バイトの辞め方とは?言いづらい場合におすすめの切り出し方・例文とは?

バイトの辞め方とは?言いづらい場合におすすめの切り出し方・例文とは?

現在働いているバイトを何らかの事情で辞めたいと思っていませんか?辞めたいけれども言い出しづらい・どう切り出せばよいのか分からないという人もいるかもしれません。

今回は、バイトの辞め方や退職意向の切り出し方、退職までの流れについて解説します。この記事を読めば、バイトを円満に辞める方法が分かるでしょう。ぜひ参考にしてください。

目次

バイトの辞め方

バイトの辞め方とは?言いづらい場合におすすめの切り出し方・例文とは?

バイトを始める際に履歴書の提出や面接などの手順を踏むように、バイトの辞め方にも手順があります。トラブルなく辞めるためにも、退職の意向を伝えるタイミングや最終出勤日までにすべきことを把握しておくことが大切です。

まずはバイトを辞める際の手順を確認し、何をすべきなのかをイメージしておきましょう。

退職の意向を伝える

バイトを辞めるにあたって最初にやるべきことは退職の申し出です。目安として、退職を希望する日の1ヶ月前には退職の意向を伝えたほうがよいでしょう。

スタッフが辞めることになれば、代わりの人員を補充するなど、店側には新たにやるべきことが出てくることがあります。バイトを募集すればすぐに代わりの人材が見つかるとは限らないことから、お店に迷惑をかけないためにも退職の意向はできるだけ早く伝えるのが理想です。

法律上、労働者は退職の意向を伝えてから2週間で退職できると定められています(民法第627条第1項)ただし、2週間では店側も十分な準備ができない可能性があるため、1ヶ月前には退職を申し出ておくとよいでしょう。

なお退職の意向を伝える際には、店長などの責任者に直接申し出るのが基本となります。バイトを辞めることは、店舗の運営に関わる重要な事項となるためです。

退職の手続きをする

次に、退職に関わる手続きを進めていきます。最終出勤日の調整や退職願の提出、健康保険に加入している場合は脱退に関する書類の記入など、やるべきことについてお店から指示があるはずです。伝えられた期限までに手続きを完了させ、できる限りお店に迷惑をかけないようにしましょう。

また、最終出勤日までに働いた分の給与支給日が退職後になるケースも少なくありません。最終の給与支給日がいつになるのかこの時点で確認しておくと、のちのトラブル発生リスクを下げられます。

最終出勤日までの退職準備を進める

最終出勤日までの期間に退職準備を進めておきましょう。具体的には、次に挙げる準備を進めておく必要があります。

  • 担当していた仕事の引き継ぎ
  • 有給休暇の消化(有給休暇が残っている場合)
  • 貸与物(制服・入館証・保険証など)の返却
  • 私物の持ち帰り など

退職準備に不十分な点があると、退職後に後任の担当者が混乱したり、あなたが残した私物の扱いに困ったりと、お店にさまざまな迷惑をかけることにもなりかねません。漏れのないようやるべきことをリストアップしておき、完了したものからチェックを入れていくことをおすすめします。

同僚に挨拶する

バイト先で一緒に仕事をしてきたスタッフには、退職時に一言挨拶するのが基本的なマナーです。相手との関係性などによって、退職する旨を前もって伝えたほうがよいかどうかを判断しましょう。目安として、普段からよく同じ時間帯のシフトに入っていたスタッフについては、退職後に負担をかける可能性があるため事前に退職予定日を伝えておくことをおすすめします。

バイト先によっては、最終出勤日に全員の前で挨拶をする・挨拶をせずに退職するなどの慣習があるかもしれません。判断に迷ったら店長などに確認し、これまでに退職した方々がどのように対応していたのかを確認しておくとよいでしょう。

バイトを辞める際の切り出し方・例文

バイトの辞め方とは?言いづらい場合におすすめの切り出し方・例文とは?

退職の意向を伝える際には、責任者が取り込み中ではないタイミングを見て「お話があるのですが、少しお時間をいただけますでしょうか」と話を切り出しましょう。その上で「〇月〇日にバイトを辞めさせていただきたいと考えております」などと明確に伝えることが大切です。

ここからは、バイトを辞める際の退職理由別に伝え方を紹介します。辞める理由に近いものを参考に、伝え方を考えてみてください。

バイト以外のことが忙しくなってきた

【伝え方の例】

就職活動に向けてインターンに参加することになり、バイトを続けるのが難しくなりそうです。インターン期間は3ヶ月ですが、インターン終了後は就職活動に専念したいと考えています。つきましては、突然で大変申し訳ありませんが〇月〇日をもちましてバイトを退職させていただきたくお願いいたします。

【伝え方のポイント】

授業や受験、部活・サークル、就職活動などが忙しくなってきたために、バイトを続けられなくなるパターンです。正当な理由であれば問題なく退職できる可能性が高いでしょう。

なお、実際には仕事内容やバイト先での人間関係などが退職理由の場合もあるかもしれません。こうしたネガティブな理由はあえて伝える必要はないので、あくまでも「バイト以外のことが忙しくなったので辞めさせていただきたい」と伝えるのがポイントです。

家庭の事情

【伝え方の例】

母親の体調が悪く、来週から入院することになりました。当分の間は病院と自宅を行き来することになるので、シフトに入るのが難しくなりそうです。つきましては、突然で大変申し訳ありませんが〇月〇日をもちまして退職させていただきたくお願いいたします。

【伝え方のポイント】

親の体調不良(看病・介護など)や引っ越しといった事情で辞める場合、デリケートな話題のためバイト先としても深入りするのは避けるケースがほとんどです。退職理由を伝える際にも、あまり詳しい事情に踏み込んで伝える必要はありません。これまで通りに出勤するのが難しくなることが分かれば、すんなりと了承してもらえる可能性が高いでしょう。

自身の都合

【伝え方の例】

先月から耳鳴りとめまいが悪化しており、病院を受診したところ、しばらくは仕事で無理をしない方がよいと言われました。その後、できる限り無理をせず勤務していたのですが、症状が悪くなる一方でお店にも迷惑をかけてしまいかねませんので、申し訳ありませんが退職させていただきたいと思っております。

【伝え方のポイント】

自身の体調不良や病気などの理由で退職する場合、仕事に支障をきたす症状なのかがポイントとなります。辞めたほうがよいと個人的に思っているだけでは、あまり説得力がないと思われかねません。医師から安静を言い渡されたなど、具体的な理由を添えるとよいでしょう。なお、場合によっては診断書の提出を求められることがあります。

おすすめできないバイトの辞め方

バイトの辞め方とは?言いづらい場合におすすめの切り出し方・例文とは?

バイトの辞め方が悪いと、人間関係の悪化やトラブルの原因となりかねません。バイトを退職するとはいえ、いつどこで同僚と再会することになるか分からないものです。トラブルを防ぐためにも、次に挙げるような辞め方は避けるようにしてください。

電話・ラインで退職理由を伝える

基本的に退職の意向は、責任者に直接伝えるのがマナーです。電話やラインで伝えるのはおすすめできません。

退職に関する重要な申し出を電話やラインで済ませてしまうと、相手の心証が悪くなる可能性があります。既読スルーによって退職の意向が伝わるタイミングが遅れてしまったり、「常識がない」という印象を与えてしまったりと、メリットがほとんどないのが実情です。

責任者が忙しく、話しかけるタイミングを見出せない場合は、電話またはラインで「お時間をいただきたい」という旨を伝え、後日直接伝えるという方法もあります。退職の申し出を電話・ラインだけで完了させるのは避けましょう。

突然音信不通になる

辞めることを伝えず、ある日突然音信不通になるといった辞め方はおすすめできません。店舗側は必要な人員を割り出してシフトを組んでいるはずです。バイトの方が急に出勤しなくなれば、お店の運営にも悪影響を及ぼす恐れがあります。

最悪のケースでは、お店の営業自体ができなくなり、損害賠償請求をされる可能性もゼロではありません。また、貸与物を返却できない場合、その分の代金が給与から差し引かれることも考えられます。状況によってはバイト先の人が自宅に訪ねて来たり、親に連絡したりすることもあり得るでしょう。

バイト先でお世話になったのは紛れもない事実なので、いかなる理由でも「バックレ」はおすすめできません。必ずきちんと手順を踏んだ上で、退職手続きを進めるようにしてください。

バイトの辞め方に関するよくある質問

バイトの辞め方とは?言いづらい場合におすすめの切り出し方・例文とは?

バイトを辞めるにあたって、「できればすぐに辞めたい」「トラブルになったらどうすればいい?」など、知っておきたいことは数多くあるでしょう。ここでは、バイトの辞め方についてよくある質問を紹介します。

すぐ退職したい時の辞め方は?

やむを得ない事情がある場合、店長などの責任者に相談した上で合意を得られれば、即日退職が可能な場合があります。

例えば「病気にかかってしまい出勤そのものが困難」「親が倒れたため今日から入院の付き添いが必要」などの場合です。すぐにバイトを退職した方がよい場合は責任者に事情を説明することで、相談の上で即日もしくは早期に退職できるケースがあります。緊急時にはバイト先への連絡を忘れがちなので、連絡しないまま放置しないようにしましょう。

トラブルになった際の対処法は?

バイト先に退職の意向を伝えた際、「後任の担当者が見つかるまで辞めさせない」「後任者の採用コストや引き継ぎにかかる人件費を給料から差し引く」などと主張された場合、どうすればよいのでしょうか。

結論としては法律上、労働者は退職意思を伝えた2週間後に退職できるため、従う必要はありません。(民法第627条第1項)。

なお、責任者との関係性が良くなく、直接伝えづらい・話をさせてもらえない場合は、退職届を内容証明郵便で送る方法もあります。ただし、相手の心証がさらに悪くなることも想定されるため、退職の意向はできる限り直接伝えるのが望ましいでしょう。

退職挨拶の例文は?

バイトの最終出勤日に同僚へ挨拶する際は、退職理由などを詳しく伝える必要はありません。簡潔であっても、感謝の気持ちが伝われば十分です。具体的には次のように伝えるとよいでしょう。

【個別に挨拶する場合】

お疲れさまです。このたび退職することになり、今日が最後のシフトとなります。〇〇さんとご一緒できて、楽しく働くことができました。今までご指導いただき、ありがとうございました。

【全員の前で挨拶する場合】

本日をもちまして退職させていただきます。未経験で始めたバイトでしたが、皆さまにはこれまで温かくご指導いただき、大変感謝しております。最後になりますが、皆さまのご健康と〇〇(勤務先名)のご発展を心より願っております。本当にありがとうございました。

バイトの辞め方を活用して退職した後は求人ジャーナルで新しいバイトを探そう

バイトを辞める際には退職の意向を伝えた上で、必要な手続きや準備を漏れのないよう進める必要があります。退職の意向は責任者に直接伝え、具体的な退職日や引き継ぎ事項などを相談しておくことが大切です。くれぐれも突然出勤しなくなることのないようにしてください。この記事で紹介したバイトの辞め方を参考に、トラブルなく退職手続きを進めましょう。

「今のバイトを上手く辞められたら、新しいバイトを始めたい」と思った方は、求人ジャーナルをご利用ください。さまざまなバイト求人を掲載しているため、あなたに合った新たなバイト先がきっと見つかるはずです。

\ バイトの辞め方を活用して退職した後は求人ジャーナルで新しいバイトを探そう /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次