バイト応募先への電話のかけ方!時間・折り返し時の話し方を解説

バイト応募先への電話のかけ方!時間・折り返し時の話し方を解説

「バイトに応募したいけど、どんな風に電話をすればいいのかわからない…」

そんな方のため、バイトに応募する時の電話方法についてまとめました。この記事を最後まで読むと、バイトに応募する前の準備事項や電話をする際の流れの他、話し方の例などもわかります。

バイトに応募の電話をする際の注意点や、おすすめの時間帯なども把握できるので、ぜひ希望のバイト先で採用してもらうためにお役立てください。

目次

電話でバイトに応募する前の準備事項

気になるバイトが見つかって応募の電話をする前には、以下の準備をしておくことをおすすめします。

  • 話す内容をまとめておく
  • 電話する際に筆記用具を用意しておく
  • 予定を確認しておく
  • 応募先の求人情報を手元に置いておく

スムーズに電話でのやりとりができるよう、上記4つの準備事項を順に見ていきましょう。

話す内容をまとめておく

バイトに電話で応募する際には、話す内容や順番をメモに書いて整理しておくことをおすすめします。例えば「最初に挨拶や自分の名前を伝えて、その次に求人を見て電話をしたことを伝えよう」など、どのように話を進めるのかをイメージしておけば、スムーズにやりとりできます。

あわせて聞きたいことなどを箇条書きにしておくと「必要な内容をしっかり確認できるため、バイトに応募する時に緊張して、聞きそびれてしまった…」といった失敗も避けやすくなるはずです。

電話する際に筆記用具を用意しておく

応募の電話をする際には、予想外のことを言われた場合に備えて、メモを取れるようにしておくと良いでしょう。筆記用具を用意しておけば、面接時に必要な持ち物や、今後の流れなどを教えてもらった場合でも、すぐにメモを取れます。

予め筆記用具を手元に置いておくことで、「メモを取る準備をさせてください」と伝えなくて済むため、採用担当者の方から「この応募者は電話をする前にしっかりと準備をしている人だ」と高く評価される可能性があります。

予定を確認しておく

バイトに応募の電話をする際には、直近2週間ほどの予定を把握しておくことをおすすめします。その理由は、応募先から面接の希望日時を聞かれた際、素早く複数の希望日時を伝えられるからです。

スケジュール帳やアプリなどを活用するとスケジュールの管理がしやすく、バイトを始めた後のシフトなども把握しやすくなるので、気になる店舗に応募する前にスケジュール管理に慣れておくと良いでしょう。

応募先の求人情報を手元に置いておく

求人情報を手元に置いた状態で気になるバイトに応募の電話をすることをおすすめする理由は、話している最中に勤務地・勤務時間などを見ながら話せるからです。応募の電話をした際、採用担当者の方から「今回の募集では土日の朝などに働ける方を募集しているのですが、問題ないですか?」などと聞かれるかもしれません。

そういった際、「求人情報では祝日の13時までの時間帯に働けると、なお良いと記載されており、私は問題なく働けるので応募したいと思いました」などと伝えられるでしょう。このように迅速にやりとりできると好印象を与えやすいため、希望のバイト先で働ける可能性が高まります。

バイトに応募する時の電話での確認事項

バイトに応募する時の電話では、以下を確認しておくと良いでしょう。

  • まだ募集を締め切っていないかどうか
  • 自身が求人の対象となっているかどうか

電話をしてバイトに応募したいことを伝える場合、そもそも募集が継続されているかを確認しましょう。求人が継続していることを前提に話を進めると、募集が既に終了していた場合に相手が困ってしまうかもしれません。

またあなたが高校生・大学生などの場合には、今回の求人で学生を対象としているかどうかを確認しておくことをおすすめします。応募の電話の時点で高校生であることを伝えておかないと、面接時に高校生は今回対象外と言われてしまうかもしれません。

なお、バイトに応募する時の電話で相手から確認されやすい内容は、以下の通りです。

  • 氏名
  • 年齢
  • 希望のシフト(曜日・時間帯)
  • いつから勤務を開始できるか
  • どの求人媒体を見て応募したのか
  • 面接の希望日時など

バイトに応募の電話をする際には、上記の質問をされた際にスムーズに答えられるようにしておくと良いでしょう。

バイトに応募の電話をする際の時間帯

バイトの応募で電話をする場合、応募先の業種などをふまえて電話することをおすすめします。その理由は相手が忙しい時間帯に電話をすると、負担をかけてしまったり、悪い印象を与えてしまったりする可能性が高まるからです。

応募先の業種などから見る応募の電話におすすめの時間帯は、以下の例をご覧ください。

応募先の業種電話におすすめの時間帯
飲食店・14時~17時頃
スーパー・コンビニ・10時~11時頃
・13時~16時頃
事務・10時~12時前
・14時~16時頃

飲食店に応募の電話をする場合、ランチタイム・ディナータイム以外の14時~17時頃がおすすめです。またスーパーやコンビニなどの店舗に応募の電話をする際には通勤や通学、昼休みなどの混雑しやすい時間帯を避けることをおすすめします。

応募しようとしているバイトが事務職の場合、10時~12時・14時~16時は就業時間であるケースが多いので、勤務時間外に対応してもらうことを避けるためにも、お昼前後の時間帯がおすすめです。応募先の企業によって就業時間が異なるケースもあるため、求人情報などで就業時間を確認してから電話をすると良いでしょう。

電話でバイトに応募する際の流れ・話し方の例

魅力を感じたバイトの求人に応募する際の電話の流れは、以下をご覧ください。

  1. 電話をかける
  2. 募集が終了していないか確認する
  3. 面接の日程を調整する
  4. 面接の詳細を教えてもらう
  5. 電話を切る

上手く電話をして希望のバイトを始めるため、上記5つの手順について詳しく把握していきましょう。

電話をかける

バイトに電話で応募する際には、電話に出た人へ「自身の名前」や「求人情報を見て連絡した旨」を伝えましょう。そのうえで採用担当者に代わってもらいたいことを伝えると、応募時の電話でのやりとりをスムーズに進められます。電話で応募した際の具体的な話し方の例は、以下をご参考ください。

「お忙しいところ失礼いたします。求人ジャーナルでバイトの求人を見てお電話を差し上げた●●と申します。採用担当者様はいらっしゃいますでしょうか」

上記のような伝え方をすると、相手が要件を理解しやすいでしょう。

募集が終了していないか確認する

気になるバイトに応募の電話をして採用担当者に代わってもらえた後は、まだ求人の募集が終わっていないかどうかを確認しましょう。また応募に際して気になる点などがある場合には、このタイミングで質問することをおすすめします。採用担当者に代わってもらった後の話し方の例は、以下の通りです。

「求人ジャーナルを見て電話をしたのですが、まだ募集をされていますか?高校生でも応募できるかどうか教えていただきたいのですが…」

このように採用担当者に代わってもらった後の電話では、「バイトの求人募集がまだ終わっていないかどうか」や「自身の状況で応募できるのか」などを確認すると良いでしょう。

面接の日程を調整する

バイトの求人が終わっていないと確認できた後は、面接の日程調整をするケースが多いです。具体的には相手から「来週あたりに面接にお越しいただけますか?」などと聞かれた後、「〇日と〇日以外なら伺えます」などと答える流れになるでしょう。

スムーズに面接の日程調整ができるよう、スケジュール帳やメモ帳を用意しておくと、滞りなく電話でのやりとりを進めやすいはずです。

面接の詳細を教えてもらう

バイトに応募する時の電話で、面接の日程調整が終わった後は、面接時の持ち物や面接場所などの詳細を教えてもらいましょう。この時の話し方の例としては、以下をご覧ください。

  • 「面接時に必要なものはありますか?」
  • 「当日はお客様と同じ入口から入って良いですか?」

上記の他にも気になることなどがあった場合には、あわせて確認しておくと良いでしょう。

電話を切る

バイトに応募する時の電話で、面接の詳細や疑問点などを教えてもらった後は、礼儀正しく電話を切りましょう。具体的には、「お忙しい中、ご対応くださりありがとうございました。それでは失礼いたします」などと伝えてから、電話を切りましょう。

なお電話を切る際には、相手が電話を切った後に電話を切ることをおすすめします。ビジネスシーンでは、相手が電話を切ったことを確認してから電話を切る方が、自分の好きなタイミングで電話を終えるよりも良い印象を与えやすいからです。

もし相手が先に電話を切りそうにない場合には、丁寧に電話を切りましょう。

状況別|電話でバイトに応募した際の対応方法

ここでは電話でバイトに応募した際の対応方法について、以下の状況別に解説します。

  • 担当者が不在だった場合
  • かけ直してほしいと言われた場合
  • 留守電になった場合
  • 折り返し連絡がない場合
  • 応募先からの連絡に出られなかった場合

次の項目からは、上記5つの対応方法をわかりやすくお伝えしていきます。

担当者が不在だった場合

バイトに応募の電話をした際、担当者が不在だった場合には、担当者がいる時間帯を聞いてかけ直す方法がおすすめです。この時の話し方の例としては、「採用ご担当者様は何時頃に戻られますか?」などがあります。

もし求人情報に担当者名が記載されていない場合は、このタイミングで担当者名を聞いておくのも良いでしょう。採用担当者名を把握しておくと、今後のやりとりをよりスムーズにしやすいからです。

かけ直してほしいと言われた場合

相手が忙しいと思われる時間帯に電話をしても、「今は立て込んでいるのでかけ直してもらえますか?」と言われる可能性があります。そういった際には、忙しい時間帯に電話したことについて謝罪し、かけ直す時間を確認すると良いでしょう。

なぜなら予め相手にとって都合の良い時間帯を確認しておくことで、相手が対応しやすい時間帯に電話できるからです。具体的には「お忙しいところ失礼いたしました、何時頃におかけ直しすればよろしいでしょうか?」などと電話で伝えると、スムーズにバイトの応募に関するやりとりを進められるでしょう。

留守番電話になった場合

バイトの応募で電話をした際、留守番電話になった場合には、以下のメッセージを残しておくことをおすすめします。

  • 自身の名前
  • 応募の件で連絡したこと
  • 「改めて電話をする」と留守番電話にメッセージを残すこと

上記3点を伝えておけば、相手が何の件で誰から電話があったのか把握できます。留守番電話にメッセージを残す際の話し方としては、以下をご覧ください。

「求人ジャーナルを見てバイトの求人に応募したいと思いご連絡を差し上げました●●と申します。また改めてお電話いたします」

なお留守番電話のメッセージに「折り返しの連絡をください」などと残すのは失礼にあたると考えられるため、控えることをおすすめします。

折り返し連絡がない場合

バイトに応募をしたものの折り返しの電話をもらえない場合には、折を見てあなたの方から電話をすると良いでしょう。具体的には「折り返し連絡をもらえる予定だった日の翌営業日」になっても連絡が来ない場合が、自分から電話をするタイミングとしておすすめです。

相手は採用業務以外にも様々な仕事をしている可能性があるため、折り返し予定の日時通りに連絡できないでいる可能性があります。そういった際にあなたから電話をする際には、「昨日ご連絡をいただく予定だった●●と申します。その後の状況を教えていただきたく、ご連絡差し上げました」などと伝えると良いでしょう。

応募先からの連絡に出られなかった場合

「バイトの応募先から電話があったけど出られなかった…」という場合、できる限り早めに、あなたから連絡をすると良いでしょう。その理由は、あなたがしっかりとした人物であるとアピールしやすいからです。話し方の例としては「アルバイトの求人に応募した●●と申します。先ほどご連絡をいただいたのですが、▲▲様はいらっしゃいますでしょうか」などが挙げられます。

もし相手からの電話に出られなかった状態で放置すると、採用担当者に悪い印象を与えてしまったり、そのまま忘れられてしまったりして、採用されなくなる可能性が高ります。なお応募先からの連絡に出られなかった際、あなたから折り返しの電話をする場合には、相手の営業時間外の連絡や忙しいと思われる時間帯の連絡は避けることをおすすめします。

電話でバイトに応募する際の注意点

バイトに応募の電話をする際には、以下の2点に注意しましょう。

  • 話しやすい場所で電話をする
  • 印象が良くなるような話し方を意識する

相手があなたの話を聞きやすいよう、バイトに応募の電話をする際には、静かな場所から発信することをおすすめします。何度も聞き返されたり、携帯の電波が悪くて何度も会話が途切れたりする状況は、相手に余計なストレスを与えてしまう恐れがあるからです。

またバイトに応募の電話をする際には、ゆっくりとハッキリとした話し方で電話をすることも大切です。印象が良くなる話し方や、相手に配慮できる電話の仕方を意識すると、あなたの印象が良くなり、採用率が高まると期待できます。

なおビジネスシーンでは「もしもし」という受け答えはマナー違反とされるケースが多い点にも注意しましょう。

バイトの電話に関するよくある質問

バイトに応募する時の電話に関するよくある質問は、以下の2つです。

  • 指定された面接日時に予定が入っている時の答え方は?
  • なかなか選考結果の連絡が来ない場合はどうすれば良い?

よりスムーズにやりとりを進められるよう、上記2つのよくある質問を順に見ていきましょう。

指定された面接日時に予定が入っている時の答え方は?

相手から面接の日時を指定された際、既に予定が入っている場合の答え方は、以下をご覧ください。

「大変申し訳ございません。その時間は都合がつかないので別の日時で面接をお願いできますでしょうか」

上記のように、まず申し訳ない気持ちを伝えると、相手に対する気遣いができることをアピールできます。こういった何気ない一言が相手からの印象を良くし、採用される確率が高まることがある点をおさえておきましょう。

なかなか選考結果の連絡が来ない場合はどうすれば良い?

「〇日までに選考結果をお伝えします」などと言われたのに、バイトの応募先から電話がこない場合には、頃合いを見てあなたから連絡をしてみると良いでしょう。具体的には当初連絡をもらえるはずだった日を過ぎた際が、あなたから電話をするのにおすすめのタイミングです。

選考結果の連絡が来ない状況で、あなたから電話をする際の話し方としては、「面接の選考結果につきまして、昨日までにご連絡をいただけるとのお話でした。もし結果が出ていれば教えていただけますでしょうか」などと伝えると、スムーズにやりとりができるはずです。

もし「〇日までに結果を連絡します」と言われなかった場合には、面接から2週間以上経ったタイミングを目安に、あなたから連絡をしてみると良いでしょう。

電話のコツがわかった後は求人ジャーナルでバイトを探してみよう

バイトの求人に応募する際には、スムーズにやりとりするための準備や心構えが重要です。面と向かって話せない電話だからこそ、相手に対する気遣いを心がけるなどの意識をすることで、採用される確率を高められると期待できます。

「バイトに応募する方法がわかったから、早速気になる求人を探したい」と思った人は求人ジャーナルで効率良く希望に合う求人を見つけましょう。求人ジャーナルには7万件以上のバイト情報が掲載されており、「未経験者・初心者歓迎」「ブランクOK」など、詳しい検索条件の設定ができます。

検索条件の保存や新着順・時給順での並び替えもできるので、効率良く理想のバイトを見つけたい場合には以下から求人ジャーナルを活用してみましょう。

\ 電話のコツがわかった後は求人ジャーナルでバイトを探してみよう /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次