要因別|「バイトが怖い・できない…」の対処法!トラウマの乗り越え方とは?

要因別|「バイトが怖い・できない…」の対処法!トラウマの乗り越え方とは?

「バイトが怖いと感じて、なかなか働けない…」という人は珍しくありません。初バイトに挑戦しようとしていたり、過去に失敗したことがトラウマになっていたりと、怖いと感じる理由は人それぞれです。

そこでこの記事では、バイトが怖いと感じる要因や対処法を解説します。最後まで読むと、バイトが怖い状況を打開して、前向きに働きやすくなるので、ぜひ参考になさってください。

目次

バイトが怖いと感じる要因

バイトが怖いと感じる主な要因は、以下の通りです。

  • 心配のしすぎ
  • 失敗がトラウマになっている

怖い思いを解消するため、まずは「なぜバイトが怖いと感じるのか」を確認していきましょう。

心配のしすぎ

バイトが怖いと感じる要因として、以下のような心配をしすぎていることが考えられます。

  • 「自分なんか応募しても採用されないだろうな」
  • 「面接で何を聞かれるかわからない、上手く答えられないかも」
  • 「スキル・経験がないから不安…」
  • 「ブラック企業だったらどうしよう…」
  • 「初めてのバイトだから、ミスをしてしまいそうで怖い」

上記のような心配が大きくなりすぎるほど、「バイトが怖い」との思いが強くなるでしょう。採用されなかったり、ミスをしてしまったりといったことに対する不安は、どんな人も感じる可能性があります。

失敗がトラウマになっている

以前のバイトでお客様からクレームを受け、トラウマになっている場合などには、バイトが怖いと感じやすいでしょう。他にも店長に怒られたり、バイト仲間と良い関係を築けなかったりといった経験があると、バイトが怖いと感じることがあります。

バイト中のアクシデントや不手際などで怖い思いをした人ほど、恐怖心が強くなってバイトしづらくなると考えられます。

「バイト探しが怖い・できない…」の解消法

次は、バイト探しが怖い・できない場合の解消法を、以下の状況別に解説します。

  • 「自分にはできない…」と不安な場合
  • 「応募するのが怖い…」という場合
  • 「面接が怖くて行けない…」という場合

前向きにバイトできるよう、上記3つの対処法を順にチェックしていきましょう。

「自分にはできない…」と不安な場合

「自分にはバイトできる能力がないから怖い…」など、自信がないことから不安が大きくなっている場合の対処法は、以下の通りです。

  • 未経験歓迎の求人を探す
  • バイトをしている知人に相談する
  • 店舗の雰囲気を見てみる

バイトが怖いとの思いを解消するため、上記3つの対処法を見ていきましょう。

未経験歓迎の求人を探す

自信がなくてバイトが怖いと思っている場合には、未経験歓迎や高校生歓迎などの求人を探す方法をおすすめします。なぜなら未経験者や高校生を歓迎する求人は、しっかりとしたフォロー体制が構築されていたり、高度なスキルを求めなかったりする傾向があるからです。

他にも軽作業・警備員など、業務内容自体が比較的簡単な可能性があるので、「うまく働けるかどうか不安…」という場合には、歓迎要件をチェックしてみると良いでしょう。

バイトをしている知人に相談する

「ちゃんと働けるかどうか不安で怖い」と感じている場合には、既にバイトをしている知人に相談する方法もおすすめです。

  • 「私も最初は不安だったけど、周りの人に教えてもらいながら少しずつ仕事を覚えられたよ」
  • 「苦手なことはメモを取って、家で復習するとスムーズに働けるようになったんだ」

このようにバイトを経験した知人に相談すると、経験談を交えてどのように取り組めば上手く働けるかのアドバイスをもらえることがあります。あなたの不安に寄り添い、役立つアドバイスをもらえれば、バイトが怖いとの思いが和らぐかもしれません。

店舗の雰囲気を見てみる

「気になるバイトがあるけど、上手く馴染めるかどうかが不安で怖い…」という場合には、お店の雰囲気を見てみると良いでしょう。コンビニやレストランなど、実際に働く場所やバイトしている人の雰囲気を見ることができるケースは珍しくありません。

職場の雰囲気がわかることで、「自分に合うバイト先かどうかがわからなくて怖い…」との思いが軽減される可能性があるので、魅力的な求人が見つかった際には実際に足を運んでみましょう。

「応募するのが怖い…」という場合

バイトに応募することに対して怖いと感じる場合の対処法は、以下の通りです。

  • 電話で問い合わせる際の練習しておく
  • メールで問い合わせる

次の項目から、問い合わせ方法別に「バイトの応募が怖い…」の解消法を見ていきましょう。

電話で問い合わせる際の練習しておく

電話で問い合わせる際には、事前に練習しておくと、「バイトに応募するのが怖い…」との思いを解消しやすいです。具体的には「お忙しい所恐れ入ります。アルバイトの求人を見てご連絡したのですが、採用担当者はいらっしゃいますでしょうか?」など話す内容を考えておくと、スムーズにやりとりできるでしょう。

また応募先の店舗が忙しくないと思われる時間帯に電話をするよう、注意することもおすすめです。忙しい時間帯を避けて電話をすると相手も余裕を持って対応しやすいため、バイトの応募時に怖い思いをしづらいと考えられます。

メールで問い合わせる

「電話での応募が怖い…他に方法がないだろうか」という人には、メール問い合わせがおすすめです。メール問い合わせなら事前に文章を考えておけますし、電話のように相手から予想外の内容を聞かれた際に慌てることもないでしょう。

なおメール問い合わせの際には、「この人を採用したい」と思ってもらえるような工夫をすることをおすすめします。例えば、備考欄にやる気や意気込みを記載して採用される可能性を高めるなどの方法が挙げられます。

「面接が怖くて行けない…」という場合

バイトの面接が怖い場合の対処法は、以下の3つです。

  • 最低限のマナーを確認しておく
  • 頻出の質問を把握する
  • 入念に準備をする

自信を持って面接に挑めるよう、上記の対処法を順に見ていきましょう。

最低限のマナーを確認しておく

挨拶の仕方や面接にふさわしい身だしなみなどを確認しておくと、良い印象を与えやすくなるため「バイトの面接が怖いと思っていたけど、心配しすぎだった」と感じられることがあります。具体的には元気良く挨拶したり、清潔感のある格好で面接に行ったりすると、採用担当者に良い印象を与えやすいです。

「この応募者はしっかりしている人だな」と思ってもらえるほど、好意的な接し方をしてもらえると期待できるため、バイトの面接が怖い場合には最低限のマナーを確認しておきましょう。

頻出の質問を把握する

バイトの面接が怖い場合には、以下のような頻出質問をチェックしておくことをおすすめします。

  • 志望動機
  • 勤務可能な日時
  • 初出勤の日
  • 長所・短所など

頻出質問を把握し、「どのように答えれば良いだろうか?」と予め考えておけば、面接で慌てるリスクを抑えられます。よりあなたの魅力をしっかりと伝えられる点も、頻出質問に対する回答を準備しておくことのメリットです。

入念に準備をする

予め持ち物や面接地までの行き方を確認しておくことも、バイトの面接が怖いと感じにくくなるコツと言えます。「バイトの面接に遅刻して怒られたらどうしよう…」などの理由で怖いと感じている場合、事前にしっかりと準備しておけば、精神的にも時間的にも余裕を持って面接を受けられます。

面接当日は開始5~10分前に到着できるようにするなど、余裕を持って面接に挑めるように準備しておきましょう。

「バイトの勤務が怖い・出勤できない…」の解消法

バイトの勤務が怖い場合の解消法を、以下の状況別に解説します。

  • 初出勤が不安な場合
  • ミスしないかと不安な場合

前向きに働けるよう、上記2つの「バイトの勤務が怖い時の解消法」をチェックしていきましょう。

初出勤が不安な場合

バイトの初出勤に対して怖いと感じている場合には、以下の対策をおすすめします。

  • 自己紹介を考えておく
  • 一生懸命働く

上記2点を実践するとバイトの初出勤を上手く乗り切りやすくなるため、次の項目から順番に対処法をおさえていきましょう。

自己紹介を考えておく

バイトの初出勤では「自己紹介をしてください」と言われることが多いため、事前に考えておくことで、「初日が怖いと思ったけど大丈夫だった」と感じやすいでしょう。

「前向きに働く気持ちがあること」や「趣味について」の他、「希望の勤務日時」などを自己紹介の際に話すと、好印象を持ってもらいやすいはずです。

「この人は真面目そうだし、しっかりとフォローしてあげよう」
「同じ趣味を持っていて、シフトの時間も一緒になることが多そうだから、良い仲間になりたいな」

このように思ってもらえるよう、バイトの初出勤が怖い場合には予め自己紹介を考えておきましょう。

一生懸命働く

バイトの初出勤で一生懸命働いている姿を見せると、店長や先輩から助けてもらいやすくなるため、「案外、初出勤が怖いと思わなかった」と感じやすいです。具体的には「元気良く挨拶をする」「バイト仲間の名前や業務内容を少しでも覚える」「不明点を積極的に聞く」など、できる範囲で構いません。

真面目に働いている人ほど周りの人に良い印象を与えやすく、「一生懸命働いているから、力になってあげたい」と思われやすいです。初出勤の際は右も左もわからない状態であるケースが多いので、目の前のできることに集中して、一生懸命働きましょう。

ミスしないかと不安な場合

「バイトでミスをしそうで怖い…」という人におすすめの対処法は、以下の2つです。

  • 前向きに取り組む
  • 自分を責め過ぎない

次の項目から、上記2つの対処法を解説していきます。

前向きに取り組む

ミスをしそうで怖い場合、バイト中にメモを取ったり先輩に質問したりするなど、できる限り失敗をしないよう努めることが重要です。特にバイトを始めた直後はわからないことばかりのケースが多いため、少しでも早く仕事を覚えるため、メモを取ることをおすすめします。

バイト中にメモを取ることが難しい場合、バイト後に大事な内容を書き出すなどの前向きな取り組み方をするとミスを減らしやすいため、「次の勤務が怖い」と感じにくくなるでしょう。

自分を責め過ぎない

どれほど注意をしていてもミスをすることはあるため、「失敗した際にはどうすれば良いのか」についてもおさえておきましょう。具体的には失敗をした自分を責め過ぎず、反省すべき点を明確にして改善していくことが大切です。

ミスを気にしすぎると「怖い」という思いが強くなりすぎて、バイトに行けなくなったり、普段はしない失敗までしてしまうかもしれません。「誰にでも失敗はある」と上手く割り切るように心がけたり、友人などにミスをしてしまったことを話してみたりしながら、同じ失敗をしないための方法を模索していきましょう。

「バイト関係の人が怖い・仲良くできない…」の解消法

バイト関係の人が怖いと感じる際の対処法を、状況別に解説するので実践してみましょう。

  • バイト仲間と仲良くできるか不安な場合
  • 店長が怖い場合
  • お客様対応が不安な場合

次の項目からは、上記3つの対処法について解説していきます。

バイト仲間と仲良くできるか不安な場合

バイト仲間と仲良くできるかどうか不安が募って怖い場合、以下の2点をチェックしておきましょう。

  • 自分から話しかける
  • TPOに合わせた接し方を心がける

具体的に、どのような行動をとれば良いのかを詳しくお伝えしていきます。

自分から話しかける

バイト仲間と仲良くできるかどうかが不安で怖い場合、笑顔で声をかけてみるなど、あなたの方から相手に話しかける方法がおすすめです。「おはようございます」「お疲れ様です」などの簡単な挨拶から始めるだけでも、仲良くなれるきっかけとなる可能性があるため、できる限り積極的に話しかけることをおすすめします。

他にも仕事を教えてもらっている際、バイトの先輩に業務内容などを質問してみるのも良いでしょう。あなたの方から話しかけることで相手も心を開いてくれる可能性があるため、周りの人と打ち解けやすくなるはずです。

TPOに合わせた接し方を心がける

良い人間関係を構築できる自信がなくてバイトが怖いと感じている人は、状況に応じた適切な接し方を心がけると良いでしょう。例えばバイト初日などにはしっかりと敬語を使って話し、数週間後には砕けた言い方を交えて話すと、よりバイト仲間と仲良くなりやすいです。

バイトの休憩時間や勤務後などにはリラックスして話しやすいので、その場の雰囲気に合わせて適切な接し方を心がけ、より良好な人間関係を築いていきましょう。

店長が怖い場合

バイト先の店長が怖いと感じる人には、以下の対処法がおすすめです。

  • 怖いと感じる理由を明確にする
  • 店長と仲の良い人にコツを聞いて見る
  • 適度に距離を置く

次の項目から、上記3点について詳しく解説していきます。

怖いと感じる理由を明確にする

なぜバイト先の店長が怖いのかがわかると、どういった点に注意すれば良いかわかることがあるため、より快適に働けるかもしれません。例えばバイト先の店長の話し方が怖い場合、「慣れれば大丈夫」と自分に言い聞かせることで自然と怖い気持ちが和らいでいくでしょう。

また、ミスをした際の店長が怖いと感じるなら、より積極的に仕事を覚えて失敗をなくす努力をする対処法があります。このように、なぜバイト先の店長が怖いと感じるのかを把握することで、問題を解消できるかもしれません。

店長と仲の良い人にコツを聞いてみる

バイト仲間や先輩などに「店長って実際のところ、どんな人なの?」と聞いてみることで、怖いと感じなくなることもあります。

「私もバイトを始めたばかりの頃は店長の顔が怖いと思ってたけど、困った時には優しく助けてもらえたよ」
「店長は話下手だから、積極的に話しかけた方が仲良くなりやすいよ」

このようにバイト仲間の経験やアドバイスをもとに、怖い気持ちが和らぐこともあるでしょう。あまり会話が好きではない店長などの場合、無言で一緒に過ごす時間が増え、怖いと感じることもあるかもしれません。

そういった際には実際のところ、「店長がどんな人なのか」「どのように接すると良い関係を築きやすいのか」などをバイト仲間に聞いてみることをおすすめします。

適度に距離を置く

色々と試行錯誤したものの、バイト先の店長が怖い状況を打開できない場合、適度に距離を置いてみるのもひとつの手です。もしかすると繁忙期で店長に余裕がなかったり、本部の人から営業成績の不振などで改善を要求されていたりと、一時的に辛い状況に立たされていることが背景にあるのかもしれません。

そういった際には店長の気持ちが落ち込んだり、イライラしやすくなったりしやすいと考えられるため、適度に距離を置いているうちに状況が改善し、「店長が怖い」という思いが和らぐ可能性があります。

お客様対応が不安な場合

バイトで関わるお客様が怖い場合、以下の対処法を実践してみましょう。

  • 笑顔で接する
  • 焦らず対応する

「具体的にはどうやってお客様に対応したらいいの?」という方のため、次の項目から怖いお客様に対する接し方などを解説していきます。

笑顔で接する

お客様が怖いと感じていると、あなたの気持ちがお客様に伝わって警戒される可能性があるため、笑顔で接客することをおすすめします。笑顔で接するとお客様に良い印象を与えやすいので、優しく接してもらいやすいでしょう。

反対に、お客様が怖いという気持ちが強く、暗い表情や不安そうな態度で接すると、お客様に良い印象を与えづらいと言えます。お客様に良い印象を与えられないと、「態度が悪い」などのクレームにつながる恐れがあるので、笑顔で接することをおすすめします。

焦らず対応する

お客様から問い合わせやクレームがあった際、焦って対応すると状況が悪化しやすいので、落ち着くことが重要です。焦って間違えた回答をするより、店長やバイトの先輩などに相談した方が、お客様にとってもあなたにとっても、良い結果になりやすいでしょう。

「自分なら急いで案内してもらうより、ちゃんと確認してから正しい情報を教えて欲しいと思うかな」

このようにお客様の立場になってみることで「接客が怖い」と感じづらくなる点も、おさえておきましょう。

「バイトが怖い…」に関するよくある質問

「バイトが怖い…」と感じている人は、以下の疑問を感じることがあります。

  • 初めてのバイトにおすすめの職種は?
  • なぜバイトが怖いと感じているかわからない場合、どうすればいい?

より気持ち良く働けるよう、上記2つの「よくある質問」をチェックしていきましょう。

初めてのバイトにおすすめの職種は?

初めてのバイトで仕事の覚えやすさを重視する人には、コンビニや軽作業のバイトがおすすめです。コンビニや軽作業のバイトはマニュアルや研修が充実していたり、未経験者歓迎・高校生歓迎などの求人が多かったりするため、「初出勤が怖い…」という人でも働きやすいでしょう。

また学生の方には、学校で学んだ内容を活かして働ける塾講師・家庭教師のバイトをおすすめします。小学生や中学生に勉強を教える塾講師・家庭教師のバイトなら、学生としての強みを活かしやすいでしょうし、無邪気なお子さまに元気をもらえる可能性もあります。

なぜバイトが怖いと感じているかわからない場合、どうすればいい?

バイトが怖いと感じる要因がわからない場合には、正直な気持ちを紙に書くなど、文字にすることをおすすめします。紙に書くことのメリットは、あなたの考えを具体的に示せる点や、思考の流れを把握できる点にあります。

頭の中で「バイトが怖いのはなぜだろう…」と思っているだけでは上手く考えがまとまらず、長期的に悩んでしまい、よりバイトが怖い気持ちが強くなってしまうかもしれません。スキマ時間にスマホのメモ機能などを使って、気持ちを書き出す方法などもおすすめです。

状況に応じた対処法で「バイトが怖い」を乗り越えよう

バイトが怖いと感じる要因がわかれば、適切に対処法を実践していけます。「実は心配し過ぎていただけで、実際に働いてみたら案外問題なく楽しく働けた」と感じることは珍しくありません。前向きに働ければ新しい仲間が増えたり、将来につながるスキルを磨けたりするので、バイトが怖いと思った際には、この記事で紹介した対処法を参考に、状況の改善につなげてみてください。

バイトが怖いという気持ちが和らいだ際には、求人ジャーナルであなたに合うバイトを探してみましょう。求人ジャーナルには多くのバイト情報があり、検索条件の設定も詳しくできるので、あなたの強みを発揮できるバイトを見つけやすいです。

あなたにとって働きやすいバイトを見つけられるよう、早速以下から求人ジャーナルでバイト探しを始めてみましょう。

\ 状況に応じた対処法で「バイトが怖い」を乗り越えよう /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次