円満退職に役立つバイトを辞める理由!伝え方・切り出す時期は?

円満退職に役立つバイトを辞める理由!伝え方・切り出す時期は?

バイトを辞める理由を、どのように伝えれば円満に退職できるのかで悩む人は少なくありません。この記事を読めば、「バイトを辞める際に、理由を明確に伝えた方が良いのはなぜか」「どんな退職理由を伝えると良いのか」がわかります。また、「伝えない方が良い退職理由」も解説するので、バイトを辞める時のトラブルを回避しやすくなります。これからバイトを辞めようと思っている人はぜひ、参考にしてください。

目次

なぜバイトを辞める理由を明確にした方が良いのか?

バイトを辞める理由を明らかにしないと、辞めづらくなる可能性があるため、明確な理由を伝えることが重要です。

バイトを雇用する側は、バイトに「辞めてほしくない」と考えている可能性があります。なぜなら、求人や新人教育には時間的・人的コストがかかっていますし、シフトを組む際も稼働できる人数にバイトを含めて考えるからです。バイトに辞められてしまうことは、経営者や管理職にとって「負担増」となります。

そのため、理由も告げずにバイトを辞めたいと伝えれば、「辞められたら困ります」「人手が足りないから辞めないでほしい」などと言われて、すんなりと辞めさせてくれないかもしれません。しかし、バイト先の上司が納得せざるを得ない明確な理由を告げれば、円満に辞めやすくなるでしょう。

円満退職しやすい「バイトを辞める理由」

バイトを辞める時に伝える理由は、本音を言えばいいというものではありません。辞める理由がいろいろある中で、バイト先の上司が納得しやすいものと、納得してもらいにくいものがあります。円満にバイトを辞めるためには、本音をあえて言わず、建前を伝える方が良い場合もあるのです。

一般的に「バイトよりも優先順位が高い」と見なされる理由であれば、納得してもらいやすく、円満に退職できる可能性が高まります。ここでは、円満に退職しやすい「バイトを辞める理由」を5つ、紹介します。

  • 学業に専念したい
  • 部活・サークルが忙しい
  • 就活が忙しい
  • 家庭の事情
  • 精神的・体調不良

学業に専念したい

学生の場合、「学業に専念したい」は一般的に、最も優先されるべき理由として通用します。しかし、ただ「学業に専念したい」と言うだけでは漠然としているため、「辞めなければならない」という根拠として、少し弱い場合もあるかもしれません。たとえば、「バイトの時間を減らせばいいのではないか?」と言われてしまう可能性もあります。

そこで、できるだけ具体的に、「どのくらい学業に時間が必要か」を伝えるようにしましょう。たとえば、「来学年からゼミが増えるので、シフトに入れない」「受験勉強や試験勉強に集中したい」「卒論で忙しくなる」など、具体的かつ重要度・緊急度が高い理由を挙げれば、バイト先の上司もそれ以上は引き止めにくくなるはずです。

部活・サークルが忙しい

部活やサークルは学生時代にしかできない活動であり、活動内容が就職活動の成否に影響する場合もあります。部活やサークルも一般的に、学生が「バイトより優先するべきこと」と見なされる活動の1つです。「部活・サークルが忙しくなったので、そちらに力を入れたい」と言えば、円満にバイトを辞められる可能性が高まります。

できるだけ具体的な内容を伝えた方が説得力があるのは、上で述べた「学業に専念したい」と同じです。たとえば、「直近の大会での成績が良くなかったので練習時間を増やさなければならない」「来年が最後なので悔いのないように注力したい」など、バイト先の上司が「そういう理由なら仕方がないね」と納得してくれるように、詳しく伝えるようにしましょう。

就活が忙しい

就職の成否は人生に大きな影響を与える要素となることが多いため、「就活が忙しい」は一般的に、優先度が高い理由として通用します。特に、就職活動が佳境に入る高校3年生や大学3年生以降であれば、就活は「バイトを続けることができない」理由として説得力があります。ただし、大学1年生の場合でもインターンシップに参加できるケースもあるので、バイトを辞める理由として使えないわけではありません。

就活が忙しい内容として具体的な理由を述べるとしたら、「これから企業説明会が増えるのでシフトを入れることができない」「インターンを始めるのでバイトする時間がなくなる」といった内容を伝えると良いでしょう。

家庭の事情

家庭の事情はバイトに限らず、仕事を辞める際に「やむを得ない理由」として通用しやすいです。正社員などの場合は暗黙の了解として「家庭より仕事を優先してほしい」という社風が存在する会社も中にはあるかもしれませんが、さすがに、バイトにまでそれを要求する会社は、あまりないでしょう。

ただし、できるだけ具体的な理由を挙げる方が納得してもらいやすいのは、他の理由と同じです。たとえば、「遠方に引っ越すので通勤が難しくなる」「祖父母や親を介護しなければいけなくなったのでバイトに通う時間がなくなる」といった理由を伝えれば、バイト先の上司も引き止めにくくなるでしょう。

精神的・体調不良

バイトが原因で心身の不調をきたした場合は、ありのままに伝えることで、円満に辞めさせてもらいやすくなります。精神的な問題や体調不良は、バイトだけでなく、あらゆる仕事を退職する場合に受け入れてもらいやすい理由の1つです。

具体的な内容としては「クレーム対応が多いため精神へのダメージが大きく、うつ状態になってしまった」「立ちっぱなしの仕事のため、腰痛がひどくなってきた」などがあります。

心証を悪くする恐れがあるバイトを辞める理由

バイト先は自宅または学校の近くなど生活圏内が多いのではないでしょうか。つまり、バイトを辞めた後でも、バイト先の上司や先輩、同僚に、ばったり会ってしまう可能性があります。また、退職後もバイト先で知り合った人との関係が続く場合もあるでしょう。

バイト先の人の心証を悪くする辞め方をしてしまうと、その後の人間関係に悪影響を及ぼす場合があります。また、人脈はどこでどうつながっているかわからないため、新たなバイト先や就職先などに良くない噂が伝わってしまうかもしれません。

そのような望ましくない状況を避けるため、バイト先の心証を悪くしかねない退職理由をあらかじめ確認しておきましょう。以下で挙げる理由3つは代表的なものです。

仕事がきつい・つまらない

「仕事がきつい」「仕事がつまらない」は、バイトを辞めたい本当の理由かもしれません。覚えることが多すぎて大変だったり、仕事内容そのものが自分に合わなかったりすることもあるでしょう。

しかし、そういった職場・仕事内容に関する不満を伝えられると、その職場や仕事を大切に考えて毎日頑張っている人にとっては、気分の良いものではないかもしれません。相手を不愉快にさせるかもしれない本音を伝えるより、相手が受け入れやすい建前を伝える方が、心証を悪くせずに辞められる可能性が高まります。

人間関係が良くない

人間関係のトラブルは、バイトを辞めた理由として上位に挙げられる理由の1つです。先輩が厳しく当たる、周りの人と性格が合わないなど、バイト先の人間関係がつらくて辞めたい人はたくさんいます。せっかくバイトするなら、楽しく働ける職場に移りたいと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、職場の人間関係トラブルについては上司の管理能力が問われる場合があるため、そのまま伝えると心証を悪くしてしまうおそれがあります。あるいは「改善するから辞めないでほしい」など、引き止められてしまうかもしれません。

労働条件が不満

時給が低い、勤務地が遠いなど、労働条件が不満でバイトを辞めたい人も少なくありません。しかし、採用された時に合意した労働条件について不満を言うと、わがままのように受け取られて心証を損ねるおそれがあります。

また、労働条件を理由に辞めたいと言えば、「時給アップや勤務地変更などで対応するから辞めないでほしい」と引き止められてしまう可能性も出てくるでしょう。

バイトを辞める理由が言い訳に聞こえない伝え方

バイトを辞める理由を伝える際、言い訳がましくなって相手の心証を悪くするケースがあります。

言い訳がましく聞こえないようにするには、基本的には直属の上司に対面したうえで、誠意を持って、辞めたい理由を伝えることが重要です。職場に行けないほどの病気・けがなど、やむを得ない理由がない限り、対面せずにLINEや電話で「退職したい」と伝えるやり方はマナー違反とみなされやすいです。

シフトの関係で上司となかなか会えない場合は、電話などで「お話したいことがあるのでお時間を取っていただけませんか」とお願いし、日時を決めて対面で伝えましょう。

バイトを辞める理由を伝えるタイミング

円満にバイトを辞めるためには、「辞めます」と伝えるタイミングも重要です。

「バイトを辞めたい」と思ったら、今すぐ辞めたいと思う人もいます。しかし突然「バイトを辞める」と伝えると、シフトに必要な人員配置が難しくなって業務ができなくなるなど、勤務先に迷惑がかかる可能性があります。急なシフト変更で同僚に迷惑がかかるなど、状況によっては多くの人に影響するケースもあるでしょう。

法律上、バイトを辞めると伝える際のタイミングは基本的に「退職の2週間前」で良いとされています(民法第627条第1項)しかし実際には、職場に迷惑をかけないよう、できるだけ早めに伝える方が良いです。一般的にはバイトを辞める際には、退職の1ヶ月前には退職の意向を伝えるのがマナーとされています。なお、会社ごとに退職を伝えるタイミングについてルールを決めている場合もあるため、就業規則も確認しておきましょう。

バイトを辞める理由に関するよくある質問

ここでは、バイトを辞める理由を考えるにあたって出てくる疑問に答えていきます。よくある質問は次の2つです。

  • 嘘の理由で辞めるとどうなる?
  • 引き止められたらどうする?

どのような場合も、大切なことは「礼を尽くす」「今後の人間関係や進路への影響も考慮して、円満退職をめざす」ことといえるでしょう。

嘘の理由で辞めるとどうなる?

「どうせ辞めるのだから、嘘の理由を伝えてもかまわないだろう」と考えるかもしれません。しかし、バイト先の上司は予想以上に広い人脈を持っている場合もあるため、嘘がバレてしまう可能性があります。また、バイトを辞める理由が嘘だと見破られるケースもあるでしょう。

嘘の理由でバイトを辞めると、信用できない人とみなされ、思わぬところに悪影響が生じるかもしれません。たとえば「バイト先の店長が就職先の採用担当者と知り合いだった」などの状況もあり得ます。こういったリスクを考え、嘘の理由でバイトを辞めることはおすすめしません。

なお、嘘と建前は異なる点もおさえておきましょう。自身の利益だけを考えたり、相手を傷つけたりする嘘と違い、建前は相手に配慮した伝え方を意味します。円満にバイトを辞めることができるよう、嘘の理由を伝えるのではなく、本心もしくは建前の理由を伝えましょう。

引き止められたらどうする?

バイトを辞めたいと伝えても、理由によっては「環境を改善するから辞めないでほしい」「次の人が入るまでは残ってほしい」など、引き止められてしまうこともよくあります。あらかじめ、「引き止められたらどうするか」を考えておきましょう。

スケジュール面など、あなたの都合に問題がない場合、バイト先の事情を考慮して、ある程度は辞める時期を延期するのも良いかもしれません。しかし、バイト先の言いなりになってしまうときりがなくなり、ずるずるといつまでも辞められなくなる可能性があります。バイト先と相談の上、退職時期は明確に決めておくようにしましょう。

引き止めをうまくかわすためには、やはり、自身の状況を具体的に伝えることが重要です。「7月からインターンが始まるので、6月末日以降は出勤できません」など、明確な理由や最終出勤可能日を伝える言い方がおすすめです。

辞める理由を上手く伝えた後は求人ジャーナルで新しいバイトを探そう

バイトを円満に辞めるためには、理由を明確に伝えることが大切です。また、辞める理由には、バイト先の上司に納得してもらいやすい内容と心証を悪くしかねない内容、引き止められやすい内容がある点もおさえておきましょう。嘘の理由はバレてしまう可能性があり、生活や将来に悪影響を及ぼしかねないのでおすすめできません。しかし本音と建前を上手に使い分け、円満にバイトを辞められるように配慮することは重要です。

また、「辞めます」と伝える時は、上司に時間を取ってもらい、対面で誠意をこめて伝えることが大切です。円満退職すれば、その後の人間関係や就職活動に悪影響が及ぶこともありません。

バイトを辞めるとうまく伝えられたら、次のバイト探しを始めましょう。求人ジャーナルでは全国のバイト求人をたくさん掲載しています。

\辞める理由を上手く伝えた後は求人ジャーナルで新しいバイトを探そう /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次