LINEでバイトを辞めると伝えて良い?例文・既読スルーの対処法など

LINEでバイトを辞めると伝えて良い?例文・既読スルーの対処法など

バイトを辞める際、LINEで伝えるべきか迷う人も多いのではないでしょうか。店長が多忙で会えなかったり、了承してもらえそうに無く引き止められたりするなど、何かしらの理由があり口頭で伝えにくいという状況は多いものです。

そういった場合は、LINEを上手に使って退職の意向を伝えましょう。本記事では、バイトを辞めたいとLINEで伝える際のポイントや、バイトを円満かつスムーズに辞められる方法を解説します。

目次

バイトを辞める時、LINEで伝えて良いのか

退職意向は基本的に対面で伝えた方が良いとされており、LINEのメッセージだけ送ってバイトを辞めるのはマナー違反とされるケースが多いです。ただし、やむを得ない事情がある場合は、LINEで退職意向を伝える方法もあります。

退職意向を伝えるタイミングに関しては、アルバイト期間の定めがない場合、法律上「退職希望日の2週間前まで」と定められています(民法第627条第1項)。実際のところ、2週間の申し出ではシフトの作り直しが必要になったり、必要なバイトを確保できず、翌月以降に渡りバイト先に迷惑をかける場合があるため、可能であれば1ヵ月前までに申し出ましょう。 

また、LINEで退職意向を伝えることに関しては法律に明記されていないため、何らかの罪に問われることはありません。ただし、退職意向をLINEで伝えるとバイト先からの心証が悪くなる可能性が高くなります。バイトを辞めることが決まったとしても、残りの日数を気まずいまま過ごすことになる場合もあるので、なるべく店長や責任者に直接会って退職の意向を伝えるのが望ましいでしょう。 

LINEでバイトを辞めると伝えても良い状況

LINEのメッセージだけ送ってバイトを辞めるのは基本的にはマナー違反とされていますが、以下のような状況の場合は、LINEでバイトを辞めると伝える方が良いかもしれません。

  • 店長が多忙でなかなか話せない 
  • 普段から店長に会う機会がほとんどない 
  • 強く引き止められそう 
  • バイト先でパワハラ・セクハラにあっている
  • 一度対面で申し出たが了承してもらえなかった
  • ケガや病気でバイト先に出社できない

このように、店長があまりにも多忙で直接話すのが難しい場合は、LINEで伝えた方がかえって相手にとって都合がいいケースもあります。そのほか、引き止められる、無視されている、物理的に出社できないなどの場合は、まずLINEを使って退職の意向を伝えましょう。

LINEでバイトを辞める時の例文

LINEを使ってバイトを辞める意向を伝える際は、状況に合わせてメッセージの内容をしっかり考えてから相手に伝えるのがポイントです。ここからは、実際に使える具体的な例文を紹介します。バイトを辞めたいと上手に伝えるコツも解説するので、参考にしてください。

店長が多忙で話せない

店長とシフトが合わなかったり、話すタイミングがなかったりするなど、店長が多忙で話せない場合は、以下のような例文が有効です。

お疲れ様です。アルバイトの〇〇です。
店長が非常にお忙しくされているようでしたのでLINEでご連絡いたしました。突然の連絡となってしまい大変恐縮なのですが、学業に専念したく来月〇日をもってアルバイトを辞めさせて頂きたいと思っております。
直接お伝えしたかったのですが、お話しできる時間がなく先にLINEでご連絡をさせて頂きました。退職日の決定や手続きに関してご相談したく、ご都合のつく時間を教えて頂けますでしょうか。
直近の出勤日は、〇日・〇日・〇日です。よろしくお願いいたします。

メッセージの最後では、直接話す意思があることをしっかり伝えておきましょう。アポ取りの手段としてLINEを活用すれば、バイト先からの心証が悪くなるのも避けられます。

普段から会う機会がほぼない

バイト先の責任者がほとんど本社にいたり、普段は各店舗をまわっていたりするなど、会う機会がほぼない場合は、以下のような例文が有効です。

お疲れ様です。アルバイトの〇〇です。
突然の連絡となってしまい大変恐縮なのですが、学業に専念したく来月〇日をもってアルバイトを辞めさせて頂きたいと思っております。
本来なら直接お話すべきところなのですが、なかなかタイミングが合わなかったためLINEでご連絡をさせて頂きました。退職日の決定や、今後の手続きに関してご相談したく思います。よろしくお願いいたします。

このような場合、メッセージや書面のやり取りで退職の手続きを進めることが多くなります。なるべく分かりやすく簡潔なメッセージを送り、話し合いをスムーズに進めましょう。

強く引き止められそう

繁忙期や人手不足など、対面で退職の意向を伝えても強く引き止められることが予想される場合は、以下のような例文が有効です。

お疲れ様です。アルバイトの〇〇です。
突然の連絡となってしまい大変恐縮なのですが、来月からインターンが始まり出勤できなくなるため、来月〇日をもってアルバイトを辞めさせて頂きたいと思っております。退職日の決定や今後の手続きに関してご相談したく、ご都合のつく時間を教えて頂けますでしょうか。 
直近の出勤日は、〇日・〇日・〇日です。よろしくお願いいたします。

話し合いの前に辞める意思をはっきり示すことで、その後の話し合いもスムーズに進む可能性が高くなります。LINEですでに退職の意向は伝えているため、話し合い中に引き止められても「〇日に辞めさせて頂きます」と伝えましょう。

了承してもらえなかった

すでに対面で退職の意向を伝えたのにも関わらず、了承をもらえなかった場合は、以下のような例文が有効です。

お疲れ様です。アルバイトの〇〇です。
その後色々と考えましたが、就活に専念したいという理由から、やはり退職の意向は変わりません。つきましては、来月〇日をもってアルバイトを辞めさせて頂きたいと思っております。
退職日の決定や今後の手続きに関してご相談したいので、ご連絡頂けますでしょうか。よろしくお願いいたします。

すでに辞める意思が固まっていることと希望退職日をはっきり伝え、今後の手続きに進みたい意思を相手に示しましょう。

バイトを辞めるとLINEで伝える際のポイント

バイトを辞めるとLINEで伝える際、ただ単に「辞めたい」と伝えるだけだと、相手を困惑させたり、スッキリとしない気持ちにさせてしまったりするかもしれません。ここからは、退職意向をスムーズに伝えるためのポイントを紹介します。

LINEで連絡した理由

LINEでバイトを辞めることを伝えるのは、どうしても対面や電話と比較して心証が悪くなってしまうものです。メッセージを送る際は、必ずLINEで連絡した理由を伝えるようにしてください。

  • 「なかなかお話しできるタイミングがないので連絡しました」
  • 「バイトにいける日が少ないので先にメッセージを送りました」

このような内容の前置きがあれば、相手もメッセージが頭に入ってきやすく、悪い印象を与えにくくなります。LINEで退職意向を伝えるのがマナー違反だと分かっているものの、やむを得ずLINEしていることを相手にしっかり伝えましょう。

感謝の意

LINEで「辞めたい」という意思だけ伝えるのでは、バイトに何か不満やストレスを感じていたのではないかと相手側も不安に感じてしまいます。できるだけバイト先の人との間にわだかまりを残さず、前向きな気持ちで退職できるようにするのが得策です。店長や責任者に対して、バイト先でお世話になったことを伝え、感謝の意を示しましょう。

また、バイト先のLINEグループに属している場合は、退職日が決まりバイトを辞めることを伝えても良くなったタイミングでメッセージを送ってください。これまでお世話になったお礼や、今後も良好な関係性を築いていきたいという気持ちを伝えるようにしましょう。

退職理由

バイトを辞めるとLINEで伝える際に、なぜ退職したいという結論に至ったのか、理由をしっかり明記することも大切です。退職理由が不明瞭な場合、なぜバイトを辞めたいと思っているのか理解してもらえず、かえって強く引き止められてしまうかもしれません。

  • 「学業に専念したい」
  • 「部活が忙しくなってきた」
  • 「就活に専念したい」
  • 「体調が悪くバイトを続けられそうにない」

このように、退職理由をしっかり明記し、今後はバイトを続ける意思が無いことを相手に示しましょう。

退職希望日

退職意向を伝えるのと一緒に、退職希望日もはっきり伝えましょう。漠然と「辞めたい」と伝えるだけでは、バイト先も手続きを後回しにしてしまい退職日が伸びてしまう可能性があります。

「この日までなら出勤できます」と伝えることで、バイト先もシフトの調整がしやすくなり、円満に辞めやすくなるでしょう。また、退職希望日を伝える際は、理由も一緒に添えると効果的です。

  • 「大学受験を控えているので、〇日で最後にしたい」 
  • 「部活の大会を控えているので、〇日までしか来られない」
  • 「就活が始まるので、〇月の月末までにしたい」

このように、退職希望日より後はバイトに来られない理由をはっきり伝えられれば、最終出勤日の希望を聞き入れてもらいやすくなります。また明確な理由があることで、退職希望日を引き延ばされづらくなる効果も期待できるでしょう。

バイトを辞めるとLINEした後、返事がない時の対処法

店長や責任者にバイトを辞めるとLINEしたのに、いつまでも返事が来ない場合もあるでしょう。数日待ってみて返事がない場合は、こちらから何かしらアクションを起こす必要が出てきます。バイト先から返事がない場合の対処法を見ていきましょう。

電話をする

LINEを送ってもなかなか返事がなかったり既読がつかなかったりする場合、忙しくてメッセージを確認できないのかもしれません。2〜3日様子を見ても返事がないようであれば、改めて電話をかけてみましょう。

以下のように、電話口ではLINEで先に退職意向を伝えたことを詫びたうえで、改めて退職意向を伝えてください。

お疲れ様です。アルバイトの〇〇です。
先日LINEでお伝えさせて頂いた退職の件でお電話しました。先にメッセージでお伝えしてしまい申し訳ありません。退職日の決定や今後の手続きに関してご相談したいので、日程調整させて頂いてもよろしいでしょうか?

その後は、退職に関する話し合いの日程調整を進めましょう。もし相手が電話にも出ない場合は、バイト先の先輩や他の責任者に事情を伝え、間に入ってもらえるように相談するのが得策です。

再度LINEをする

LINEで送った後、既読になったのに返事がない場合は、単にメッセージを返すのを忘れているのかもしれません。また、営業前にメッセージを確認して、営業後に返信しようと考えている場合もあります。

既読になって1~2日返事がない場合は、もう一度メッセージを送ってみましょう。ただし、先に送ったメッセージをコピペしてそのまま送ると、相手に不快感を与える可能性があるため、注意が必要です。以下のようなメッセージを送り、自然な形で返信をお願いしてみましょう。

お疲れ様です。アルバイトの〇〇です。
先日LINEでお伝えさせて頂いた退職の件に関して、その後いかがでしょうか?お忙しい中、申し訳ございませんが日程調整させて頂きたいため、ご確認の程よろしくお願いいたします。

2通目を送っても返事がない場合は、忙しくない時間帯を見計らって電話をするなど、LINE以外の方法で連絡することをおすすめします。

LINEでバイトを辞めることに関するよくある質問

最後に、LINEでバイトを辞めることを伝える際の疑問点と、その回答を紹介していきます。疑問点を払しょくして、バイトを辞める旨をしっかり伝えましょう。

バイトを辞める際に勤務先のLINEグループを抜けるべき?

バイト先のメンバーが入っているLINEグループに属している場合は、情報管理の観点からグループを抜けた方が良いでしょう。退職するメンバーがLINEグループに属したままだと、シフトや発表前の新商品といった公に出せない情報を送れなくなるためです。

ただし、店長や責任者に退職意向を伝えた後すぐにグループLINEを抜けてしまうとトラブルや混乱を招く恐れがあります。あらかじめ抜けるタイミングを相談し、取り決めたうえで抜けるようにしてください。

また、LINEグループを抜ける際は、LINEグループのメンバーであるバイト仲間にこれまでお世話になった感謝を伝えてから抜けるようにしましょう。ただし辞めた後もしばらくは保険や退職関連の手続きがあるため、バイト先とのやり取りは発生します。店長・責任者とはしばらくLINEでつながっておくと安心です。

同僚にLINEでバイトを辞めると伝える際の例文は?

最終出勤日までに会えない同僚がいる場合は、バイトを辞めることをLINEで伝えるのもひとつの方法です。

お疲れ様です。アルバイトの〇〇です。
突然ですが、〇日をもって退職することになりました。△△さんには大変お世話になり、とても感謝しております。退職日までシフトが被らず会える日がないため、LINEをしました。また会うことがありましたらぜひお話ししましょう!

最終出勤日までに会えない同僚がいる場合は、バイトを辞めることをLINEで伝えるのもひとつの方法です。

ただし、店長や責任者から退職の了承を得る前にLINEグループで連絡をすると、混乱やトラブルの元になりかねません。退職を同僚に伝えるタイミングは、事前にしっかり相談してから決めてください。

即日など、すぐに辞める時はLINEで伝えてもいい?

バイトをすぐに辞めたい場合は、基本的にはLINEではなく対面で話しましょう。LINEだけで伝えると既読になるタイミングが分からず、送信してしばらくはモヤモヤした気持ちを抱えて過ごさなくてはいけません。

加えて、LIINEだと相手に本気度が伝わりにくく、勢いで送ってしまったのかと思われ引き止められてしまう場合もあります。

また、人材を採用するまでに面接や研修といった労力がかかっている点も考慮しなくてはいけません。即日で辞めたい場合は、LINEではなく対面で誠意を持って退職の意を示し、これまでの感謝の意を伝えましょう。

LINEで円満に辞めた後は求人ジャーナルで新しいバイトを探そう!

バイトを辞めたいけど、対面で話せない事情がある場合は、LINEで申し出るのもひとつの方法です。その際は、退職理由や退職希望日に加えて、LINEで伝えることになった経緯をしっかり伝えてください。合わせて、これまでお世話になったお礼や感謝の意を伝え、円満に辞められるように努めましょう。

そして、LINEでバイトを辞めると上手く伝えられたら、求人ジャーナルで新しいバイトを探してみてはいかがでしょうか。求人ジャーナルではさまざまな単発バイトが掲載されているため、あなたに合った仕事がきっと見つかります。

\ LINEで円満に辞めた後は求人ジャーナルで新しいバイトを探そう!/

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次