「営業を辞めたい!」あるあるな理由と体験談・対処法を徹底紹介

「営業を辞めたい!」あるあるな理由と体験談・対処法を徹底紹介

「営業を辞めたい…」と思いつつ、営業職のやりがいに気づけていないだけなのか、本当に営業に向いていないのか判断できずに、モヤモヤした気持ちを抱えたままになっている方は多いものです。この記事では、営業のやりがいについて再度振り返りながら、営業を辞めたいと感じる人に多い理由や対処法について紹介していきます。

目次

営業職の魅力とは?

営業という職業は、受注・目標達成時の達成感や、会社の利益にダイレクトに貢献できる充実感を味わえる職業です。様々な業界の人や企業を訪れ、顧客の課題解決をサポートし、信頼関係を築いていく面白さも、営業ならではと言えます。

また、営業は努力や成果がインセンティブなどで評価されやすく、報酬という目に見える形で評価されます。営業自体が会社の花形となっているところもあり、営業は市場価値の高い人材として扱われる職業の1つです。

「営業を辞めたい」のよくある理由と対処法

営業職はやりがいが多い仕事である一方、辞めたいと感じている人も中にはいます。ただし、勢いだけで営業を辞めてしまうと後悔する可能性もあるため、まずは自身が営業を辞めたいと感じている理由を明確にしましょう。ここでは、「営業を辞めたい」と感じている人によくある理由と対処法を解説していきます。

ノルマがきつい

営業は常にノルマや数字に追われる職業です。あらかじめ設定されたノルマを達成しないと上司から叱られることもあります。義務化されたノルマに納得感が持てないまま仕事をすると、数字に追われることへのプレッシャーや、やる気の低減からストレスを感じてしまいがちです。

「ノルマをこなすのがきつい」「数字に追われるのが苦手」と感じる方は、ノルマのない営業や別職種への異動・転職を検討しましょう。

残業が多い

営業は比較的残業の多い職種です。営業会社では、定時の時間内は営業活動に専念し、定時終了後に商談に必要な資料や請求書を準備しなければならない会社も存在します。

加えて接待が必要だったり、土日関係なく顧客からの電話や対応に追われたりすることも珍しくありません。

そのような場合は、まず営業から遠ざかってしまうのではなく、完全土日休みかつ、残業が少ない企業を探しましょう。求人に記載された平均残業時間から、おおよその働き方を予想できるのでチェックしてみてください。

お客様とのコミュニケーションが辛い

営業をしていると、テレアポや飛び込み営業を強いられることもあります。成約につながる場合もあれば、クレームや罵声を浴びせられる場合もあり、顧客とのコミュニケーションを辛く感じてしまう人も多いでしょう。

営業は顧客とのコミュニケーションが必須の職業なので、コミュニケーション自体が苦手と感じるのであれば、営業を続けるのは難しくなります。事務や総務といった、顧客とのコミュニケーションが少ない職種への異動・転職を考えてみましょう。

営業の成果が出ない

思うような成果が出ないと、なんとなく社内での肩身がせまいと感じてしまうものです。加えて努力が実らないと、ストレスを感じる人も多いでしょう。

成果さえ出せば営業が嫌ではなくなる可能性もあるため、少なくとも1年は営業を続けてみて、自分の適性を判断するのが得策です。

ただ、何年も営業をしているのに成果が出ない場合は、努力の仕方が間違っている可能性もあります。身だしなみや話し方はもちろん、目標達成に向けた細かいスケジュールを立てたり、提案を2パターン以上用意したりするなど、営業で成果を上げるコツを上司に聞いて実践してみましょう。

ルーティンワークに飽きてしまった 

ルート営業や、営業経験が長い人ほど、ルーティンワークに飽きてしまいがちです。様々な顧客と対面し、多種多様な案件をこなしていくことに初めは刺激ややりがいを感じますが、年数を重ねると慣れてきてしまい、新鮮味がなくなってしまうのです。

「新しいチャレンジをしてみたい!」という好奇心があるのであれば、業界を変えて、異なる営業スタイル、顧客にチャレンジするのもおすすめです。

営業方針や商材が合わない

営業経験をある程度積んでいる人にありがちなのが、営業方針や商材とのミスマッチです。顧客の課題を解決するには、扱う商材やサービスに限界があるのにも関わらず、会社の方針上変えることができないこともあるでしょう。

限界を感じるのであれば、異なる営業方針、商材を扱う企業へ転職しましょう。商材やサービスが変わることで営業スタイルも全く別物になり、営業しやすくなるはずです。

成果に見合う報酬が受け取れない

企業によっては、営業成績がよくても給与や賞与に反映されず、成果に応じた評価がされないところもあります。他の社員と比べて成果を出しているにも関わらず、年齢や経験年数が足枷となり、平等に評価されないとやる気が削がれてしまうのは当然です。

自分の営業スキルに自信がある方は、成果を報酬で評価をしてもらえる企業へ転職し、年収アップを狙ってみましょう。

営業が向いていない人の特徴

営業を辞めたいと思ったとき、いきなり辞めるのではなく、まずは一歩立ち止まって本当に辞めるべきかどうか考えてみましょう。そのためには、自身が営業に向いているかどうかを改めて考える必要があります。ここでは、営業が向いていない人の特徴を紹介していきます。

コミュニケーション能力が低い

営業において要求されるコミュニケーション能力とは、「初対面の相手ともうまく打ち解けられるか」といった単純なスキルではありません。

顧客の課題をうまく引き出すヒアリング能力や、相手の意見を聞いてうまく汲み取る能力、自分の意見を相手にうまく伝える能力などが必要です。

関係性を構築した後も、コミュニケーショントラブルや認識の違いが起きないよう、危機意識を持ってまめなコミュニケーションを取ることが求められます。

計画性がない

営業はマルチタスクになる場面が多く、計画性を求められる職種とも言えます。営業先の担当者と連絡がつきやすい時間帯に抜け漏れのないよう連絡するなど、顧客の状況に応じた対応が必要です。

また、「商談成功率が◯%だから、◯件アポイントを取らなければ目標が達成できない。そのために1日◯件のテレアポが必要」など、ノルマを達成するための道のりを細分化してスケジューリングすることも大切です。

計画性がないと、自身の目標を達成できないばかりか、顧客のクレームにつながる可能性も高くなってしまいます。

指示通りに仕事をこなすことが好き

営業は自由度が高く個人プレーの側面が強い反面、仕事の進め方が確立されておらず、自己責任とみなされてしまう傾向があります。また、必ず契約が成立する必勝術などもなく、顧客に合わせてアプローチの仕方を変えていく必要もあるでしょう。

顧客への関わり方や一日のスケジュールなど、自身で決められる範囲が大きい分、指示通りに仕事をこなすことが好きな方は、何をしたらいいのか分からず、目標達成への道のりが手探り状態となってしまうかもしれません。

そのような場合、新規顧客の開拓をする自由度の高い営業ではなく、ルート営業のように決められた顧客を回って、製品の定期点検やサポートを行う営業を検討してみましょう。

小さなミスやトラブルを引きずってしまう

日々様々な顧客と向き合う営業にとって、クレームや小さなミス、トラブルはつきものです。真面目で繊細な人ほど、失敗をくよくよと引きずってしまう傾向にあり、営業活動に支障をきたしてしまいがちです。

また、いつでも目標を達成できるに越したことはありませんが、なかなかそう上手くはいきません。営業をこなしていくには、失敗を引きずらず、気持ちを切り替えて次につなげていくことが求められます。

【体験談】実際に営業を辞めてよかった?

営業を辞めようと考えている場合、実際に辞めた人がどう感じているのか知りたいと考える人も多いでしょう。ここでは、「営業を辞めてよかった」と実際に感じている人の転職体験談を紹介していきます。

数字に追われるのが苦手(23歳女性)

私は、不動産会社で1年営業を経験し、テレアポや飛び込み営業を経験しました。目標の数字を達成するために、上司とマンツーマンの営業会議が開かれることも多く、「お客様にステキなお部屋を提案したい」と営業を選んだものの、数字に追われる生活に疲れを感じていたんです。

転職を決意し、同じ不動産業界で営業事務に挑戦しました。今は数字に追われることもなくなり、顧客に商材の魅力を知ってもらう資料を作成することにやりがいを感じています。

このままでいいのか不安(32歳男性)

私は、電機メーカーのルート営業を5年経験しました。「もともと人と話すのが好きだし、営業の仕事にも向いている」と感じていましたが、ルーティーンワークをこなしていく中で、将来の収入や自身の営業スキルへの不安を感じ始めました。

その後は、新規開拓がメインの営業職に転職しました。様々な顧客の困りごとをヒアリングし、最適な解決策を提案していく営業スタイルになり、かなり高いスキルが要求されますが、営業としてスキルアップできるのが嬉しいです。以前とは違い、やりがいのある日々を送れるようになりました。

ワークライフバランスを重視したい(25歳女性)

私は、大手広告代理店で営業を2年経験しました。広告代理店でバリバリ仕事をこなすことに憧れていましたが、現実は深夜まで会社にこもって働くことも多く、疲れから休日は寝て過ごすことがほとんどでした。「この先もずっとこの働き方はできない。ワークライフバランスをもっと大切にしたい」と思い、転職を決意。

現在は、人事事務に転職し、社員の育成や採用に携わる仕事に就いています。繁忙期はあれど、残業はほとんどありません。今は、自分が採用や育成した人が成長し、会社に貢献してくれることに喜びを感じています。

営業を辞めたいと思った際に考えるべきこと

ストレスが多く精神的な負荷が大きい場合や、努力してもどうしても成果が出せないなど営業に向いていない場合は、辞めてしまっても全く問題ありません。ただし、営業を辞めたことで後悔してしまってはもったいないので、営業を辞めるべきかどうか悩んでいる方は、以下で紹介する内容を今一度考え直してみましょう。

辞めたいと思ったきっかけを振り返る

「営業を辞めたい」と思ったきっかけが、営業職に特有の事象なのか、他の職種にも起こりうる事象なのかを深掘りしてみてください。

きっかけを深掘りしておくと、営業の仕事自体が嫌なわけではなく、今の会社が嫌なだけということはよくあります。自分が営業を辞めたいと思ったきっかけを洗い出し、「新規開拓がなければ」「興味のある商材であれば」など、辞めずに済む条件を考えてみましょう。

改めて自己分析し直す

自分が営業に向いているのか、はたまた他に向いていることがあるのか考えてみましょう。自分が苦手に感じることも一緒に洗い出しておくと、自己分析がスムーズになります。

営業を通して得られたスキルや、今後挑戦したいことに注目し、自分はどんな仕事をしたいのか考えてみてください。

転職しないと叶わないことなのか考える

転職は新しい社風・人間関係など、慣れない環境で一から学び直す必要性があり、想像以上に疲れるものです。今の会社の別部署に異動し、環境を変えずに済むのであれば、負担を軽減できます。異動先が未経験職種であっても、これまでのキャリアがあるため、転職よりも異動のほうがハードルは低めです。

ただし、営業職メインで構成された小規模企業では、そもそも他の部署がないケースや、別職種の人材が足りているケースもあるため、検討する際は確認が必要です。

営業職といってもスタイルは様々

同じ営業といえども、以下のように様々な営業スタイルが存在するため、自分に合う営業スタイルは何なのか考えてみましょう。

  • 商材と価格帯
  • 顧客の違い(法人か個人か)
  • 新規開拓かルート営業か
  • 直販か代理店か

上記が異なれば、担当する顧客数や営業の難易度、ノルマの有無、テレアポや飛び込み営業の有無などが変わってきます。

例えば、高価格帯の商材であれば顧客数は絞られ、成約までにかける時間も長くなりますが、低価格帯の商材であれば、いかにアプローチの数を担保し顧客を獲得するかがポイントになってきます。

また、医薬品や車といった有形商材は、継続的な利用を促すフォロー力が必要になりますが、コンサルティングや広告といった無形商材は、ニーズを汲み取るヒヤリング力が要求されます。

転職の方向性を明確化

ここまでの項目を一通り考えたら、最終的に営業を辞めるべきかどうかを考えてみてください。営業という仕事そのものが嫌な場合は、別職種への異動や転職を検討しましょう。

反対に会社の社風や営業方針、商材などが自身に合わないだけで、営業スタイルを変えることで自身の不満が解消される場合は、経験を活かせる営業職へ転職する方が有利に働く場合もあります。転職の方向性を明らかにしておくことで、軸のぶれない転職ができるでしょう。

営業職が転職しやすい職種

営業職はどの会社にも必要な職種であり、会社の利益は営業によって左右されるといっても過言ではありません。一般的に営業職は市場価値が高いとされる職種のため、経験を積んでおくことで次の転職にはメリットが多数あります。ここでは、営業経験を活かして、未経験でも転職しやすい職種を紹介していきます。

インサイドセールス

インサイドセールスとは、見込み顧客に対して、メールや電話といったオンライン上で行う営業活動を指します。アポ取りだけを目的としたテレアポと違い、インサイドセールスは、見込み客が抱えている課題をヒアリングしたり、関係を構築したりといった目的もあります。

ただし、通常の営業とは違い実際に顧客のもとへ訪問することはないため、営業経験を活かしつつ内勤の仕事がしたいと考えている方に向いています。

カスタマーサポート

カスタマーサポートとは、顧客からの問い合わせに対応し、問題解決を目的とした職種です。商品やサービスの使い方説明からクレーム処理といった多岐にわたる問い合わせに対応します。

カスタマーサポートでは、営業で培ったヒアリング力や解決策を提示する提案力などを活かせるでしょう。また、カスタマーサポートは応対時間が決まっているため、残業になることもほとんどありません。営業経験を活かしつつワークライフバランスも重視したいという方におすすめの職種です。

カスタマーサクセス

カスタマーサクセスは、商品やサービスを利用し始めた顧客に対してアプローチをかけ、顧客満足度が上がるようサポートし、解約率を下げることを目的としています。

商材を提案する営業や、問い合わせに対応するカスタマーサポートとは違い、カスタマーサクセスでは顧客が商品やサービスのどこに不満を感じているかを導き出し、解決することが求められます。

そのため、問題解決力やヒヤリング力といった営業で培われるスキルを活かせるでしょう。

営業事務

営業事務は、商談に必要なプレゼン資料や請求書などの作成といったオフィスワークがメインであり、営業が商材をより多く販売できるようにサポートします。

営業事務は顧客と全く接点がないわけではなく、営業の代わりに顧客に資料をメールで送付したり電話をかけたりすることもあります。

そのため、事務スキルはもちろん、一定のコミュニケーション能力も求められます。営業活動とは違った形で、営業で得た知識を活かせる仕事がしたいと考えている人におすすめです。

キャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーとは、求職者に対してサポートやアドバイスなどを行う仕事です。転職エージェントに在籍し、登録した求職者に対してサポートを行います。

キャリアアドバイザーは、求職者の要望を汲み取りつつ最適な転職先を提案する必要があり、営業経験で培ったヒアリング力・提案力を活かせます。営業のように積極的な提案を行うのではなく、まずは人の気持ちに寄り添いたいと考えている人に向いている職種と言えます。

コンサルタント

コンサルタントとは、顧客の抱える課題を解決するために戦略を立てて提言する仕事です。営業では自社商品販売がメインですが、コンサルタントは顧客の抱える問題点の解決策を考え、アドバイスすることによって会社を発展させることを目的としています。

コンサルタントは営業よりもレベルの高い問題解決能力やヒアリング力が求められます。新規顧客の開拓よりも顧客に深く寄り添う仕事がしたいと考えている人におすすめです。

コールセンターのスーパーバイザー

コールセンターのスーパーバイザーとは、コールセンターの質の向上を目指してスタッフの研修・育成・マネジメントなどを行う責任者を指します。オペレーターとしての仕事を行うこともありますが、基本的にはスタッフの育成や労働環境の改善など、統括的な仕事をこなします。

営業としてチームを統括した経験があれば、培ったマネジメント能力を活かせるでしょう。営業チームの筆頭に立って売上を上げるのではなく、バックオフィスでチームを統括して売上に貢献したいと考えている人におすすめです。

飲食・アパレル・小売業の店舗管理

仕入管理や売上管理、スタッフの育成など、店舗の運営を統括して仕切る仕事のことです。

店舗管理においては、コミュニケーション能力や対人スキルに加えて、コスト管理や経営戦略といった部分も要求されます。営業で培ったスキルを活かしつつ、経営にも携われる職種です。

マーケティング職

マーケティング職とは、自社商品やサービスの認知度・普及率を向上するために、市場調査を行い、広告運用やSNSの活用などさまざまな施策を実行する仕事です。

マーケティング職では、営業で培った分析力を活かせます。顧客の行動パターンをデータで分析しながら、トライアンドエラーを繰り返していくため、より思考分析が得意な人に向いています。

企画職

企画職とは、市場のニーズをくみ取って新しい企画を考え、商品やサービス、戦略に落とし込む仕事です。商品企画以外にも、販売戦略や施策を練る営業企画、会社全体の経営や事業運営に携わる経営企画などさまざまな種類があります。

営業時代に課題に感じていた商材や戦略・方針の問題点をダイレクトに解決できるため、より根本的な企業の課題を解決していきたい方におすすめの職種です。

営業職が未経験職種への転職を成功させるポイント

営業職はどの企業からも求められる市場価値の高い職種です。ただし、これから営業職以外の未経験職種に転職する場合には、きちんと準備を整えておかないと選考の通過が難しくなる場合もあります。ここでは、営業職ならではの転職を成功させるポイントを解説します。

営業を辞めて解消したいことを明確化する

まずは営業の何が嫌なのかを洗い出し、解消したいことを明確化しましょう。「ライフワークバランスの取れる会社がいい」「数字に終われない仕事がいい」など、自身が嫌だと思っていたことが転職先を決める軸になるためです。

「残業が多い」「顧客とのコミュニケーションが苦手」「ノルマがきつい」など、考えられることを1つ1つノートに書き出してみてください。頭の中でモヤモヤと考えるのではなく、紙やスマホ・PC上のメモなどに書き出すことで、問題が可視化できます。

今後挑戦したいことを考える

単に「営業が嫌になってしまった」「ノルマに追われるのがツラかった」という転職理由だけでは、どの企業からも魅力的な人材とはみられません。営業を辞めたいというネガティブな感情は一度忘れ、今後何をしたいのか、どういった人材になりたいのかを考えてみましょう。

そのためには、自身の長所・短所ややりたいことなど、自己分析が重要になってきます。自己分析の内容をもとに、今後何に挑戦したいのか見つめ直してみてください。

営業で培ったスキルを棚卸する

営業以外の未経験職種へ転職しても、営業経験やそこで培ったスキルが全く役に立たないわけではありません。営業の市場価値が高いのは、単に会社に利益を直接もたらすポジションというだけでなく、どの職種においても役に立つポータブルスキルが身に付くためでもあります。

特に企業は選考の場で、あなたを採用するメリットが自社にあるかどうかを見ているものです。「全くの未経験職種ですが頑張ります」とアピールするよりも、「営業で培った折衝力を、様々な部署と連携する御社のプロジェクトに活かしていきたい」など、営業経験で培ったスキルをアピールする方が魅力的な人材に見えるでしょう。

無闇に営業から遠ざからない

営業が嫌になっている人の中には、顧客とのコミュニケーションが発生しない仕事や、一人で黙々と作業できる仕事など、営業活動とは無縁な仕事ばかりに応募してしまいがちです。

しかし、なかには「ノルマに追われながら顧客とコミュニケーションを取るのが嫌」なだけであり、「人と話すことは好き」という場合もあります。このように、コミュニケーションの発生する仕事を無闇に遠ざけてしまう必要はないケースもあるのです。後悔のない転職をするためにも、営業の何が嫌だったのかを今一度振り返ってみましょう。

様々な業界・職種を見る

営業からの転職を考える際、十分な業務知識を持たずに希望職種を絞ってしまう方は、営業以外の職種に対してイメージが先行している場合があります。

例えば「事務職=残業が少なくてノルマがない」と考えがちですが、業界や会社によって残業が多い事務職も当然あります。

そのため、イメージだけで選択肢を狭めてしまうのではなく、営業経験を活かせるマーケティング、コンサルタント、アドバイザーなど、幅広く業界・職種を見るようにしましょう。

営業を辞めたい場合によくある質問と回答

最後に、営業を辞めたい場合によくある質問と回答を紹介していきます。

営業を辞めたいのは甘え?

営業職についてから数年経っている場合、一概に甘えとは言えません。「辞めたい」と感じてしまうのは甘えではなく、会社や人間関係、営業という仕事に何かしらの不満を抱いているサインだと思いましょう。

ただし、営業としてのキャリアが短い方の中には、「営業が向いていない」と決めつけてしまうものの、仕事に慣れていないだけだったり、「残業が多い」「上司と合わない」など、直接的に営業に起因していなかったりする場合もあります。まずは「辞めたい」と感じる原因がどこにあるのか探ってみてください。

営業を辞めたいとき転職理由はどう答えるべき?

応募先に、営業が嫌になってしまったことを伝える必要はありません。営業の仕事に対する批判は、面接官に「営業以外の仕事がしたいだけで、うちに入社したいわけではないのでは?」と思われ、選考でプラスに働かないためです。

転職理由はポジティブな表現に変え、転職後に実現したいことやチャレンジしたいことを主軸に伝えることを意識しましょう。

新規開拓・ノルマのない営業はある?

結論からいうと、あります。決まった担当先を定期的にまわるルート営業であれば、すでに顧客となっている相手に対して、さらに関係性を深めるのが仕事のメインなので、新規開拓や厳しいノルマを課せられない場合が多いです。

ルート営業では、顧客の現状やビジョンを把握し、トラブルの対応をしたり新たなニーズを掘り起こしたりと戦略的な営業活動が求められます。ノルマは課せられない分、顧客満足度に貢献するという目標があり、達成すれば評価される可能性も高くなるので、やりがいも感じられるでしょう。

営業職からの転職は求人ジャーナルで!

営業を辞めたいと感じたら、次に挑戦したいことややりたいことを見つけるためにも、どのような業界・職種で求人が募集されているか情報収集することも大切です。

求人ジャーナルでは、営業で培ったスキルを活かせる求人を多数掲載しているため、あなたに合った会社がきっと見つかるはずです。ぜひチェックしてみてください。

\ 営業職からの転職は求人ジャーナルで! /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次