バイトを一日で辞めるのは可能?退職理由の例文・リスクを紹介

バイトを一日で辞めるのは可能?退職理由の例文・リスクを紹介

応募時と状況が変わってしまったり、バイト先が想像とあまりにも異なる環境だったりすると、「まだ初日だけど、すでにバイトを辞めたい…」と思ってしまうこともあるでしょう。この記事では、そもそもバイトを一日で辞めることはできるのか、辞める際の流れやリスクなどを紹介していきます。

目次

バイトを一日で辞めることはそもそも可能?

バイトを一日で辞めることは基本的にNGとされていますが、下記のようにやむを得ない事情があるのであれば、バイトを一日で辞めることは可能です。

  • 体調が悪くなり出勤するのが難しくなった
  • バイト先の環境が劣悪で働き続けられない
  • 仕事内容や条件が事前の説明と違っている

まずは、雇用契約を確認して雇用期間に関する取り決めを確認しましょう。契約期間がある場合は、原則契約期間が終了するまで辞められません。

契約期間がない場合、退職を申し出るのは法律上「退職希望日の2週間前まで」と定められているため、2週間は仕事を続ける必要があります。(参照:民法627条

法律上は、これらの定めがあるものの、やむをえない事情に加えてバイト先の合意があるのであれば、契約期間や退職意向を伝える期限に関わらず一日で辞めることが可能です。

バイトを一日で辞めるときのマナー

バイト先を一日で辞めるとなると、店長や責任者だけでなく周りのスタッフにも少なからず迷惑がかかります。少しでも円満に退職したい場合には、最低限のマナーを守ることが重要です。

ここでは、バイトを一日で辞める際に、伝え方や伝える相手、事前に確認しておくべきことなどを紹介していきます。

早めに対面で伝えよう

バイトを一日で辞めること自体がそもそもマナー違反なので、なるべく早く対面で店長や責任者に退職の意思を伝えてください。伝える際は、辞めることを急に言うのではなく、事前にアポイントを取りましょう。

アポイントを取る際は、出勤した際に「本日バイトを上がる前に、少々お時間を頂けますか」と伝えるか、下記のように事前にメールで連絡しておくとスムーズです。

お疲れ様です。
アルバイトの〇〇です。
お忙しい中恐縮ですが、お伝えしたいことがあるので、ご都合のつく時間を教えて頂けますでしょうか。
直近の出勤日は、〇日・〇日・〇日です。
よろしくお願いいたします。

このように伝えても、責任者とどうしてもシフトが合わず直接会うのが難しい場合は、電話で退職したい意向を伝えましょう。

退職手続きを確認しよう

退職手続きをするにあたって、下記の点は事前に確認しておきましょう。

  • 退職届は必要なのか
  • 最終出社日はいつになるのか
  • 入館証・制服などの返却方法

また、給与が手渡しだったり、振込先口座をまだ登録していなかったりする場合、働いた分の給与はいつ・どのように支給されるかも確認しておくと安心です。

退職後、新しいバイトを始める場合は、退職したバイト先の源泉徴収票が必要になる可能性があるため、郵送先の住所をあらかじめ共有しておきましょう。

【パターン別例文】バイトを一日で辞める場合の退職理由

バイトを一日で辞めるとなると、必ずといっていいほど質問されるのは退職理由です。初日でバイトを辞めるとなるとバイト先から驚かれることもあるでしょう。

納得してもらうためには、相応の理由を準備しておくことも重要です。ここでは、バイトを一日で辞める際に比較的理解を得やすい退職理由を例文とともに紹介します。

学業との両立が難しくなった

学生の場合は、授業・留学・受験といった学業に関することを理由にするのが無難です。学生の本分は学業であることから、学業を優先したい旨を伝えれば無理に引き止められる可能性は低いでしょう。

例文:
実際に働いてみて、思った以上に体力のいる仕事であることが分かり、学業との両立は難しいと感じました。急で申し訳ございませんが、辞めさせていただけないでしょうか。

入社前とのギャップがあった

求人票に記載されていた情報とあまりにもかけ離れていたり、仕事内容がイメージしていたものと全く異なる内容だったりするとギャップや不満を感じ、辞めたいと思うこともあるかもしれません。

例文:
求人票の仕事内容には「商品の仕分け」と書かれていましたが、実際に担当した仕事は「接客」や「顧客対応」でした。私の確認不足もあるかと思いますが、続けていく自信がないため、急で申し訳ありませんが辞めさせていただけないでしょうか。

家事・育児との両立が難しい

主婦の場合は、家事や育児に関する内容にすると、角が立ちづらくなります。「バイトを始める前から分かっていたことなのでは?」と思われないよう、応募時とは状況が変わったことを伝えるのがポイントです。

例文:
急に夫が異動になり、テレワークができなくなったことで、家事・育児を自分一人でこなさなければならなくなり、家事・育児と両立することが難しいと感じました。急で申し訳ありませんが辞めさせていただけないでしょうか。

引越し・介護など家庭の事情

夫の転勤や引越し、親の介護・体調不良など、やむを得ない家庭の事情がある場合は、バイト先からも理解を得やすくなります。

ただし、家庭の事情を理由にする場合、嘘をついてばれた場合に信用を落としてしまうため、退職理由は正直に伝えるようにしてください。

例文:
夫の転勤が急に決まり、続けるのが難しくなりました。急遽引越しの準備が必要になったため、申し訳ありませんが辞めさせていただけないでしょうか。

バイトを一日で辞める場合のリスク

バイト先の合意さえあれば、バイトを一日で辞めること自体は可能ですが、その分リスクも伴うことを覚えておきましょう。ここでは、バイトを一日で辞める場合のリスクを紹介します。

引き止められる

すでにシフトが決まっている場合は、人員不足や欠員が発生してしまうため、店長や責任者に引き止められる可能性が高くなります。

加えて、バイト先にとっては新人確保のためにかけた費用が無駄になってしまうこともあり、「せめてもう少し続けてみて、辞めるかどうかもう一度判断してほしい」と言われる場合もあり得ます。

引越しや体調不良などのやむを得ない事情がない限りは、交渉が難航するリスクがあることを考慮しておかなくてはいけません。

履歴書に書くと選考で不利になる

バイト先と雇用契約を結んだ時点で、たとえ一日で退職したとしても職歴には残ってしまいます。一日ではスキルや経験のアピールにはならないため、次のバイト先を探す際に足かせとなってしまうかもしれません。

加えて、次のバイト先の採用担当も過去の職歴が一日だと「嫌なことがあるとすぐに辞めてしまうのではないか」と不安に感じてしまいます。

職歴の詐称は基本的にNGなので、学業や体調、家庭の事情など、採用担当に聞かれた際に納得してもらいやすい退職理由を準備しておくことが大切です。

バイト代の受け取りに手間がかかる

バイトを一日で辞めたとしても、初日の勤務分は給与が発生します。ただし、給与が手渡しの場合や、振込先口座の情報を伝えていない場合は、後日バイト先に給与をもらいに行かなければならない可能性があるため、手間がかかることを覚えておきましょう。

なお、給与をもらいに行く際に気まずい思いをしないよう、きちんと対面で退職の意思を伝え、退職マナーを守った上で働いた分の給与を請求することが大切です。

逃げ癖がつく可能性

「想像よりも忙しい店舗だった」「覚えることが多すぎて大変そう」など、正当な理由がないにも関わらず、一日でバイトを辞めてしまうと、逃げ癖がつきやすくなります。辞めるかどうか悩んでいる場合には、一度立ち止まって考え直してみてください。

今後も入社前にイメージしていた状況と、入社後の実態が異なる可能性は十分にあり得ます。想像と違っていただけで辞めていてはキリがありません。

一般的に、バイトに慣れるまでの期間は1ヶ月と言われているため、まずは1ヶ月続けてみて、それでも辞めたい気持ちが消えないならば辞めてみるのも一つの方法です。

少しでも円満に解決するポイント

そもそもバイトを一日で辞めること自体がバイト先に多大な迷惑をかけるため、100%円満に退職する方法は存在しません。

しかし、なるべく波風を立てずに退職したいと思う方がほとんどでしょう。ここでは、バイトを一日で辞める際に、少しでも交渉を円満に進めるポイントを紹介します。

まずは誠心誠意、謝罪する

バイト先の事情を考え、誠意を持った謝罪や行動を心がけるのがポイントです。本来、退職者が出ると人材の補充やシフトの調整などが必要になるため、退職希望日の1ヶ月前までに伝えるのがマナーです。法律上でも「退職意思は2週間前に伝える(参照:民法627条)」と定められているため、一日で辞めることを誠心誠意謝罪しましょう。

貸与物は全て返却

「貸与物」に該当する制服や各種備品などは会社の所有物なので、全てバイト先に返却しましょう。

また、私物が放置されていると、退職後に持ち帰るよう連絡が来る可能性があります。バイト先に迷惑をかけないためにも、バイト先に私物を置いている場合は、最終日までに持ち帰ってください。

ネガティブな退職理由は伝えない

退職の意思を伝える際に、給料や人間関係・シフトの融通・仕事内容などに関する不満は伝えないようにしましょう。

ネガティブな退職理由はバイト先に良い印象を持たれないばかりか、バイト先によっては、給与アップや仕事内容の変更など、あなたが不満に感じていることを解消し、引き止めようとする可能性があります。

加えて、人間関係のトラブルがある場合は、話に出てきたスタッフに対して、責任者から本人へ直接指摘が入るかもしれません。ネガティブな退職理由を伝えたことで、予期せず大事に発展してしまった事例もあるため注意してください。

退職タイミングには協力的な姿勢を示そう

バイト先の状況によっては、提示した退職のタイミングまでに引き継ぎや人材確保が間に合わない可能性もあるため、余裕があれば退職時期の相談にも応じましょう。

やむを得ない事情がない限り、退職時期の相談にはできるだけ協力的な姿勢を見せると、円満退職しやすくなります。

ただし、「新しい人材が確保できるまでは退職できない」など、無理な引き止めにあっており、数ヶ月間バイトを辞められずにいる場合は、再度責任者へ退職の意思を伝えるようにしてください。

バイトを一日で辞める際によくある質問と回答

最後に、バイトを一日で辞める際によくある質問と回答を紹介します。

言い出しにくい場合にばっくれたらどうなる?

退職の意思を伝えずに、無断欠勤の末そのままバイト先を辞めてしまった場合、必要な退職手続きが済んでいないため、バイト先から連絡が来る場合があります。連絡を無視し続けると、未成年の場合は親に連絡が入ることもあり得るでしょう。

また、ばっくれ行為は「不法行為(参照:民法709条)」にあたる可能性があるため、減給もしくは損害賠償を請求される可能性もゼロではありません。

たとえバイトだとしても立派な社会人です。ばっくれは周囲に迷惑をかけるマナー違反な行為なので、決してしないようにしてください。

人手不足のバイト先を辞める方法は?

人手不足だとしても、きちんとマナーを守ればバイトを辞めることは可能です。

法律上は退職希望日の2週間前に退職の意思を伝えれば、バイト先が人手不足かどうかに関係なく辞められるよう定められています。

ただし、雇用契約期間に定めがある場合は、期間内の退職が認められない場合もあり得るので、事前に雇用契約期間があるかどうか確認しましょう。

万が一、人手不足を理由に「代わりの人材が見つかるまでは辞められない」などの無理な引き止めにあっている場合は、法律違反となるため、労働基準監督署に相談してください。

バイトを一日で辞めるのは原則避けよう

バイトを一日で辞めると責任者だけでなく周りのスタッフにも迷惑がかかるため、基本的にはマナー違反な行為です。急な引越しや体調不良など、やむを得ない事情がない限りは責任を持って最後まで続けましょう。

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次