コンビニバイトの面接質問&回答例!注意点や採用されやすい人の特徴とは

コンビニバイトの面接質問&回答例!注意点や採用されやすい人の特徴とは

この記事では、コンビニバイトの面接を通過するために役立つ情報を解説します。コンビニバイトの面接における頻出質問・回答例の他、面接を受ける際の注意点を把握しておけば、採用率を高められます。

「コンビニバイトはきつい?」「コンビニバイトにはどんなメリットがある?」という疑問も解消できるので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

回答例|コンビニバイトの面接における頻出質問

まずは以下の点から、コンビニバイトでよく聞かれる質問と回答例を解説していきます。

  • 志望動機
  • シフト
  • 勤務開始日
  • 通勤
  • バイト経験
  • 自己PR
  • 直近のバイトを辞めた理由
  • 逆質問

適切に答えて採用してもらえるよう、次の項目から「コンビニバイトの面接における頻出質問・回答例」を見ていきましょう。

志望動機

コンビニバイトの面接では、「志望動機をお聞かせください」と言われることが多いです。コンビニバイトの面接で志望動機を聞かれた際の回答例は、以下をご覧ください。

頻繁に利用するコンビニで、特に菓子パンが好きで購入しております。また、こちらのコンビニは家から徒歩5分の距離にあって通いやすく、店員さんも親切な方が多いので、このコンビニでバイトしたいと思いました。

コンビニバイトの面接で志望動機を聞かれた際は、どのような点に魅力を感じて応募したのかを伝えましょう。志望動機が曖昧だと「この人を採用しても、しっかり働いてもらえないかも」「すぐに辞められそう」などと懸念されて、不採用になるかもしれないので、コンビニバイトの面接を受ける際には、予め志望動機を考えておくことをおすすめします。

シフト

コンビニ側が求めているシフトに入れるかどうかは、面接の採否を決める重要な要素となることが多いです。そのため「平日の17時~22時にシフトに入ることができ、週3日ほどの勤務を希望します」など、バイトできる日時と希望の勤務回数を伝えましょう。

コンビニバイトの面接で採用率を高めるためには、あなたが希望するシフトと店舗側が希望するシフトが合うかどうかを確認することが大切です。例えば「17時~22時にバイトできる方を募集します」と記載されているのに、「早朝しか働けません」と面接で伝えると、不採用になるリスクが高まります。

そのため事前に求人内容を見て、募集されている時間帯にバイトできるかどうかを確認しておくことをおすすめします。また夏休みや年末年始など長期的に休みたい時期がある場合、後でトラブルにならないよう、面接の際に伝えておくと良いでしょう。

勤務開始日

コンビニバイトの面接では、「いつから働き始めることができますか?」と勤務開始日を尋ねられることがあります。例えば「体調不良で急にバイトさんが辞めたから、すぐに働ける人を雇いたい」と考えているコンビニでは「3日後から働けます」など、早くバイトを始められる応募者に魅力を感じやすいです。

コンビニバイトの面接時に勤務開始日を聞かれた際、「自宅に帰ってスケジュール帳を見ないとわからないです」といった答え方をすると印象が悪くなる可能性があるため、事前に「いつから働けるのか」を確認しておくことをおすすめします。

通勤

「通勤手段は何ですか?」「自宅から当店に来るまで、どれくらいの時間がかかりますか?」など、コンビニバイトの面接では、通勤に関する質問をされることがあります。以下のような考えがあり、コンビニバイトの面接時に通勤関連の質問をすると考えられます。

当店には駐輪場がないため、できる限り徒歩で通勤できる人を雇いたい。

以前、遠くから通っているバイトさんが通勤負担を理由に辞めたので、できるだけ自宅が近い人を採用したい。

通勤に関する回答で無理をして答えると、後々あなたの負担が増える可能性があるなどのデメリットがあるため、正直に答えることをおすすめします。

バイト経験

コンビニバイトの面接でバイト経験の有無を聞かれる主な理由は、どれくらいの研修が必要かを見極めるためです。もしあなたにスーパーや飲食店などのバイト経験がある場合、「接客スキルの基本を身に付けているケースが多いため、早い段階で活躍してもらえそうだ」などと感じてもらえるでしょう。

ただし、バイト経験がないから即不採用になるとは限りません。「バイト経験がないけど採用してもらいたい」という場合、未経験者歓迎・学生歓迎などのコンビニバイトに応募すると良いでしょう。

自己PR

「あなたの長所はなんですか?」など、コンビニバイトでは自己PRを求められることがあります。上手く自己PRをするコツは、あなたの経験をもとに、強みを具体的に伝えることです。

例えばあなたがコミュニケーション能力に自信を持っている場合、「部活で副キャプテンを任され、キャプテンと部員の考えをうまく調整して、チームをまとめた経験があるため、良い人間関係を構築することが得意です」などとアピールすると良いでしょう。説得力が増す、採用担当者があなたの強みをイメージしやすくなるなどのメリットがあるため、コンビニバイトで自己PRを求められた際には、実体験をふまえて強みを伝えましょう。

直近のバイトを辞めた理由

あなたにバイト経験がある場合、「前のバイトを辞めた理由を教えてもらえますか?」と聞かれるケースがあります。直近のバイトの退職理由を聞かれた際は、できる限りネガティブな印象を与えないような答え方がおすすめです。

具体的には、「以前のバイト先は往復1時間かかるので、時間をより有効活用できるバイトに変えたいと思い、退職しました」などと答えると良いでしょう。直近のバイトを辞めた理由を聞かれた際、「仕事に飽きた」「店長の指導が厳しかった」などと答えると、採用担当者から「うちで働いても、すぐ不満を感じて辞めるのでは…」と思われる可能性があるため、伝え方に注意しましょう。

逆質問

コンビニバイトの面接では、「最後に何か質問はありますか?」と逆質問をされることがあります。逆質問をされた場合、疑問点を確認しておくと良いでしょう。

例えば「残業はどれくらいありますか?」「バイトしている高校生はいますか?」など、気になった点を質問しておくと、働き方をイメージしやすくなるはずです。特に疑問点がない場合は、素直に「わかりやすくご説明いただいたので、質問はございません」と答えると良いでしょう。

コンビニバイトの面接を受ける際の注意点

コンビニバイトの面接を受ける際は、以下の3点に注意しましょう。

  • 身だしなみを整える
  • 余裕を持って準備する
  • 基本マナーを把握しておく

次の項目から、上記の注意点をわかりやすく解説していきます。

身だしなみを整える

コンビニバイトの面接を受ける際に身だしなみを整えておかないと、不採用のリスクが高まるため注意が必要です。古いTシャツや大き目のジーンズなど、コンビニでバイトする際、お客様に良くない印象を与える恐れがある服装で面接に行くことはおすすめできません。

また派手なネックレスやブレスレットなども、付けない方が無難でしょう。襟付きのシャツやブラウス、チノパンなど、清潔感のある服装でコンビニバイトの面接を受けると、採用担当者の印象が良くなりやすく、採用率が上がると期待できます。

髪型やメイクなどもコンビニバイトで働く人にふさわしい格好を心がけると、より採用してもらいやすくなるはずです。

余裕を持って準備する

5分前には店舗に着いておくなど、コンビニバイトの面接を受ける際には、余裕を持っておくことをおすすめします。滞りなく面接を受けられれば好印象を与えやすく、採用率を高められると期待できるからです。そのため、事前にコンビニまでの経路を確認したり、必要な持ち物を揃えたりすると良いでしょう。

ただし面接時間の20分前など、到着が早すぎると相手を急かしてしまうなどの負担をかけてしまう恐れがあるため、注意が必要です。

基本マナーを把握しておく

コンビニバイトの面接を受ける際には、挨拶や気配りなどの基本マナーを把握しておきましょう。例えば面接を受けるためにコンビニに入った際、混雑しているにも関わらず店員に声をかけると迷惑になってしまいます。

またバイトの応募者であることをレジのスタッフに伝える際にも、「お忙しいところ恐れ入ります。本日15時からバイトの面接を受ける予定の○○と申します」など、礼儀正しく話しかけることが大切です。採用担当者ではないからといって失礼な態度を取ると、後で採用担当者の耳に入り、不採用になる可能性が高まるため、基本マナーをおさえたうえでコンビニバイトの面接を受けましょう。

コンビニバイトの面接で採用されやすい人の特徴

コンビニバイトの面接で採用されやすい人の特徴は、以下の通りです。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 出勤日時に融通がきく

「どのような人が採用されやすいのか」を把握しておけば、コンビニバイトの面接で良い印象を与えるコツが見えてくるので、次の項目から上記2点をチェックしていきましょう。

コミュニケーション能力が高い

多くのお客様と関わるコンビニバイトは、コミュニケーション能力が高い人ほど採用されやすいです。お子さまから高齢者まで、様々なお客様が来店されるコンビニがあるため、相手や状況に応じて適切に接客できる人はコンビニバイトの面接に通りやすいでしょう。

またコンビニでバイトをする際は、仲間と協力して働くことも重要な点からも、コミュニケーション能力が高い人は面接で採用されやすいと考えられます。コンビニバイトの面接では、「気持ちの良い挨拶ができるか」「相手の目を見て話せるか」などの点が見られることがあります。

出勤日時に融通がきく

複数の時間帯で働ける・土日祝もシフトに入れるなど、出勤日時に融通がきく人ほどコンビニバイトの面接で採用されやすいです。その理由は、出勤日時に融通がきく人ほど、急なシフト変更が必要になった時や、長期休暇の際に出勤してもらいやすいからです。

反対に出勤日時に融通がきかない人はシフトに入ってもらいづらい点から、人手が足りない時間帯が生じやすくなります。このような点から、できる範囲で前向きにシフトに入りたい旨を伝えるとコンビニバイトで採用されやすいでしょう。もし出勤が難しい日時に「シフトに入れそうですか?」と聞かれた時は、「出勤できない」と伝えるより、「調整すれば入れるかもしれません」と前向きに伝えることをおすすめします。

コンビニバイトの面接に関するよくある質問

コンビニバイトの面接が気になる方は、以下の疑問を抱くことがあります。

  • コンビニバイトはきつい?
  • コンビニバイトのメリットは?

すっきりとした気持ちでコンビニバイトの面接を受けられるよう、次の項目から上記2つの「よくある質問」を見ていきましょう。

コンビニバイトはきつい?

バイト経験がなかったり、混雑しやすい店舗で働いたりすると、「コンビニバイトはきつい」と感じやすいです。コンビニバイトの仕事内容は、レジや商品陳列の他、調理や清掃などがあり、バイト経験がない人などは業務に慣れるまで時間がかかりやすいです。

また来店者が多いコンビニほど素早い対応が求められるため、「忙しすぎてきつい」と感じる可能性があります。その一方でコンビニバイトは一度業務を覚えると、楽だと感じることがあり、深夜など仕事が少ない時間帯に割高の時給で働けるケースもあるため、魅力を感じる人もいます。

コンビニバイトがきついのかどうか気になった方は、以下の関連記事でコンビニのバイト内容や、きついと感じにくい人の特徴などを見てみましょう。

あわせて読みたい
コンビニバイトはきつい?楽?仕事内容やメリットがどんな感じか解説 「コンビニバイトはきつい?それとも楽?」 そんな方のため、コンビニバイトの仕事内容やメリット・デメリットなどをまとめました。コンビニバイトがきついと感じないた...
コンビニバイトのメリットは?

コンビニバイトの主なメリットは、以下をご覧ください。

  • 業務内容を覚えると楽と感じやすい
  • 研修・フォローが充実している店舗がある
  • 同世代の仲間を作りやすい
  • 様々なスキルを磨ける
  • 効率良く働ける

コンビニバイトでは、どの時間帯でも似た働き方をするので、仕事内容を一度覚えると、その他の時間帯でも働きやすいというメリットがあります。また未経験者歓迎・学生歓迎のコンビニは珍しくなく、研修やフォロー体制が整っている店舗があるところもコンビニバイトのメリットです。

他にも学生や主婦などがバイトをする時間帯がある程度決まっているコンビニがあったり、接客・調理など様々なスキルを磨けるところもメリットと言えるでしょう。

面接について把握できた後は求人ジャーナルで理想のコンビニバイトを探そう

コンビニバイトの面接で、どのような質問をされるのかを把握し、回答を考えておけば採用される確率を高められます。あわせて身だしなみやマナーなどの注意点をおさえておけば、よりコンビニバイトで採用されやすくなるでしょう。

「コンビニバイトの面接を通過するコツがわかったから、実際に応募したい」という方には、求人ジャーナルがおすすめです。求人ジャーナルには多くのコンビニバイトの求人があるうえ、勤務地や特徴などの検索機能も充実しているため、あなたの希望に合う店舗を効率良く探せます。

理想に近いコンビニバイトを探したい方は、早速以下のページで、どのような求人があるのかチェックしてみましょう。

\ 面接について把握できた後は求人ジャーナルで理想のコンビニバイトを探そう /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次