バイト面接で落ちる理由8選!不採用の確率を下げるコツとは?

バイト面接で落ちる理由8選!不採用の確率を下げるコツとは?

「バイトの面接で落ちる理由って何?」

そんな人のため、バイトの面接で落ちる理由をまとめました。またバイト面接の前段階で落ちる理由や、採用率を高めるコツもご紹介します。

この記事を最後まで読むと、バイトの面接で落ちる理由を把握したうえで、あなたに合った適切な対処法を実践し、採用率を高められるのでぜひお役立てください。

目次

バイト面接で落ちる理由

バイトの面接で落ちる理由は、以下の8つです。

  • 第一印象が悪い
  • 受け答えが上手くできない
  • やる気をアピールできない
  • 募集条件に合わない
  • 時間を守れない
  • 働いていない期間が長い
  • 上手く自己アピールができていない
  • バイト先の雰囲気と合わない

少しでもバイトの面接を上手く通過するためにも、まずは上記8つの不採用になる理由をチェックしていきましょう。

第一印象が悪い

バイトの面接で落ちる場合、以下のような点から良い印象を与えられなかった可能性があります。

  • 表情や話し方などから暗い人だと思われた
  • 身だしなみが整っていない
  • 挨拶ができない
  • 敬語が使えない
  • 態度が悪い
    など

基本的なビジネスマナーをおさえておかないと、バイトの面接で悪い印象を与えてしまい、不採用になるリスクが高まります。

「この人を採用すると、お客様や既存の従業員に良くない印象を与えて、業績などに悪影響が生じるかもしれない…」と思われるとバイトの面接で落ちる可能性が高まるため、第一印象が悪くならないよう注意することが大切です。

受け答えが上手くできない

質問された内容にしっかりと答えられないなど、上手く受け答えができない人は、バイトの面接で落ちるリスクが高いと言えます。なぜなら他人とのコミュニケーションが上手くいかないと、業務に支障が出ると懸念されやすいからです。

店長からの指示を理解できず間違った対応をしてしまったり、バイト仲間との連携が上手く取れなかったりという状況になると、トラブルに発展する可能性があります。そのためバイトの面接に慣れないからと言って対策本などを読み、模範解答のテンプレートを暗記する方法はあまりおすすめできません。面接官の質問に対してまともな回答にならず、不採用になるリスクが高まるからです。

やる気をアピールできない

バイトの面接で落ちる理由として、志望動機が曖昧だったり良い印象を与える内容を伝えられていなかったりするケースがあります。例えば、「家から近くて楽そうなバイトに見えたので応募しました」といった志望動機では、バイトの面接で上手くやる気をアピールできているとは言えないでしょう。

  • 「うちのバイトは、そんなに楽ではない」
  • 「予想以上にハードなバイトだったらすぐに辞める人かもしれない」

採用担当者から上記のように思われると、バイトの面接で落ちるリスクが高まります。

募集条件に合わない

必要なスキルや経験がなかったり、求められている時間に働けなかったりすることで、バイトの面接に落ちるパターンもあります。具体例としては、WordやExcelの使用経験が求められる求人に応募したにも関わらず、バイトの面接で実はPCの扱いに自信がないことが伝わると、不採用になるリスクが高まるでしょう。

他にも応募先の企業が、土日のいずれかに働ける人を募集しているのに、バイトの面接で土日の両方とも勤務不可と言うと、落ちる可能性が高まります。

時間を守れない

バイトの面接に遅刻したり、交通機関の乱れなどで遅れそうなのに連絡をしなかったりといった人は落ちやすいでしょう。時間を守れない人や、遅刻の連絡ができない人は業務に支障をきたす可能性が高いと判断され、バイトの面接で不採用になりやすいです。

また約束の時間より到着が早すぎる場合にも、相手に負担をかけてしまい、マイナス評価になる恐れがある点もおさえておきましょう。

働いていない期間が長い

特に理由もなく無職の期間が長い人は、バイトの面接で落ちる可能性が高まります。大学を卒業した後、何年も働かず、また目標に向かって努力していたわけでもない場合、バイトの面接での印象が悪くなりがちです。

  • 「この人、何年も働かないで何をやっていたのだろう?」
  • 「採用したのにすぐ辞められたり、やる気がなくて他のバイトに悪影響が生じたりするのは避けたい…」

理由なく無職の期間が長いと、上記のように思われてバイトの面接で落ちる可能性があります。

上手く自己アピールができていない

バイトの面接で自信のなさが伝わったり長所を上手くアピールできなかったりすると、バイトの面接に落ちやすくなります。

「忍耐力がない」「計画性がない」など、これまでの失敗を気にしすぎてネガティブな発言を繰り返していると、採用担当者に「この人を採用すると大変かもしれない…」と思われやすくなるでしょう。

他にも前のバイトを辞めた理由として、「仕事がきつかった」「人間関係が悪かった」などとネガティブな伝え方をすると、面接官に良い印象を与えられず落ちる可能性が高まります。

バイト先の雰囲気と合わない

既に応募先の店舗で働いているバイトスタッフや社員などと全く異なる雰囲気を持っている人は、バイトの面接で落ちるかもしれません。例えば派手なファッションや髪色の人が紳士服店の求人に応募した場合、落ち着いた店の雰囲気と異なり、落ちるリスクが高まります。

他にも既に働いているバイトスタッフや社員の性格などをふまえて、「この人を採用しても既存社員と上手くやっていけそうにないかも…」と懸念された場合には、バイトの面接で不採用になりやすいでしょう。

バイト面接の前で落ちる理由

バイトの面接の前の段階で落ちてしまう理由としては、以下の3つが挙げられます。

  • 履歴書を綺麗に作れていない
  • 問い合わせ時の対応が良くない
  • 適切に連絡を取り合えていない

応募や問い合わせなどに慣れていないと、ついやってしまいがちなマイナス行動を順に見ていきましょう。

履歴書を綺麗に作れていない

履歴書が汚れていたり不備が多かったりすると、バイトの面接の前に落ちる可能性が高まります。

  • 「誤字脱字だらけの履歴書を提出するなんて、この人はやる気がないのかな?」
  • 「この人を採用して仕事を任せるのは不安…」

このように思われやすくなるため、履歴書を綺麗に作れていないとバイトの面接の前段階で落ちやすくなります。

問い合わせ時の対応が良くない

応募時の電話やメールでの問い合わせ方法で悪い印象を与えると、バイトの面接の前に落ちることがあります。具体的には敬語が使えていなかったり態度が悪かったりすると、問い合わせ時に良くないイメージを与えてしまうでしょう。

他にもバイトの面接の前に落ちる要因として、以下のように問い合わせ時の対応が悪い場合が考えられます。

電話・忙しい時間帯に電話をした
・声が小さく、何度も聞き直された
・うるさい場所、もしくは電波の悪い場所から電話した
メール・絵文字を使った
・誤字脱字が多い

上記に当てはまる数が多いほど、問い合わせ時に悪い印象を与えてしまい、バイト前に落ちる可能性が高まるため注意が必要です。

適切に連絡を取り合えていない

応募先からバイトの面接の連絡があった際などに、やりとりをスムーズにできないと、不採用になるリスクが高まります。例えば「応募したお店から電話がかかってきたけど、今は落ち着いて電話できないから、後で折り返そう」と思っていて、そのまま数日が経過してしまうと、バイトの面接の前に悪い印象を与えてしまうでしょう。

また応募先からのメールを見落としていたり、返事が著しく遅れてしまったりした場合などにも、バイトの面接の前で落ちる可能性が高まりやすいです。

バイト面接で落ちる確率を下げるコツ

バイトの面接で落ちるリスクを下げる方法は、以下の6つです

  • 募集要項を確認する
  • ビジネスマナーをわきまえておく
  • 面接対策をする
  • 事前の準備を怠らない
  • 前向きな発言を心がける
  • 強みをアピールする

次の項目からは、上記6つの「バイトの面接で落ちるリスクを下げる方法」について、詳しく解説していきます。

募集要項を確認する

バイトの面接で落ちる確率を下げるためには、以下のような必要条件をしっかりと確認しておくことが重要です。

確認しておきたい必要条件必要条件の具体例
スキルExcelの使用経験など
経験経験者募集など
資格・普通自動車免許 (AT限定可)保有者
・簿記3級取得者など
勤務可能な日時・週2日以上勤務できる人
・1日3時間以上勤務できる人など
年齢18歳未満の応募は不可など
勤務時の格好・金髪などの派手な髪色NG
・ピアス不可など

気になった求人の必要条件を把握してから応募すれば、バイトの面接の前に落ちるリスクを下げられます。あわせて「大学生歓迎」「未経験者歓迎」などの歓迎条件をチェックしておくと、さらにバイトの面接で落ちる可能性を抑えられるはずです。

バイトを探す際、時給や仕事内容などしか見ない人がいますが、面接で落ちる状況を避けるため、必要最低限の応募条件を確認することも忘れないようにしましょう。

ビジネスマナーをわきまえておく

以下のように挨拶や敬語、身だしなみなど、最低限のビジネスマナーを把握しておけば、バイトの面接で落ちる可能性を抑えられます。

以下のように、ビジネスシーンにふさわしくないと思われる髪で面接に臨んでいないかどうかを確認することが大切。
・色が明るすぎないか
・ボサボサに乱れていないか
・長すぎないか
汚れ、しわなどがない服を着ていかないよう注意が必要。
また、以下のようにラフ過ぎたり派手過ぎる服装は避けた方が無難。
・ジーパン
・サンダル
・ショートパンツ
・ミニスカート
ヒゲ剃る、もしくは整えるなどして、清潔感があると思ってもらえるように努める

上記のようにビジネスマナーを意識すると、バイトの面接で落ちるリスクを下げられます。求人情報に金髪OKと書いてあった場合でも、バイトの面接では髪色を暗めにしておいた方が無難でしょう。「バイトの面接の時くらいは身だしなみを整えてくれる、ビジネスマナーのある人を採用したい」と思われると不採用になりやすいので注意が必要です。

面接対策をする

バイトの面接で落ちる可能性を抑えたい場合には、以下のような対策をしましょう。

良い印象を与える言動を心がける良い印象を与えるための具体例は以下の通り。
・元気よく挨拶をする
・笑顔で受け答えする
・相手が聞き取りやすいように話す
・敬語を使う
・要点を簡潔に話すなど
頻出質問の回答を考えておく頻出質問の例は以下の通り。
・「志望動機は何ですか?」
・「希望の出勤日時を教えてください」
・「あなたの長所・短所は?」
・「最後にあなたから質問はありますか?」

良い印象を与えられるように意識すれば、バイトの面接で落ちるリスクを下げられます。あわせて頻出質問に対する回答を考えておくと、しっかりと面接のために準備したことをアピールでき、「この人は頼りになりそうだ」と思われやすくなるはずです。また、事前に頻出質問への回答を準備しておくと、あなたの魅力や意欲などをより適切に伝えられるでしょう。

このようにバイトの面接で落ちる可能性を下げたい場合には、予め対策を講じておくことが大切です。

事前の準備を怠らない

「バイトの面接は緊張して失敗しそう…」という場合には、しっかりと準備しておくことで落ちるリスクを抑えられます。例えばバイトの面接に行くまでの経路や所要時間を調べておくと、余裕を持って面接場所に到着できるので、良い印象を与えられるでしょう。

他にも、早めに履歴書の準備をしておくと不備に気付きやすくなりますし、書類の汚れなどをしっかりとチェックする余裕も生まれるはずです。また募集要項やバイト先の雰囲気などを見ておくことで働く意欲などをアピールしやすくなるため、バイトの面接で落ちる状況を避けたい場合には、予め応募先について調べるなどの準備をしておきましょう。

前向きな発言を心がける

バイトの面接で落ちるリスクを下げるためには、ポジティブな言い回しを意識することも重要です。「ついネガティブな発言をしてしまう…」という場合には、以下の表を参考にポジティブな発言に言い換えられないかどうかを考えてみましょう。

ネガティブな発言の例ポジティブな発言への言い換え例
「接客業は面白くないと感じたので別の仕事をしたいと思いました」「接客業で学べることが多かったものの、他の業種にも挑戦したいと思って御社を志望しました」
「前のバイト先は人間関係が悪かったので辞めました」「以前のバイトでは個人プレーで働く状況が多かったので、今回はチームプレーで働けるバイトをしたいと考えて応募しました」

上記のようにネガティブな発言をポジティブな発言に言い換えられないかどうかを考えておくと、採用担当者に良い印象を与えやすく、バイトの面接で落ちるリスクを下げられます。ネガティブな内容は少し工夫をすることでポジティブな内容に言い換えられることがあるので、バイトの面接ではできる限り前向きな発言を心がけましょう。

強みをアピールする

あなたの強みを上手くアピールできれば、「この人はぜひ採用したい」と思ってもらいやすくなります。具体的には、「趣味でブログを書いたり動画制作をしたりしているので、パソコンの基本操作には自信があります」などとアピールすると、事務職・コールセンターなど、パソコンを扱うバイトの面接で採用されやすくなるでしょう。

他にも運動系の部活をしていた場合には、「体力には自信があります」などとアピールすることで引越しなどのバイトの面接で採用されやすくなると考えられます。このようにバイトの面接であなたの強みを上手くアピールする方法がないかを考え、落ちるリスクを少しでも減らしていきましょう。

バイト面接で落ちることが気になる人によくある質問

バイトの面接で落ちる理由が気になる人は、以下の疑問を持つことがあります。

  • バイトの面接で落とされるサインは?
  • バイトの面接で落ちたのに募集が続いているのはなぜ?

次の項目から、上記2つのよくある質問を見ていきましょう。

バイト面接で落とされるサインは?

バイトの面接で落とされるサインは、面接時間が短かった場合です。「この候補者は不採用だな」とバイトの面接中に判断されると、採用される可能性が高い人と比べ、質問が少なくなることがあります。

具体的にはバイトの面接の中で、シフトの希望日時や勤務初日の日程調整などに関する話が出なかった場合には、落ちる可能性が高いです。また身だしなみが整っていなかったり態度が悪かったりすると、「別の候補者を採用しよう」と思われ、早めにバイトの面接を切り上げられる可能性が高くなります。

その一方でバイトの面接が始まってすぐに「この人を採用したい」と思われた場合も、早くバイトの面接が終わるケースもある点もおさえておきましょう。

  • 「他の候補者より群を抜いてで魅力的だから、この人を採用しよう」
  • 「どうせ採用するから、長所や過去のバイト歴などの質問は省略しよう」

このようなケースがあるため、早い段階で採用される際にもバイトの面接が早く終わる可能性がある点も把握しておきましょう。

バイト面接で落ちたのに募集が続いているのはなぜ?

バイトの面接で落ちたのに、まだ募集が続いている理由としては、以下が挙げられます。

  • 応募者の中に採用したい人がいなかった
  • 採用した人がすぐに辞めてしまった
  • 求人掲載の終了手続きをしていない

募集が継続していたとしても、一度バイトの面接で落ちた後に採用となる可能性は低いでしょう。早くあなたに合うバイト先を見つけるためにも、面接で落ちたのに募集が続いている求人は気にせず、他のバイトを探すことをおすすめします。

バイト面接で落ちる理由・対策を参考に、希望の仕事を始めよう

バイトの面接で落ちる理由は「良い印象を与えられなかった」「募集条件に合わなかった」などがあります。こういった点をふまえて改善点を模索すれば、バイトの面接で落ちる可能性を抑えられるはずです。

ただしバイトの面接では、既存社員や店舗との雰囲気が合わないなどの理由で落ちるケースがある点も把握しておくと良いでしょう。単純にあなたとの相性が合わず、バイトの面接で落ちることがあるため、不採用になったとしても気にしすぎることはありません。笑顔で受け答えするなど、あなたにできる範囲で改善しながらバイトの面接に挑めば、相性の良い勤務先が見つかるはずです。

「そうは言っても、自分に合うバイト先を見つけるのは大変だから心が折れそう…」という場合には求人ジャーナルをご活用ください。求人ジャーナルなら5万件以上の求人情報があり、職種や特徴の他、フリーワードでの検索が可能なので、効率良く相性の良いバイトを探せます。

\ バイト面接で落ちる理由・対策を参考に、希望の仕事を始めよう /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次