい情報にふれたい人にはコンビニバイトがおすすめです。

「コンビニバイトはきつい?」と気になる人によくある質問

「コンビニバイトはきつい?」と気になっている人は、以下の疑問を持つことがあります。

  • コンビニバイトの面接のコツは?
  • コンビニバイトは好きな格好で働ける?

より賢く働けるよう、上記2つのよくある質問を見ていきましょう。

コンビニバイトの面接のコツは?

コンビニバイトの面接では、マナーや身だしなみに注意することをおすすめします。挨拶や服装、髪型など、最低限のマナーを確認しておくと好印象を与えやすく、採用率を高められます。

また志望動機や、週何日シフトに入れるかなどの頻出質問に備えておくことも大切です。求人情報を見て、募集している勤務日時や求められている人物像などをチェックしておくと、コンビニバイトの面接通過率を高められるでしょう。

コンビニバイトは好きな格好で働ける?

コンビニでバイトする際の服装は自由度が高めですが、完全に好きな格好で働けるとは言い切れません。具体的には、制服の上着が貸し出され、自前のズボンで働く店舗が多いでしょう。

お客様から見えるズボンは派手過ぎなければ問題ないとされるケースが多く、チノパンやジーンズなどでシックな色合いを選ぶことをおすすめします。コンビニによって求める格好が異なるケースがあるため、店長やバイトの先輩に「どんな格好で働くのが良いですか?」などと相談すると良いでしょう。

コンビニバイトがきついか楽か気になった人は求人情報を見てみよう

コンビニバイトがきついか楽かは、人や状況によって感じ方が異なります。人付き合いが上手な人や新しい情報に敏感な人はコンビニバイトが楽と感じやすいでしょう。

また深夜に働ける場合には、お客様が少な目で割増賃金をもらえる点から楽と感じやすいはずです。他にもバイト仲間や店長、お客様との相性などによってきついと感じる可能性があるため、まずは求人情報をチェックして、気になるコンビニに行ってみることをおすすめします。

理想のコンビニバイトを見つけたい場合、検索機能が充実している求人ジャーナルを活用しましょう。「高校生歓迎」「未経験者・初心者歓迎」などの検索条件を詳しく設定できるうえ、時給順・新着順などに並び替えられるので、魅力的なコンビニバイトを素早く探せます。

\コンビニバイトがきついか楽か気になった人は求人情報を見てみよう/

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次