■ カフェ・喫茶店のお仕事について

■ 仕事内容
カフェや喫茶店では飲み物や軽食などの提供をする際の作業の効率化をはかるために、ホールとキッチンに分けられる場合があります。ホールは、「入店案内・オーダー・配膳・片付け・レジ・店内清掃」など接客を主体としています。キッチンは、「仕込み・調理・食器洗浄」などが主な仕事です。ただしセルフサービス形式、フルサービス形式といったお店の業務スタイルによって作業領域や接客対応にも違いがあります。セルフサービス形式では、入店時にカウンターで注文・会計をしてお客様自身で商品の受け取り・片付けまでを行うため、カウンター内で注文を受ける係、商品を提供する係、食器洗浄する係などを持ち回りで分担をするなど店内の回転率や混雑状況に合わせて対応を行います。フルサービス形式では、担当を分けて仕事をすることが多いため、店全体の流れが円滑になるよう意識して、各自の持ち場の対応をしっかり行います。お店ごとやその立地によって違いはありますが、細やかな気配りであったり臨機応変な対応が必要とされるこの仕事の経験は、さまざまな場面に役立てていける素敵なお仕事です。
■ この仕事の魅力
居酒屋やファミレスほど賑やかな雰囲気ではないため、接客を比較的楽しみながら行えます。お店によってはドリンクや軽食の作成を任されることもあるため、おいしいコーヒーの淹れ方や簡単なスイーツの作り方などの知識が自然と身につけることもできます。飲食を提供する業種のため、時間帯によって忙しくなることもありますが、業務の優先順位を整理して効率よく対応することで様々な対応力を培うことができるため、社会経験スキルの向上に繋がります。他にもグッズや商品購入の際の社員割引や新作メニューの試食試飲、まかないなど従業員のみに用意された特別な条件も魅力の一つです。
■ 向いている人
接客を主に行うので、人とかかわることが好きでお客様や従業員とコミュニケーションが取れる人は向いているといえます。他にも、急な対応が必要な場合でも、落ち着いて対処できたりトラブルの際にきちんと周りに相談できるなど従業員内での信頼を得る行動がとれることも大切です。学生の従業員が多い傾向があるお店など環境ごとに在籍する従業員についても考慮すると、仕事をしつつ同年代の交友関係を広げることも可能なので、新たな人脈を築きたい人におすすめとなっています。

■ 気になる質問

接客が初めてです。
業務や機械を扱う際のマニュアルが用意されていたり新人教育の準備が整っているお店が多いので、接客の仕事が初めての方でも安心して働き始めることができます。ただし、初心者であることは関係者が知ることでありお客様には同じ店の従業員として映るため、接客が初めてであっても立ち振る舞いには注意が必要です。慣れるまでは忙しさと仕事を覚えることで手一杯になりがちですが、教わったことは欠かさずメモをとり積極的に対処して必要に応じて質問をすることで自然と仕事が身についていきます。わからないことがあれば丁寧に教えてもらえることがほとんどですので、初めてでもあまり気を追わずに挑戦できるお仕事であるといえます。
面接時の注意点が知りたいです。
経験の有無やシフト回数、勤務開始日などを重視して聞かれることが多い傾向があります。どの仕事にも言えることですが面接の際に、従業員との相性やコミュニケーション能力などの他、飲食に関わる業種のため身だしなみなどお店の規則に関係することについてチェックしている場合もあります。ときにはお店の利用経験やお店の好きなメニューについても聞かれることがあるようです。お店を利用した経験があると仕事の理解度を深める以外にも、実際に利用してみることで雰囲気や従業員の対応など自分の目で確かめることができるため、応募や働く際の参考にできます。
大変な仕事だと聞きました。
一概に大変とは言えません。チェーン店か個人経営かによって仕事内容や就業時のルールなども異なるため、自分に合ったスタイルのお店を見つけることで、働く際のギャップにも対応しやすくなります。個人経営のお店では、服装や髪型などの規則はゆるめであったりお客様がゆったりとした時間を過ごすことが多いのでそれほど忙しくありませんが、従業員を多く配置しないことが多いためシフトの変更が難しい場合や、調理以外のドリンクメニューを自身で作り提供することがあるようです。一方チェーン店では、徹底したルールや混雑時の忙しさと豊富なメニューの暗記などありますが、従業員の配置が多いためシフトの調整も比較的容易でマニュアル通りに商品を用意することが多いので操作や調理が難しいと感じることが少ないようです。そして忙しい反面、時間の経過がとても早く感じられるのでゆっくりと時が進むことが苦手な人にはおすすめの環境です。

■ みんなの体験談

気分転換にカフェで勉強をしたときにカフェに魅力を感じて、働いてみたいと思い応募しました。 仕事をする際に気を付けていることは、勉強や仕事、プライベートな時間などお客様が落ち着いて長居できる空間を保てるよう、混雑時でもゆっくり丁寧な口調で対応することを心がけています。 私の店では常連のお客様も多く、何度も顔を合わせているうちにお客様の方から声をかけて頂けたときはとても嬉しく思いました。

たまたまオープニングスタッフを募集している新規店舗の求人を見かけて、新しくお店を作っていくことに関わりたいと思い選びました。 ランチから夕方の時間を担当することが多いのですが、たまに従業員の人数が少ない時間帯に混雑することもあり、業務の立ち回りを考慮してうまく乗り切れたときは達成感とやりがいを感じました。忙しく働く中で対応力が身に付き、プライベートでも大いに役立っています。

飲食業に興味があったことと普段から利用していたこともあり、憧れていたカフェの仕事に応募しました。レジで受けた注文と調理を把握して、お客様に待ち時間をあまり与えることなく対応できるよういつも気を付けています。さまざまなお客様と会話をすることができるので、勉強にもなりますしもともと接客が好きだったので仕事をしている間、とても楽しく過ごすことができています。たくさんのことを経験させて頂けたおかげで、今では店舗のマネージャーになることができました。

■ 応募する際のポイント

カフェ・喫茶店のお仕事は、お店の立地の他に、扱う商品や商品の値段によって客層に違いがあるため、気になる求人のお店を実際に利用して雰囲気や商品など参考にしてみるのもいいかもしれません。