40代の転職が厳しい理由!転職成功のコツ・おすすめの職種を解説

40代の転職が厳しい理由!転職成功のコツ・おすすめの職種を解説

現在40代で転職を考えているものの、「年齢がネックになるのでは?」「転職は厳しいかもしれない」と感じていませんか?今の仕事を続けていくべきかどうか、迷っている人もいることでしょう。

本記事では、40代の転職が厳しいと言われている理由や、厳しい状況を乗り越えるためのコツのほか、実際の転職事情がどの程度厳しいのかを解説します。この記事を読めば、「40代の転職が厳しいのかどうか」「どうすればうまく転職できるのかどうか」が分かるでしょう。40代の転職におすすめの仕事も紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

目次

40代の転職が厳しいと言われる理由

転職が厳しいと言われる主な理由には、「採用する企業側の事情」と「転職希望者側の事情」の両面が考えられます。それぞれ具体的に見ていきましょう。

40代が応募できる求人が少ない

40代の転職が厳しい状況になりやすい要因として、40代を対象とした求人が若い世代と比べて少ないことが挙げられます。

人材を採用する企業としては、採用する以上できるだけ長く自社に貢献して欲しいと考えるのは自然なことでしょう。定年退職までの期間を踏まえると、若い人材ほど貢献できる年数が長いのは必然です。あえて40代を募集対象とする場合、相応の事情を抱えていると考えられます。

たとえば、管理職など重要なポジションを担ってきた人材が退職してしまったものの、代わりが務まる人材が社内で今すぐに見つからないケースなどが想定されます。こうした事態は頻繁に生じるものではないため、40代が応募可能な求人数そのものが少なくなりやすいのです。

それなりの経験が求められる

40代の転職が厳しいと言われる2つめの理由は、転職希望者に対してそれなりの経験を求める企業が多くなりやすいことです。社会人経験が浅い20代であれば、企業側としても豊富な社会人経験や高度なスキルは求めていないケースが大半でしょう。むしろ、採用後に自社で育てていこうという意識が強いと考えられます。

30代になると一定以上の社会人経験を積んでいる人材が多くなることから、即戦力としての活躍を望む企業が増えていきます。さらに40代になるとスペシャリストや管理職として活躍してきた人材も少なくないため、高度な専門性やマネジメント経験を求める企業が多くなっていくのです。40代の人材に対する企業側の要求が高くなりやすいことは、40代の転職が厳しいとされる要因といえるでしょう。

給与面で折り合いをつけづらい

転職時の給与条件について折り合いがつけにくくなることも、40代の転職が厳しいと言われる大きな理由の1つです。年功序列の企業は減りつつあるとはいえ、在籍年数が長くなるにつれて昇給する給与体系の企業は依然として多く見られます。そのため40代になると現職で相応の月収・年収を得ている人も多い傾向があることから、転職を機に年収が下がる確率も高くなっていくのです。

年収アップや現状維持が見込める求人に条件を絞った場合、応募先候補として挙がる求人が限られてしまう可能性があります。結果として積極的に応募できる求人が少なくなってしまい、転職先の選択肢が狭まりやすいのです。

扱いづらいと思われやすい

年齢が高くなるにつれて仕事を教えたり頼んだりしにくくなることも、40代の転職が厳しいとされる要因の1つです。たとえば、応募先企業で配属される予定の部署で上司にあたる人が年下というケースが挙げられます。年上の「新人」に対して、仕事の進め方や業務内容を指導する際に抵抗を感じることもあり得ます。

また、入社する側の人材が新しい環境に馴染めるか、年下の同僚や上司と良好な人間関係を築けるか、といった問題もあります。一般的には年齢を重ねるほど新しい情報や環境を受け入れにくくなるため、職場に馴染めないことを懸念されがちです。このように、年齢を重ねていることで「扱いづらい」と思われやすいことも、40代の転職が厳しいとされる理由と言えます。

厳しいと言われる40代の転職を成功させるコツ

ここまで見てきた通り、一般的に40代の転職は厳しいと言われています。では、40代の転職を成功させるにはどのような点を意識しておく必要があるのでしょうか。40代の転職を成功させる7つのコツを紹介します。

強みを活かせる求人を見つける

第一に意識しておきたい点として、自身の強みを活かせる求人を見つけることが挙げられます。これまでに培ってきた知識やスキル、経験を存分に発揮して活躍できる職場であれば、企業側としても採用を前向きに考える可能性が高いでしょう。

自身の強みを見極めるには、スキル・経験の棚卸しが欠かせません。今までに携わってきた業務を詳細に振り返り、身につけてきた知識やスキルを書き出していきましょう。自分にどのような強みがあり、どのような貢献ができるのかを明確化しておくのがポイントです。

積極採用している会社を探す

40代の人材を積極採用している企業を探すのも1つの方法です。応募要件が年齢不問と記載されている求人や、「ミドル・シニア積極的採用中」と記載されている求人を中心に探していくことで、採用される確率を高めることができます。

昨今は労働人口が減少に転じています。総務省統計局「労働力調査(基本集計)2022年(令和4年)平均結果の要約」によると、2021年から2022年にかけて総労働人口は5万人減少しているのが実情です。したがって、慢性的な人材不足に陥っている業界が増えつつあります。人手不足が顕著な業界では、年齢を問わず意欲のある人材を積極的に受け入れているケースもめずらしくありません。40代の採用実績がある企業や、年齢にこだわらず採用したいと考えている企業を探すことによって、転職先を確保できる可能性があります。

気になる企業について調べる

「気になる企業があるけど、40代の転職は厳しいと言われているから採用されるか不安…」という場合は、企業研究を入念に行いましょう。事業内容や主力商品、過去数年分の決算情報、プレスリリース、競合他社の状況などを詳細に調査していく中で、企業が求めている人材像がより明確になっていくからです。

たとえば、事業の多角化に注力している企業であれば、今後展開していく予定の事業内容と自身がこれまで経験してきた業種との親和性が高いことも考えられます。既存の従業員では新規事業に対応できないこともあり得るため、外部から人材を採用する可能性が高いでしょう。このように企業が現在求めている人材像や、今後求める可能性の高い人材像を調べておくことで、自身を採用する見込みがある企業かどうかの予測を立てられます。

転職活動の長期化を想定しておく

40代の転職活動は、若い世代と比べると長期化しやすい傾向があります。求人数そのものが少ないことに加えて、希望条件に合致する求人が見つかるまでに期間を要するケースも多いからです。

転職活動が長期化する可能性があることを見据えて、あらかじめ活動予定期間を長めに設定しておきましょう。標準的な転職活動期間は数ヶ月程度と考えられるものの、さらに長期化する可能性もあります。在職中に転職活動を進め、半年以上経って転職先が見つからなかったとしても、当面の収入源が途絶えないように注意しましょう。

転職理由をポジティブにする

40代の転職が厳しいと感じている場合、転職理由をポジティブにして上手くアピールすることで内定率アップを狙いましょう。転職後に取り組みたいことや、今後のキャリアで実現したいことなど、ポジティブな転職理由を挙げる応募者には将来性を感じやすいと言えます。結果として採用される確率が高まり、転職先が決まりやすくなる可能性があります。

現職を辞める際、「体力的にきつい」「人間関係が良くない」などネガティブな理由がメインであるケースも少なくありません。しかし、転職理由を伝える際には、採用する側の立場をイメージして回答することも重要です。

転職理由はできるだけポジティブなものを伝えられるよう、準備しておくとよいでしょう。

不採用になった場合は原因を考える

どれほど入念に準備をした上で選考に臨んだとしても、不採用になる可能性はあります。選考結果に一喜一憂するのではなく、不採用になった原因を分析することが重要です。

応募書類の記載内容や面接でのやり取りを振り返り、不採用となった原因について自分なりに仮説を立てましょう。原因を解消し、次回以降の選考に向けて対策を講じることにより、採用されやすくなります。毎回の選考で同じ失敗を繰り返してしまい、「40代の転職は厳しい…」と感じる状況を避けるため、毎回の選考を終えるたびに改善を重ねましょう。

未経験の場合は採用されやすい職種を選ぶ

未経験の職種に応募する場合には、未経験者を比較的広く受け入れている職種を選ぶのがポイントです。求人の応募要件や求める人材像をしっかりとチェックし、経験の有無を問わない求人を優先的に選ぶとよいでしょう。

職種によっては、人生経験が豊富なミドル・シニア人材を歓迎している求人もあります。たとえば介護職の求人を出す企業の場合、利用者と職員の年齢が離れすぎていないほうが喜ばれると考え、40代以上の転職者を歓迎するかもしれません。また、人手不足が慢性化している職種であれば、年齢を問わず採用したいと考える企業もあるでしょう。このように、未経験でも採用されやすい職種を狙って応募することにより、厳しいと言われる40代の転職を成功させやすくなります。

40代の転職が厳しいと感じる人におすすめの職種

現状、アピールできそうなスキルや実績が見当たらないなど、40代での転職が厳しいと感じている人もいるでしょう。そこで、40代以上の応募者も広く受け入れる傾向のある職種を紹介します。次に挙げる職種の求人を重点的に探していくことで、採用される見込みのある企業と出会いやすくなるでしょう。

介護職員・ケアマネージャーなど

介護職員・ケアマネージャーなど介護関連職種は、40代以上の人材を広く受け入れる傾向があります。若手の人材にこだわっていては人手不足を補えない職場が増えていることに加え、年齢が離れすぎていない職員のほうが話しやすいと感じる利用者もいるからです。

介護福祉士などの資格がなく、未経験から応募可能な求人が多い点も、40代の転職が厳しいと感じる人に介護系の求人をおすすめする理由です。入社後に現場経験を積みながら資格取得を目指せる企業もあるので、未経験から新たなキャリアを歩みたい40代に適した職種といえます。

IT・エンジニア

IT・エンジニア関連職は若手が有利なイメージがあるかもしれませんが、近年では30代・40代が採用されるケースも増えています。IT業界は慢性的な人手不足に陥っており、将来的に人材不足が一層深刻化すると言われているからです。

プログラミングなどの経験があると良いですが、未経験者に対して入社後に研修を実施する企業も少なくないため、40代の転職が厳しいと感じている場合、IT関連の職種がおすすめです。これまでに実務経験のない人でも、意欲次第ではIT・エンジニア職として活躍していけるでしょう。

タクシー・ハイヤー・バス運転手

タクシーやハイヤー、バスなどの運転手は、未経験者を比較的広く受け入れている職種の1つです。たとえばタクシー運転手の場合、男性の平均年齢は58.3歳と年齢層が高い傾向があります(※)。定年退職を迎える既存職員が多いと考えられることから、新たな人材の補充が追い付いていない企業が多いことが一因です。

※参考:一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会「TAXI TODAY in Japan2023」

商業目的で人を輸送する際には、道路交通法第86条にもとづき第二種運転免許を取得しなければなりません。ただし、第二種運転免許は入社後に取得可能な職場も増えています。普通運転免許を保有していることが応募条件のケースが多いものの、それ以外のスキルや経験を問わない求人も少なくありません。未経験から運転手へと、キャリアチェンジを目指してみてはいかがでしょうか。

飲食・フード

40代の転職が厳しいと感じている方に飲食系の職種がおすすめな理由は、これまでに培ってきたスキルや人生経験を活かしやすいからです。飲食店でのホール担当やキッチン担当をはじめ、店舗運営に携わる飲食系の職種は、学生やフリーターなどのバイトを雇っているケースが多く見られます。そのためバイトスタッフの管理や教育を担う人材として、豊富な人生経験がある40代などの人材を求める企業も少なくありません。

また調理や店舗マネジメントに関しては、前職での経験や実績が問われるケースが多いものの、接客が中心の店舗スタッフであれば40代から挑戦できるチャンスは十分にあるでしょう。

営業

営業職は求人数そのものが多いうえ、見込み客などの営業相手の年齢によっては、ミドル・シニア層の人材を求めるケースもあります。たとえば、土地所有者が主なターゲットとなる用地仕入れ営業(マンションやオフィス、商業施設などを建設するための土地を確保する仕事)の場合、見込み客の多くは40代以上です(※)人生経験の豊富な営業担当者のほうが信頼できると感じるケースもあることから、40代を積極採用している企業が見られるのです。
※参考:総務省統計局「住宅・土地の所有状況」

また、営業職は意欲や熱意次第で未経験から成果を挙げやすい職種とも言えます。営業未経験者であっても、意欲をアピールすることで採用される可能性は十分にあるでしょう。

警備員

オフィスビルや商業施設を警備する施設警備や、駐車場・イベント会場・工事現場などでの交通警備を担当する警備員は、40代以上の応募者が採用されやすい傾向があります。万が一トラブルが発生した際には冷静な対処が求められるため、人生経験を積んだ人材のほうが信頼できると感じる企業があるからです。

警備業務を担当するには、法定研修を受講する必要があります。新たに警備業務に従事する場合、20時間以上の新任教育を受けてから警備業務に就くことが警備業法で定められているからです。大半の企業は入社後に研修を実施するので、未経験の40代でも問題なく仕事を始められるでしょう。

建設

建設業界は人手不足が深刻化しており、若手の人材や経験者以外の人材も求める動きが加速しています。経験者や有資格者を優遇する企業が見られる一方で、未経験者の応募も広く受け付けている企業も少なくありません。必要な資格は入社後に取得することもできるので、未経験から挑戦しやすい仕事と言えるでしょう。

建設関連の仕事は建設物が必要とされる限り需要が衰えることがないため、将来性の面でも安定感のある職種と言えます。40代で転職するからには、定年退職まで勤め上げたいと考えている人におすすめの職種です。

40代の転職が厳しいと感じないためのポイント

ここまで見てきた通り、40代の転職には厳しい面も少なからずあるのが実情です。では、厳しいと感じられる要因をできるだけ取り除き、転職難易度を下げるにはどのような点を意識すればよいのでしょうか。40代で転職する際に厳しさを和らげるためのポイントを紹介します。

転職先が決まるまで現職を辞めない

40代の転職が厳しいと感じづらくするためには、在職中から転職活動を進めることが大切です。転職先が決まる前に今の仕事を辞めてしまうと、収入源が途絶えた状態で転職活動を進めなくてはなりません。想定していた以上に転職活動が長期化した場合、生活に必要なお金が減っていき、「40代の転職は厳しい…」と感じやすくなります。

このような状況が続くと「想定より年収が低すぎるけど、もう貯金がないから内定を受けるしかない…」など、転職活動に悔いを残す可能性が高まります。40代の転職においては、転職先が決まるまでは現在の仕事を続け、内定が決まってから退職を申し出るようにしましょう。

理想を追い求め過ぎない

厳しいと感じやすい40代の転職活動では、希望の条件を高くし過ぎないことも重要です。転職先に求める条件が増えていくと、選べる求人そのものが少なくなってしまいます。

理想を追い求め過ぎないようにするには、最低限叶えたい条件を絞り込んでおくことが大切です。入社後に意欲や成果、貢献度などを評価してもらい、徐々に昇給や賞与アップを目指していくのも1つの考え方と言えます。はじめから理想を追い求め過ぎてしまい、転職のハードルを上げることのないよう注意しましょう。

家族に内緒で転職活動を始めない

「40代の転職は厳しいから、家族に心配をかけたくないよう黙っておこう」と考えることはおすすめできません。前述の通り40代で転職した場合、年収ダウンなど条件面が現状よりも厳しくなることも想定されます。現状の生活レベルを維持することを最優先してしまうと、応募先が限られてしまい転職活動が長期化する原因となりかねないのです。

また、転職先が決まった場合も転居が必要になるなど、家族に何らかの影響が及ぶことが考えられます。転職したいと考えている理由や、今後の働き方について家族の理解を得ておくことによって、一時的な年収ダウンや生活環境の変化があったとしても、納得してもらいやすくなるはずです。

自信過剰にならない

これまでの社会人経験や業務経験を過大評価しないよう、常に意識しておくことも大切なポイントです。勤務先や業界が変われば、現職で培ってきた評価は基本的に一度リセットされます。現在の勤務先で評価されているのと同じように、応募先企業でも評価されるものと思い込まないように注意してください。

40代の転職希望者に対しては、人柄や態度に厳しい目を向けている採用担当者も少なくありません。横柄に映ったり、謙虚さに欠ける印象を与えたりすると、その時点で不採用になりがちです。とくに未経験業種に挑戦する場合は「新人」として入社することを忘れず、謙虚な気持ちで臨みましょう。

40代の転職が厳しいとは言い切れない理由

40代の転職に厳しい面があるのは事実ですが、10年・20年前と比較すると40代の転職率は着実に高くなっています。 総務省統計局が公表している「労働力調査」によれば、2012年と2021年では35〜44歳、45〜54歳の転職者数・転職者比率が以下のように変化しているのです。

【40代の転職者数・転職者比率の推移】

調査年35〜44歳45〜54歳転職者総数
2012年(*1)64万人(22.5%)40万人(14.0%)285万人
2021年(*2)55万人(19.1%)52万人(18.1%)288万人
(*1)参考:労働力調査 平成24年平均結果の概要 Ⅱ 詳細集計
(*2)参考:労働力調査 令和3年平均結果の概要 Ⅱ 詳細集計

45〜54歳に関しては、9年前よりも転職者が12万人増加し、転職者全体に占める割合も約4%高くなっていることが分かります。厳しい状況になりやすいと思われがちな40代の転職活動ですが、実は40代後半の転職事情は9年前と比べて増加傾向にあるのです。

40代の転職が厳しいと感じないための求人の探し方

40代の転職が厳しいと感じにくくするには、転職活動の進め方を工夫することが大切です。転職活動のハードルをできるだけ下げ、厳しさを感じにくくするためにも、次に挙げる求人の探し方を積極的に試してみることをおすすめします。

インターネットで探す

近年、求人探しや求人への応募はインターネット経由で行うケースが増えています。これまで転職の経験がない40代や、前回の転職から長い年数が経っている40代にとっては、「新聞の求人欄」や「求人情報誌」といった紙ベースの媒体のほうが馴染み深いかもしれません。昨今は、とくに正社員を対象とした求人はWebサイトやアプリに掲載されるケースが多くなっているため、40代の方が転職活動を進める際にもインターネットを積極的に活用することをおすすめします。

「40代での転職は厳しいから、インターネットで少しでも良い情報を得たい」という方には求人ジャーナルがおすすめです。40代を対象として求人が多く、検索機能も充実している求人ジャーナルを活用して、より賢く転職しましょう。

求人サイトやアプリを活用すれば、募集対象年齢を絞って検索することも可能です。希望業種・職種を指定して検索することもできるため、求人を効率よく探せるでしょう。

情報誌を使う

駅やコンビニなどに設置されている求人情報誌にも、40代向け転職情報が掲載されていることがあります。アルバイト・パートの求人誌に正社員求人コーナーが設けられているケースもあるため、いくつかの求人情報誌を見ておくとよいでしょう。

情報誌は勤務エリアごとに分かれているケースも多いため、希望勤務地の求人を集中的に探せるというメリットがあります。地元企業の求人や、現在の勤務エリアに近い地域の求人を探したい40代の方は、情報誌も積極的に活用してください。

企業に直接問い合わせる

気になっている転職先がある40代の場合、該当の企業(採用担当者)に直接問い合わせてみるのも1つの方法です。電話で問い合わせるほか、企業ホームページ内の採用ページに問い合わせフォームが設置されていることもあります。

さらに、SNSの企業アカウントがあれば、DMを送付してアピールすることも可能です。近年では採用担当者や人事担当者がSNSで求人情報などを発信しているケースも増えています。直接問い合わせることで質問に答えてもらえたり、面接の機会をいただけるよう直接交渉したりできる場合もあるでしょう。厳しいとされる40代の転職活動だからこそ、自分から積極的に問い合わせてみることをおすすめします。

ハローワークで探す

ハローワークは地域ごとに管轄されているため、所定の地域で転職したい40代におすすめです。ハローワークには相談員が常駐しており、転職に関する相談ができます。在職中の場合も相談に応じてもらえるので、厳しいと言われる40代の転職に関する悩みや疑問点を解決する上で役立つでしょう。

知人に紹介してもらう

知人や先輩などから、人材を求めている企業について情報を教えてもらう方法もあります。取引先や顧客企業の中に人材を募集している会社があるかもしれませんので、転職先を探していることを知人に話してみるとよいでしょう。

実際、近年は自社の従業員の友人や知人を紹介してもらう「リファラル採用」に取り組む企業も増えています。全く知らない人を採用するよりも、従業員の紹介を通じて採用したほうが企業としても安心できるからです。40代の転職活動においては、培ってきた人脈を活かしてチャンスを広げていくことをおすすめします。

40代の転職が厳しいかどうか気になる人によくある質問

「40代の転職は厳しいのかな?」と気になっている人によくある質問をまとめました。疑問点を解消して、すっきりとした状態で転職活動を進めていく上で、ぜひ活用してください。

未経験で転職するコツは?

40代が未経験で転職するには、経験のある業務や業種と関わりのある分野の仕事を選ぶのがコツです。たとえば、これまで経験してきた職種で異業種の求人に応募したり、同業種の中で別の職種を応募先として選んだりすることで、「完全な未経験者」と見なされにくくなります。

企業側としては、40代の人材を採用するにあたって、入社後にどの程度の研修・教育が必要になるか、即戦力として活躍できるかどうかを見極めたいと考えているでしょう。業種または職種の経験があれば、完全な未経験者よりも育成コストを抑えられることから、採用される確率が高まります。企業側が求める知識・スキルと、自身の経験業務との共通点を探っていくことが大切です。

転職経験が多いと不利?

転職経験があまりにも多い40代は、転職時に不利になるケースが多いでしょう。とくに短期間で転職を繰り返している場合、採用しても再びすぐに辞めてしまうのではないか、と危惧されがちです。40代の方の場合、採用後に責任あるポジションを任せたいと考える企業も少なくないため、長く続けてもらえることが採用の条件となるケースも考えられます。

ただし転職理由をしっかり説明できれば、転職経験が不採用の直接的な原因にはならないこともあり得ます。スキルアップやキャリアアップなど、ポジティブな理由で転職する場合には、転職後に習得したいスキルや実現したいキャリアを採用担当者に伝えましょう。

「40代の転職が厳しいかも」と思った人には求人ジャーナルがおすすめ!

40代の転職は20代・30代と比べて厳しいと感じる人が多いです。転職難易度をできる限り低くしたい場合、転職活動の進め方や求人の選び方を工夫していきましょう。

40代の転職が厳しいと感じている人は、求人ジャーナルを活用して転職活動を進めていく方法がおすすめです。求人を検索する際に「ミドルも歓迎」「シニアも歓迎」といった条件を追加することで、40代の人材を求める企業を探しやすくなります。これから転職活動を始める人や、現状転職活動が難航している人は、ぜひ求人ジャーナルをご活用ください。

\ 「40代の転職が厳しいかも」と思った人には求人ジャーナルがおすすめ! /

求人ジャーナルコラムとは?

転職やアルバイト探しにおいて、求職者の方々のために情報を配信するメディアです。

職種の傾向や採用トレンド、就活のアドバイスなど、求職者が仕事を探す上での情報を提供し、全ての転職活動や転職先探しにお役立ててもらいたいと考えています。

正社員・アルバイト・パートの総合求人サイト 求人ジャーナルネット

  • URLをコピーしました!
目次